Apocalypse

-かにぱん黙示log- かにぱんブログだから略して蟹風呂?

日記

今日は、運転免許証の更新にでかけた。
免許の更新は、皆さんご存知の通り
「更新年の誕生日から±1ヶ月の範囲」
で行える。
だから、私にとっては免許更新が可能な時期は、更新年の2/15〜4/15の期間になる。
ゴールド免許なので、最寄りの警察署へ行って更新が可能だし、頻度は5年に1回だ。

だとしても、この更新時期にあたる2/15〜4/15というのは、どこの1日を取っても
「外気を吸ったら花粉症の症状に苦しめられる時期」である。
この季節に生まれてしまったばっかりに
「花粉吸うの嫌だから、免許の更新のためと言っても外に出たくない……」
となるのである。
誕生日から±1ヶ月じゃなくて、もっと幅を利かせてくれれば花粉以外の季節に更新するのに。
だから、こんなギリギリの時期まで更新を送らせてしまった。
期限までラスト4日という……。
夏休みの宿題を、日記以外は7月中に終わらせるタイプの人間である私としては、
ここまで「デッドライン症候群」的になることは珍しい。
何もかも花粉のせいである。
スギとヒノキは、可及的速やかに絶滅して私に詫びるべきであろう。

とにかく、今週中に更新しなければ面倒なことになるので、月曜に行こうということは前から決めていた。

そこで、朝早く……というか、夜中ともいうべき時刻に起きて、明け方にオーズ見ながら自分で髪の毛を切って、
シャワーで切った髪を流して、ブローしてしっかり整えて軽くメイクしていた。
最後に美容室に行って散髪やカラーリングをしてもらってから、もう20年経った。
20年ずっと自分で切ってる。
免許証は、「以後5年間の、最も簡易な身分証明証」になるとも言えるのだから、
身だしなみは整えておきたいよね!
だから、髪を切って整えた。
なんかもうそんなに時間かけずに、キレイに切れるもんだから自分で感心した。
それから、この時期重要なのは、「家を出る1時間位前にはアレグラを飲んでおく」ことだ。
準備は万端だ。

そして、午前の部の受付に間に合う時間に家を出た。

――のだが、信号待ちのとき、目の前を乗ろうと思ったバスが通過していき、
「ここからバス停まで走っても、ギリギリバス乗れないだろうな……」
と思ってそのバスは諦めて、一旦家に引き返して、トイレに寄ってからまたすぐに家を出た。

同じ信号待ちで、次のバスが目の前を通過していった。オイ……。
次のバスは20分後かと思っていたので今度は余裕だろうと思ったのだが、実は10分後のバスがあったのだった……。
結局そこから20分バスを待つ羽目になった。
最初のバスを逃したときに、家に戻らないでバス停に行ってれば10分弱待ちで済んだのになぁ。
4月にダイヤ改正があって、バスの時刻表が微妙に変わったとはいえ。


バスで駅についたので、そこから徒歩で警察署へ向かった。
これはただの散歩気分であるから悪くない。
昨日届いたばかりの、新しいウォーキングシューズだが、これの具合がいい。
ひとつ前まで、靴のサイズは23.5を履いていたのだが、右足と左足のサイズが微妙〜に違うせいで
片方は23.5でちょうどいいが、もう片足は23.5だと窮屈に感じる時があるのだ。
どっちの足が大きかったか忘れたけどw
そこで今回は、大きい方に合わせようと思って24.0の靴を試したが、ほどほどにゆったり感があって正解だった。
これがパンプスとかだと24.0は隙間がありすぎて、1歩歩くたびに踵がパカパカしちゃってダメだったりするんだけど
ウォーキングシューズの24.0は問題なさそう。
そもそもパンプスは「快適に歩くための靴」でもないがな。


意気揚々と、警察署に着いた。
バスを2本逃したが、それでも午前の部の受付には一応間に合うだろう。
そこの区画をもうひとつ歩いて、歩道橋の下をくぐり、信号が見えてくれば警察署だ。









IMG_9941



警察署がない。


🤪



え? ごめん、もっかい言って。



警察署がない。




あれ……? 世界線変わった……?

まるごと更地になっているではないか。
え、もしかしてここってもとから更地でした??

警察署のある区画、ひとつ間違えたかな?
でも、今歩いてきた区画には警察署はなかったし、この次の区画は……違うよな。
Google Map見てみよう。

Google Mapで「つくば市中央警察署」を調べると、やはりここにピンが立つし
「つくば市中央警察署」と地図上にも書いてある。
私が立っている場所もここだ。
え、でも、更地……。


仕方がないので今度はGoogleで「つくば市 警察署」を検索すると、「中央警察署」ではなく
「つくば警察署」のサイトが出てきたり、「2020年3月に移転」だのの文字列がチラホラ見えた。

警察署引っ越してたのかよ!!!しらねー!!!!!!


そんなわけで、今度はMapで「つくば警察署」を調べてみると、最寄り駅はつくば駅ではなく研究学園駅(隣の駅)である。
結論から言うと、最初に乗ろうとしたバスに乗れていたとしても、どうせ間に合っていないのである。

私は急遽、初めて「つくば警察署」へ行くことになった。
これがどのへんかというと、「国土地理院の向かい」である。
なんなら、直線距離で言うと、引っ越す前の中央警察署より家から近いじゃねえか。
だというのに、つくば駅から電車に乗って、研究学園駅で下りてそこから国土地理院前で下ろしてくれるバスに乗る必要がある。
このバスは1時間半に1本くらいしか来ない。
実際、バスが行った直後に研究学園駅に着いたせいで、次のバスまで1時間20分くらい待たされた。

なんという迂回。

「免許を持ってるのに自家用車を持ってない」からこんなことになる。
中央警察署(上記更地画像の場所)だった頃は、バスに乗ってつくば駅まで行って、そこからちょっと歩けば到着だったから
まぁ家からで正味30分かからなかった。
それが、警察署が国土地理院の向かいに引っ越したことにより、家から警察署までの直線距離は短くなったのに
私は家からバスに乗ってつくば駅まで行って、つくば駅から研究学園駅まで区間快速か普通電車乗って、
そこで最悪1時間半バスを待って、16分くらいバスに乗らなければいけない。

まず移動手段自体が、
家→徒歩→バス停→バス→徒歩→警察署
だったところ、
家→徒歩→バス停→バス→電車→バス→徒歩→警察署
に変わった上、バスや電車の運行頻度の関係で、何度も「乗り物待ち」が発生する。
家→徒歩→バス停→バス→警察署
っていう路線がないばかりに!!w
というか、そもそも警察署・国土地理院周りのバス、路線も本数も少ないことに気付いたし、
中央警察署は、「つくば駅から徒歩5分」みたいな駅チカだったからつくば駅に着いちゃえばあとは歩けたのに、
今のつくば警察署は、「最寄り駅が研究学園駅」っていうだけで、「研究学園駅から徒歩ですぐ」とは言ってない。
研究学園駅・警察署間の距離は、家・警察署間の距離と同じなんだから、研究学園駅から歩くくらいなら
はなから家から歩いて行くわ!! という話になる。
クソ……車があれば……。


そして、私は更に別のことに気付いた。
「つくば市警察署」へのアクセス情報を見ると、
研究学園駅から「つくバス吉沼シャトル」という1時間半に1本しかないバスに乗るしかないらしかったからそうしたけど、
警察署の最寄りバス停は元々「国土地理院」のバス停なんだから
「国土地理院」へのアクセス情報見れば、もっと他に路線あるんじゃねえのと。

あった。

つくば駅から、「下妻駅行き」か「建築研究所行き」に乗ることでも、国土地理院のバス停で下りられるし
つくば駅から10分である。
家→徒歩→バス→バス
という経路で行ける。
つまり、この日の
「つくば駅から研究学園駅まで電車に乗る」の工程は実際は不要!
まぁ「下妻駅行き」と「建築研究所行き」のバスも本数は多くないんだけど……
それでも「研究学園駅まで電車で移動する」必要はなかったと後で気付いたのであった!

もうね、「なんだよ、ここ国土地理院じゃねえか!」感、すごかったからね! バス降りたとき!!


つくば警察署(2020年3月に移転!!!)に到着。
IMG_9942


はぁ〜、中央警察署がなくなっていたことを知らなかったばかりに。
まぁでも、それで迂回してつくば警察署についた時点で、
「午前の受付は当然終わってるし、午後の受付まで1時間ある」
というタイミングだったから、もっと寄り道しても良かったくらいだ。
暇すぎて、警察署周辺歩いて、
「わぁ〜たんぽぽが満開だ〜〜エヘヘエヘ……」
ってなっちまったぞ。

IMG_9947IMG_9950

ピント合わせるの巧すぎかよ。

それでも暇だったし、周辺にカフェとかが一切ない地帯(今後開発予定というに相応しいエリアだ……)なので、
コンビニでアイス買って、アンクのことを考えながら食べたりした。
アンクー、このアイスうめぇぞー、お前もきっと気に入るぜー。
冷凍庫に入れとくから、後で食えよー。


やっと午後の部の受付が始まった。
質問カードみたいなやつに回答を記入して、視力の検査もして
(前の更新のときに作っておいたメガネでもちゃんと見えたので安心した)
「講習ルームの方でお待ち下さい」
と言われて、現在免許に登録されている本籍地が書かれた紙を渡された。


本籍地変わったんだった……。


受付のときに、「本籍地変更とかありますか?」って口頭で訊かれて、なんとなく
「ないです」
って言っちゃったけど、免許の表面に本籍地が記載されなくなったから忘れてただけで、
祖父の家が本籍地だったのが、今は実家の住所が本籍に変わったんだったわ。
そして免許証に登録してある本籍地が祖父の家の住所のままになってるじゃねえか。
本籍地変更ありますわ。

なので、とりあえず講習受けて免許を新しくしてもらった上で、すぐに本籍地変更もかけようということに。
そのためには本籍地の記載がある住民票写しが必要だよ、とのことだった。
まじかよ、住民票取りにバスで市役所戻ってから、またあの1時間半に1本のバスで警察署戻るのぉ〜?
今日中に間に合うの〜? タクシー使うしかないんか〜?
って思ったけど、割と最近つくば市がツイッターの広報で、コンビニのマルチコピー機の
「行政サービス」機能から住民票を含むいくつかの書類をプリントアウトできるようになった
って告知してるの見たわ!!!

そんなわけで、優良講習を受けて免許証を受け取ったあとに、コンビニまで歩いてマルチコピー機から住民票を出した。
マイナンバーカード作っといて正解だったぜ。
普段、確定申告のe-Taxくらいでしか使わねえけど!!
まぁあとは、「本籍地の市町村がマルチコピー機に対応」していれば、パスポートの更新に必要な書類も
コンビニでマイナンバーカード使って出せるな。
パスポートの更新、戸籍抄本要るんだよな、確か。


といった具合に、なんとか免許の更新が終わったけど、予定だったら午前の部で講習30分受けて終わってたつもりだから
自分が予定・予想していたよりもかなり帰宅が遅くなったし、花粉もいっぱい吸ってしまって
帰宅後は案の定具合が最悪だった。
この時期は、1時間以上屋外で過ごしたら、その日の帰宅後と、最悪翌日までを
「人として最低限の文化的生活を諦めて過ごす」覚悟が要る。
唯一ラッキーだったのは、帰りのバス(1時間半に1本)が、3分待っただけで来てくれたことだ。

家に帰ったらクッキークリッカーのクッキーが沢山焼けていた。
本当はクッキーを横目にFF9の動画編集を進めたかったけど、
くしゃみ・鼻水・後鼻漏からの膨満感と吐き気へ移行していったので早寝した……。

みなさんは、私が今日撮ったつくば駅前広場の景色をご堪能ください。


仮面ライダーオーズだと42話とか、劇場版『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』とかで
この場所がしっかり使われていますぞ。

コアキーパーとクッキークリッカー……。
この2つのゲームに、なんら類似性も相関関係もない。
頭文字も、CKとCCだし。
そう……ただどちらも「Steamのわたしのライブラリにあった」というだけなのだ。

これはただのゲーム日誌である。


続きを読む

マトリックス レザレクションズ /公式サイト



予告等は一切チェックしないで初日に見てきました。
4DXで見ましたが、3Dではないのでメガネは不要です。
アクションシーンは椅子めちゃくちゃ揺らされますので、覚悟して下さいw

まず、ネタバレを含まずに書ける簡単な総評をしますと、
「リアルタイムに全作映画館で見たことがあり、周回もしてきたファンの1人としては
”ちゃんとマトリックスだ”と思えたし、楽しかった」
ですね。

ここで問題なのは、リアルタイムで全作見ているっていうのは、ただそれだけですでに「バイアス」がかかるということなんですね。
懐古バイアスというか。思い出補正みたいなものです。
それで、すでにバイアスがかかっている人間には、バイアスがかかる前の人間の感じ方について、
想像を巡らすことすら難しいので、例えば
「過去作をこれから初めて履修する」
っていう人が、3部作全部連続で見た直後に、続けてレザレクションズを見た場合に
どの程度「面白い」と思うか、さっぱりわからないわけですw

例えばリアタイ勢の中にも「2・3作目は蛇足」と思っている人もいるようなので、
そういう人はわざわざ今作も見ない気もしますし、見ても面白く感じなかったり、
また別の蛇足感があると思ったりするのかもしれません。
更に、これから過去作履修して、「3部作楽しめた!」という人ならノータイムでレザレクションズを見ても
面白いのかもしれないし、本当にいろんなパターンがあって誰がどう思うかわからないし、
そこに「リアタイかどうか」があまり関係ない可能性もあるわけなのですが……。
こればかりは本当にわからないんですよね。
私は比較的最近『AKIRA』と『GHOST IN THE SHELL』を見たわけですけど、
どちらも映画史上重要な作品だとわかっているし、後の映像作品等に大きな影響を及ぼしたと知っていますが
「その当時見た人にはすごかったんだろうな」
と頭ではわかるだけで、感覚では「すげえ!」が共感出来なかったわけですよ。
「後に出たものをいくらでも摂取し終わっている」ので、その当時、後続が出てくる前にこれを見る感動は
自分で感じられる状態にはもうなくて。
知ってしまったことを知らなかったことにはできないですもん。
これは物語の筋とかじゃなくて、「映像表現のすごさ」が肝だったりするとより一層そうなんですよね。
例えばゲーム作品もそう。
後続のシリーズ作品をいくつもやり終わってから、1作目をやっても
「へぇ、その当時はこれが画期的だったんだね」
と頭でわかるけど、共感が難しいはずです。
PS5のゲーム体験してから初めてファミコンソフトやっても
「画期的!」
とは思わないだろうし。(ある意味新鮮味は感じるだろうけど)
辿った先のルーツってそういう感じになってしまうのも仕方ないと思うし、マトリックスも
「後の作品に大いに影響を及ぼした」部分がたくさんあるのだけど、だからこそマトリックスをリアルタイムに味わうことなく
「後の作品」の方で“チルドレン成分”を過剰に摂取してたら、今更元祖を初めて見ても
感動が薄い、感動する要素がわからないってなっちゃうのではないかなと思います。
これはもうマトリックスに限った話ではないんですよね……。
特に「映像が画期的な場合」がそうですね。
物語が面白い場合に、10年前の作品でも初見時「VFX技術は今より古めかしいが話は面白い」ってなることはあるんですよ。
最近だと、コードギアスも仮面ライダー電王・オーズ・Wも放映から10年かそれ以上経過してから見たけれど
面白いと思いましたしハマりました。
でも「この映像技術が当時はすごかった」って言われてもピンと来ないっていうのは
どうしてもあるんじゃないかと思います。
10年で映像技術ってものすごいスピードで進歩しますし、そこら中で見かけるようになってしまうので。
なんせ1980年代生まれの我々って親(昭和20年代生まれ)から、
「テレビがカラーになったときはすごかった!」
って言われて育ったわけですけど、自分が生まれたときにはもうカラーだったんだから
「へぇー(鼻ほじ)」
って話じゃないですか。
これと同じで、例えば今の10代とかにいくら「上映当時のマトリックスは革新的だったんだ!」って言っても
「へぇー(鼻ほじ)」
っていう反応される可能性があるわけですよ。

だから、私と同じくらいレザレクションズを楽しめる人がいるとすれば、それは
「リアタイで3部作見てたし、すごく気に入っていた人たち」である可能性は高いかなとは思います。
少なくとも、
「3部作一度も見たことないけど、レザレクションズでマトリックス初見です」
っていうのは絶対オススメしないですねw

特に作中でニヤっと出来るシーンは、3部作の登場人物や展開をしっかり押さえていることが前提になります。
話が繋がっているので当然といえば当然ですが。
なおかつ現実世界で20年経過しているということが、作中の表現においてもかなり重要な意味を持つので
「こいつが出てきたかー!」「そう来たかー!」って思えるためには、事前知識が必須になるし
「懐古」のバイアスがそれを底上げするところがどうしてもあると思います。

だから、
・マトリックスを上映当時に履修済みか
・マトリックスシリーズが好きか
という2つの要素は結構大きいと思っていて、逆をいえば両方に当てはまる人はそこそこにいるはずだとも思うし
この層が一番楽しめるポテンシャルを本人たちの内側に秘めていると思います。

そんなわけで、レボリューションズまでの3部作をリアタイで見ていて、
なおかつ3部作全体で面白かったと思っている人には見てもらうのが良いかな〜
と。
そして、そういう人同士で語るのはきっと楽しいと思いました。
かつて、都内でやった「マトリックス3部作オールナイト上映」に行った人とかw

パンフレットを読むと「監督が秘めたメッセージ」とかについて色々解説はあるし、
「そういう事情があって、こういう作品になったのは納得」
というふうに感じると思うんですけど、私はマトリックスって、そういう「作者や社会の事情」を一旦抜きにして見ても
単純に娯楽作品として面白いシリーズだと言うことも可能だと思っているし、
そこが凄さだとも思うので、より一層、シリーズが好きな人にはレザレクションズも押さえておいて欲しいなと思いました。
「作者はこのとき、こう考えていた」なんていう文脈は、
受け手にとっては、作品を楽しむ上で必須情報ではないですからね。
それを抜きにしてもちゃんと面白いものが娯楽作品だと思います。
強いて言えば、「過去作を一周見てある」程度だったらば、改めて3部作を復習してから
時間をあまり空けずにレザレクションズを見に行くと、一層面白いんじゃないでしょうか!

以下は、考察の上で必要な部分についてのネタバレを含みながらの記事になるので、
続きを読むかどうかは、「見終わってるのでネタバレは問題にならない」とか
「これから見る予定だけどネタバレがあることを気にしない」などの人が
自分の責任で決めてくださいませ。



続きを読む

声優能力検定試験

一定の実力を客観的に保証してくれるもの。
それが資格や検定試験だと思うので、受験してみました。


続きを読む

ニコニコ動画のブログ+メルマガサービス「ブロマガ」が近々サービス終了となります。
ブロマガ サービス終了のお知らせ

そこで、私の管理しているブロマガ「かにぱん黙示録ぶろまが編〜蟹禍(かにまが)〜」の記事を
すべて当ブログに移行しました。
各記事タイトルに【ブロマガ】と、記事冒頭に注釈をつけてあり、移行記事だということがわかるようにしました。

続きを読む

うちのGackt(パソコンの名前)が「7号機」になりました!
capture-20210903-124242



続きを読む

こんぱんわ、(V)・∀・(V)です。
2021/3/15に40歳になったような気がします!
成人した後って、自分の年齢どうでもよくなってきて(というかいちいち西暦で引き算しないとわからなくなって)
特に25歳を過ぎた頃からは頭が25歳のまま止まっているような気分になったりしますけど、
これは35歳を過ぎている人には共感してもらえると思いますw
そんなこんなで、私の計算では私はこの誕生日に40歳になったはずです!

ライブドアブログには「ヒストリービュー」という機能が(現時点ではまだ)あってですね、
別の年の同じ日とかを見るのに良いんですよ。

それで、ブログに誕生日の記載がある日、ツイートのある日などをまとめてみることにしました。
40は節目だしね!

ちなみにツイッターでもTwilogを使うと「すべての年の同日ツイート」をまとめて見られるのだ!

続きを読む

↑このページのトップヘ