Apocalypse

-かにぱん黙示log- かにぱんブログだから略して蟹風呂?

ゲーム

《注》今日のリンク先URLは音が出るものばかりです。

TNKさんがトゥヌトゥンに洗脳されて、教えてくれたので聞いてみた。
任天堂DSソフト「きみのためなら死ねる」の続編「赤ちゃんはどこからくるの
の公式サイトで流れている曲だ。

「きみしね」の「ヌヌネネヌヌネノ…ラヴィ!!」をちゃんと受け継いだ流れですね…

これはもう、スペチャンを見せるしかない、と思い、TNKさんに
スペースチャンネル5 パート2」をプレイして見せましたw
パート2のスペースレスキュー隊とか、まさにヌヌネノ的雰囲気だしw
思わず↓のサントラCDあげちゃいましたよ

スペースチャンネル5 パート2 ウキウキ★ノンストップ・メガミックス


スペースチャンネル5 パート2 モジモジ☆キャントストップ リミックス


ちなみにこれらはリミックスサントラで、
オリジナルのこちら↓もオススメ!!

スペースチャンネル5 パート2 オリジナルサウンドトラック 「Vol. チュウ!」


スペースチャンネル5 パート2 オリジナルサウンドトラック 「Vol. ヘイ!」




あと、こんなものも教えてもらった。
マターリしてるなぁw

さて、わしもいろいろ作ってくるか!


---ゲーム------
ドリキャスで出た一作目をPS2でプレイしよう!
スペースチャンネル5


2作目がTheBestで安く買えますよ!!
スペースチャンネル5 パート2 Playstation 2 the Best


きみしね!!
きみのためなら死ねる


きみしねが安くなった。
きみのためなら死ねる(「赤ちゃんはどこからくるの?」発売記念 Happy Price!)


あかどこ
赤ちゃんはどこからくるの?

昨日は、大生板で「グランディアスレ」を発見してしまい、思わずセガサータン起動w
これも懸賞で当たったソフトだったかな…
当たったものが多すぎてわからんが…

うちのセガサターンはクリスマスナイツがついてくるクリスマス限定版で、白いです。
白サターン!!いぇい。
クリスマスナイツのついたサターンか、やはりなにかソフトが一本ついてくるプレステかで
迷った挙句「SEGA狂いならサターンを買わない理由はないだろう!」とサターンを選んだ。
そのあと母親にしばらく「なんでプレステじゃないん、プレステの方がよかったがね」
としつこく言われたなぁ。
母親はやらんくせになんであんな文句を言ってきたんだ??
やっぱメジャーなものに弱いとかその程度か?
サターンはいいぞ!!

サターンを選んだのはサクラ大戦をやりたかったからというのもある。
それにソニックとか「いかにもSEGA」のゲームもやりたかったし。

クリスマスナイツでナイツ結構面白いということに気付き、あとになって
ハードオフで「ナイツ」を発見し買った。
10円だった。。。
安いのは嬉しいが…10円て。
缶ジュースにも満たないのか、ナイツ…


そしてグランディアは、サターンで唯一持っているRPGソフトなんだけど、
だいぶ遊べたなぁ。
昨日のプレイ中に総プレイ時間が90時間突破したことからもわかる。
セーブデータは4つあるから、全部合わせたら軽く100時間突破するわけだ。
「その時間を他のことに…」とか思わないワケでもないけど、ここまでやりこんだのはFF6以来だ。
特に欲しかったわけでもない棚ぼたソフトだけど、いいゲームに会えたと思う…

2やXもやってみたいと思うし。あまり評判よくないみたいだけどね。
最近3もできた。PS2か…やりたいな…
2はドリキャスだからハードが必要だし^^;


やはり戦闘が楽しいやりこみのきくRPGは最強だなぁ。

全員レベルが37前後だけど、まだまだスキルアップ目指したいな…




勉強しろよ。

だいぶ前に一度紹介したきりなので、忘れている方、ご存知ない方がほとんどかと思われます。
今日はアーケードゲーム「GYNOTAI-人類全能化計画 技・脳・体-」のエンドロールについて
紹介してみようと思います。

このゲーム、私は一度もプレイしたことがありません。
人がプレイしているところを見たのも、これまでにたった1度きり。
でも、その時、その人が全クリしてしまったので、そのたった1度で
エンドロールにお目にかかることができたわけです。

このゲームは、私の知るゲーセンでは、隅の方に影を背負うように置いてあり
まぁぶっちゃけ不人気です。不良債権かと思うほど不人気に見えます。
しかし、そのゲーセンには常連でありギタドラやポップンに飽きたため、
ビシバシチャンプやGYNOTAIを仕方なく極めてしまった人
がいるので
それなりにプレイはされていたのだと思いますが、まぁそんなことはさておき。

このゲームは台に据え付けられた球を、前方に押して向こうの壁にぶつけ課題をこなす、
というような形式のゲームで、まさに技と脳と体の勝負なのです。
プレイが一通り終わると、診断結果の紙が吐き出されます。


ginoutai_1
「全能者育成計画書」
で、これが全クリしちゃうと異常な長さの一枚の紙となるのです。















ginoutai_2全クリ、すなわち「オール100%」
これがその診断結果。
技も脳も体も、能力開眼度が100.0%(A+)です…
正直これを成し遂げるのは相当難しいことと思われます。
技【体内時計機能】というのは、きっかり○秒ずつ球を壁に当てる
という試練なのですが、平均誤差が0.03秒って…
まぁとにかく、これが真の全クリ結果です。
この紙を見ていくと…




















ginoutai_3能力解析結果という、解説までついてる。

もはや本システムではこれ以上の能力は、
測定できません。
だそうです。

こうして、全能者に認定されると、全能者はその能力を
人類のためにいかんなく発揮するよう勧められます。
・現金探知能力
 自販機の取り忘れの10円玉かよ…
・極悪ウィルス撃退能力
 風邪を引くのが年3〜4回になります。(一般人は年6〜7回位です)
 ってあるけど、それどっちも多くないか?
・超心理学解明能力
 エイリアンにお土産頼むなんてやばすぎ。

このようなステキ能力をコントロールするために
とっても役に立つ「全能者の為の生活マニュアル」を
こっそり教えてくれるらしいのですが…
































それが↓コレ

ginoutai_4






























































なにこれー('A`)
胡散臭い健康番組か!?
ありがたいようなありがたくないような。
役立つような信用しがたいような。
とりあえず言えるのは、
こんなのとてもゲームのエンドロールとは思えない
ってことね…










そして、続くこの思わせぶりな文章

ginoutai_5
段々壊れていくな。このエンドロール。























ginoutai_6[超極秘! 人類全能化計画概要]

読めば読むほどアホらしいのだが

なによりもまず、21世紀を迎えた今目にする
「 1999年 人類滅亡 」
の文字ほどむなしいものはない。

え?1999年?無事に過ぎ去っちゃいましたよ、と
鼻をほじりたくなる。
まぁ1996年リリースのゲームだから仕方ないのか?
なんか切ないぞ?

そして、ゲームメーカになぜハングル文字で書かれた
手紙を置いていく未来人が…
なぜハングル…











ginoutai_7
これがその概要の後半部分。

読めば読むほど
「1999年を無事通り過ぎてしまった今
全能者に認定された意味はあるのか」
という疑問を抱かざるを得ないわけで。

しかもこの「人類全能化計画概要」の部分が
エンドロール全体のうち約40%を占めているし。
なげぇよ!!!






































締めくくりはコレ

ginoutai_8
全能者認定の証

名前と印押すところまであるーーΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)
しかもスタッフ一同からの「マジですごい…。」の一言。
たしかにこのゲームで100%取るのはマジですごいと
思うけど、このエンドロールもある意味マジですごいですよ。








この下にはスタッフの肩書きと名前が書いてあるのだけど、
ゴーストライターっていう肩書きのE藤さんは
なんの仕事した人なんですか?
このエンドロールとか作った人ですかね??

















さてさてこのエンドロールには裏面もあるわけで。
表面に比べて益々壊れてました。





コーナー1. 超人募集の結果発表!

ginoutai_9

つちだ ゆきおくんは意外と年食ってますね

そもそもこの超人募集はなんのための企画だったんだか
わからないし、絶対12万通も応募来てないだろうし
っていうか、募集すらしてないだろ!!!という
ツッコミ待ちだと思うわけ。

あと図書券1000円分とおしゃぶり泥棒巣鴨店のサービス券くらいなら
嘘じゃなくて送っても良いと思うのだがどうか?


















コーナー2. アブノーマルチェックQ&A

ginoutai10
そのあとになぜか
「アブノーマルチェック」
というゲームを製作した人へのインタビューが…
これも質問や答えがめちゃくちゃですね^^;
アブノーマルチェック作った人と
GYNOTAIのスタッフって、メンツかぶってるの?

むしろGYNOTAIのスタッフにインタビューしないのかよ?
って話だよね!!
Q4の答えには「?」とかあって答えになってねーす!

更にQ5はリアリティが急激に高まってていやー><;;





















コーナー3.キャラクター人気投票 結果発表!

ginoutai_11
これもおかしいよ!
GYNOTAIにキャラクターなんか出てこないじゃん?

ていうか、ゲームがリリースされた時点で
このランキングは決まってたってことになるから
やっぱ変じゃん!?

主人公のつかさくんが2位っていうか、
主人公つかさくんなの!?って世界だよね!
はなふうせん可愛くないし!

来週からカルアミルク先生が復帰します!お楽しみに。
ってゆーかそれ、誰!?
これ、なんの漫画雑誌だっけ!?
















コーナー4.アブノーマルチェックのテーマ5番

ginoutai_12

いきなり5番からー!?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

てか、なんでまたアブノーマルチェック来たの?
企画者の身勝手により掲載していいの!?
しかも、「渡辺チーフ」以外の名前は
スッタフロールに載ってないですよー!?





















というわけで、アーケードゲームのエンドロールにこんな小ネタが
仕掛けられているなんてね、というお話でした。

そういう人に私はなりたい。

ツーソンをうろつく。

顔の真っ青なヒトに付きまとわれるが、バットでたこ殴り。

自転車をゲット!!
って言っても、これの利用できる期間はかなり限られている。
「ぬいぐるみ」持てば「二人乗り扱い」だし、
もちろん、一人でも仲間が増えればたとえ自分以外がみんな
戦闘不能で病院送りになっていても「二人乗り」だ。

オネット⇔ツーソン間でかなりの数のblackアリアリブラックを
徒歩で追い詰めて倒したが、ツーソンの街中にいる
「おんしらずなイヌ」なんかを
自転車で追い掛け回し「ふつうのバット」で一撃!

でも、リアルに、onshirazu「おんしらずなイヌ」を「じてんしゃ」で追い掛け回し、
「ふつうのバット」で殴り、「元に戻す(おとなしくさせる)」、
「たよりないかお」の男の子を想像してみると、かなり笑える…

キノコはちょっとしたビジネスになる。
日本円にして¥5000だ。
なんの種類だろうか???

例のオネット⇔ツーソン間でまたうろうろレベルアップに
勤しんでいると、arukukinoko「あるくキノコ」が「ケチャップ」を落としていった。
ケチャップを持ち歩くキノコ…?
なににつけるつもりだ?
「私につけて食べて」みたいなことか?

自転車に乗っていて気づいたのだが、乗っているときって
ネスは笑っているのね。
相当ご機嫌なのだわ。
Rボタンとか押してベルを鳴らすと、ウキウキする。
彼が微笑んでいるのもわかる。
つか、設定細かいなぁ、相変わらず。
キノコが頭に生えてるときも微笑んでれば面白いのに。
(ラリってるからさ)

デパートで大量のぬいぐるみをゲット
ぬいぐるみは、何個持っても一つしか引きずらない。
それはいいとして、ぬいぐるみをひきずって歩く姿が
とてもほほえましいのよね。
かわいい…
で、しかもぬいぐるみは常に、背中合わせなんだよね。
耳でも持って引きずってるのかしら?
だからネスがこちらに背を向けて歩いているとき
(上キーで進んでいるときね)
ぬいぐるみはこっち見てるんだよねw
このゲームで一番ほほえましいかもしれない。

ところで、ツーソンに来たことにより、
「マッハピザ」がめでたく開店!
さっそく電話番号を聞きに行く
そしてバス停あたりの公衆電話から初の注文。

徒歩で移動中のネスにピザが配達される秘密は
今話題のGPSがネスの人体に搭載されているからですか?
迷子対策の。

やっとハッピーハッピー村に到着。

hitokuchi「ひとくちユーホー」やkuru-n「クルーン」の「ねびえビーム」には
結構悩まされる。
かぜを治すために「かぜぐすり」をたくさん持っていくのは
グッズの容量を圧迫するし、ヒーリングαのPP消費も
意外と馬鹿にならないのだ。

セーブして終了。

オンラインでクイズ対戦するのが楽しい
クイズマジックアカデミー2
ついに「かにぱん」カードを作りました。
ちなみにガルーダ寮でキャラはアロエです。

最近、ギタフリが道理で空いていると思ったらどこもクソメンテ。

そんなときはマジアカで全国オンラインクイズ対戦。

タイピングクイズで答えが本気でわからないときは、
他のプレイヤーの名前を打ち込むことにしている。

この前はわからない問題が続いたので
「かくかぞく」って人がいたのでそれを入力したらその人が
次の問題で「はーいなんでしょ」って言ってきたのでそこで更に
「げんきかい」などといれてみた。

更に
トラたいじって人がいたので、その名前を入力してみたら
次の問題で
「おれかっ」と反応してくれたw

その対戦が済んでから、しばらく続けていると、またトラたいじに遭遇。
そこでまた「トラたいじ」と入力。
すると「またおれかっ」と反応してくれた。
んでもって、トラたいじさんは、その問題で当然×食らったのに
最優秀生徒になっててウケた。

クイズゲームは小学校のときにファミコン版のカセットが懸賞で当たって
家でやってたけど、やっぱりCOMと対戦するより人とやった方が楽しいし
ゲーセンでオンラインでできるって画期的だよなぁと思う。

まじあかは2になってお手付きっていうか引っ掛け問題みたいなの
(つまり、〜〜なのは○○…。ですが!〜〜はなんでしょうってやつね)が
出現したので早押しには先読みできるだけの耐性が必要なんだけど、
階級が上がっていくと、エフェクトクイズとかキュービッククイズとか
なにやら文章問題ではないものも混じってくるので、変化に富んでいて
長いこと楽しめそうだ。

ただ、問題と答えを研究しているへびーゆーざーの人たちには敵わない希ガス。
階級を上がっていく途中で、そういう壁が立ちふさがると思う。
でも、楽しめればいいよなぁ、ゲームなんだし。
やるからには極めたいという気持ちもないわけではないけど…。

ウボァ〜やどせいさんとコミュニケーションするCGIゲーム
ココハ...ウボァ〜スレデス...

今日のデータ改変。

1.ゲームの難易度を下げた。
2.6時間に一度しかプレイできなかったのを、1時間に一度プレイ可能に。

午後は丸々バイトがあったが、帰ってきて、プレイ再開

オネット警察に出頭要請があったので、しかたなく出向く。
(じゃないと、話進まないしぃ〜)


んで、ストロング署長まで並のポリスマンポリスをほとんど1ターンで倒す。





ストロング署長ストロング署長にもまったく苦戦しなかった。




これが終わると、オネット⇔ツーソン間の道路封鎖がとかれる。

道路封鎖はオネット名物なのだが、じゃぁなんでそんなに
すぐに封鎖したがるのか、というと、
道路封鎖の回数で、ギネスブックに載るためだという噂がある…

あるくキノコ「あるくキノコ」との戦闘で頭にキノコを生やしながら、
どうにかツーソン入り
すぐに病院に向かいヒーラーヒーラーにキノコを除去してもらう






↑このページのトップヘ