竜の拠り地の7層以降を攻略する配信。






(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)


さて、クリア後のやりこみ要素のひとつ「竜の拠り地」です。
6層までは、以前の放送で攻略済みなので7層以降をやってみることにします。
このあたりの要素は、1の「蜃気楼の塔」「力試しの迷宮」に相当するコンテンツだと思います。

7層は、規定のモンスターを規定ターン数以内に討伐するという内容でしたが、
モンスターの肉質に合った武器種で殴らないと「クリティカル攻撃でやっとダメージ2」という世界だったので
肉質に合った武器種を担いでいない共闘AIパートナーを連れてくると不利……という感じでもありましたw
デスホーンやポイズンニードルのような即死効果のある攻撃は、当然ながら無効でしたw
即死攻撃が一定確率で入るなら、早ければ1ターンで終わるのだがw

そんなわけで、共闘パートナーもカイルに変更して、自分の武器も適宜持ち替えながら7層は超えられました。

8層は、二つ名モンスターを5頭くらい討伐しましたかね。
二つ名・古龍・希少種はすべて即死無効なので、このあたりのモンスターもみんなデスホーンが通用しない上
怒り状態の時に2回行動するやつや、それが全体攻撃だったりするやつも多いので、
ゲージを溜めてモンスターを入れ替えて、そっちでもゲージを溜めて、相手が怒ったら
適宜笛で「回避のメロディ」を奏でて、主に共闘パートナー側にダメージやライフ欠損が生じないようにしました。
回復アイテムや状態異常解除のためのターンを挟むくらいなら全体回避の「回避のメロディ」を活用したほうが
結果として早く終わるし安定して勝てるんですよねー。

でも、最近わかったのが、青電主ライゼクスの2度目の青電荷後の飛翔中に行ってくる
「ライトニングパルス」という攻撃は、全体攻撃且つ「回避のメロディ」無効且つ、
その直後に単体攻撃をランダムな対象に1度行ってからターンが終わるので、
全体攻撃のダメージ+単体攻撃のダメージにより、ほぼ確定で誰かがハートを1持っていかれるんですよね。
翼の部位破壊が終わっていると「ライトニングパルス」を使わないという話を見かけたので
今度自分でも部位破壊を試して検証してみようと思います。

9層は、ラージャン+古龍4体の計5頭を順次、討伐するフィールドでしたが、
この中でラージャンに関しては即死が効くので、最初の数ターンでデスホーンorポイズンニードルを刺して終わらせましたw
即死は便利だなぁ〜w
ラージャンは、怒り出す前に即死させるに限るw

そして9層が終わった先に「まだ、何かがいる気配がする……」とかいって、更に奥に踏み込んでみると
なんと野良のミラボレアスが出現!!!!!!!!!!!!!!

可能性としては、「上位のアルトゥーラ」か、ミラボレアスが出るんじゃないかなとは思っていたんですよ。
なぜかというと、通信クエストの方に共闘用のミラボレアスのクエストがあることは確認済みなので。
ソロ用で出てくるとしたらここかな? と。
ちなみに共闘の方のミラはまだ行ってないです。

でも、この拠り地10層とも言うべき場所で遭遇するミラボレアスの何がすごいって、
戦闘BGMがちゃんと 『舞い降りる伝説/ミラボレアス』 だったっていうことですよ!!!

この、「オリジナルのモンスター専用狩猟BGMが流れる」のは、拠り地5層に出てくる
「試練のイヴェルカーナ」以来、2曲目ですな!?

ミラボレアスが出てくる可能性までは想定していたけど、まさかBGMまでちゃんと「原曲」が出るなんて胸熱!!!!!

でも、強すぎ!!!!!!!!!ww

1も、ミラボレアスはDLサブクエのエンドコンテンツみたいな扱いだったけど、
(だってミラ装備を作ったところで、わざわざそれを着込んで倒しにいく相手がミラボレアスくらいしか残っていないっていうw)
今回のミラも怒ると2回行動する上、攻撃タイプが1ターンの中で「パワーとテクニック」とか
2種使ってくるところが踏襲されていて、すごく厄介な相手!!
全体攻撃だし!!
しかも、拠り地はオンラインマルチの対象外、ソロ専用コンテンツだから、
意思疎通とか「作戦:めいれいさせろ」とかが出来ない、制御不能の乱数要素である「AI共闘パートナー」を
どうにか生(活)かさなきゃいけなくて、そのへんも難しい!
人間だったら、行動を読んで、少なくともジャンケンで進んで負けようとはしないだろうけど、
共闘パートナーは、明らかに相手がパワー攻撃で来るって私がわかってるところでも、
容赦なくテクニック攻撃したりするからね!!w
しかも、共闘パートナーごとに、サンブレイクの盟友の行動傾向みたいなのがあるらしく
回復行動をある程度頻繁に行ってくれる共闘AIと、そうでないのがいる。
体感では、ケイナが比較的頻繁に回復行動を取ってくれる感じはある。
アユリアは、武器が笛なんだけど、回復系サポートの笛ではないから、火力バフとかはかけてくれるんだけど
その分状態異常とかHP回復とかの行動はあまりしてくれない感じがする。
そのへんも考えて、どの共闘パートナーと一緒に行って、自分がどのポジションでの立ち回りをするか
考えないといけない気がしますね。

幸い最初の挑戦で勝てたには勝てたけど、やはり初回は相手がどういう状態のときに何攻撃を行ってくるのかが
完全には読みきれないので、真っ向で負けたりやけどや爆破やられみたいな状態異常で苦しんだり、
回避したくてもゲージが足りなくなったりと、苦戦はしました。
それだけ歯ごたえがあって面白かったんですけどねw


ふぅ、これでソロ専用のやりこみ要素は全部やり終わったな!!!
と思って、ガラ様に話したら
竜の拠り地・裏に挑戦することもできるぞ!」
と言われて、( ゚д゚)ポカーンなりましたw
全く同じ内容で、モンスターが強化個体になっているみたいw
それって実質G級ってことじゃんww

主人公のレベルも80になったけど、拠り地があと倍あるのかぁ〜まだまだ遊べるなぁ〜(遠い目)
じゃあ、今日中に裏10層まで行くの大変すぎるし、潔くそれは諦めてゆっくりやるかぁ〜w
ってことで、共闘マルチのマムタロトクエストに連れていく予定のラージャンの育成とかをすることにしましたw
マムって原作通りなら、パージ前弱点が雷、パージ後の弱点が氷に変化するはずですよね。
そこで、ぼくのかんがえたさいきょうのラージャン(雷)と、ぼくのかんがえたさいきょうの銀嶺ガムート(氷)を連れていき、
武器の方も雷や氷の中でも最強レベルのもの、火耐性高めの防具なんかを整えて、
最高ランクの報酬がもらえるタイムでのクリアを目指してみようじゃないの!! と。

ラージャンにはやっぱりキリンの角を食べさせるべきだと思うんですよ。
だから、キリンの卵を拾ってきて「ライトニングホーン」っていう遺伝子をラージャンに組み込む予定。
キリンの卵拾うのが割と大変なんですけどねw
SRチケット使って【探索】雷属性の卵の共闘クエストに行くと、ボス部屋の卵からキリンを拾えるんだけど、
高確率でここのボスが青電主ライゼクスなんですわーw
青電主、めんどくさいんですわーww

かといって……フィールドの「超レアな巣」からキリン出そうと思うと、そもそも、誕生のオフダを捧げてあっても
「超レアな巣」自体の出現率が低くて、そこで無駄にリセマラの時間だけを食われるし。
「超レアな巣」って1日に1回も見かけることないですよね!?
例えば毎日5時間くらい、誕生のオフダ使ってフィールドのリセマラしてても、
超レアな巣が出るのは数日に1回なんですよ。
つまり15〜20時間プレイ中に1回遭遇できるかどうかって感じかな。
で、キリンじゃないやつが拾えちゃうしw
だったら、青電主がめんどくさくても共闘クエに行ったほうがまだ確実だな、という感じでした。

うん、まぁ、ポジティブに「まだまだ遊ぶ余地がある!」ってことで!


年末は、毎年恒例のRiJ Winterを色々見ていたんだけど、こう、プレイヤー人口が増えてほしいゲームを広く布教したければ、
RiJにそのゲームで出走するのが効果的なのでは? ってずっと思ってて
モンハンストーリーズ2も、プレイヤー人口を少しでも増やすには、私がRTA走るしかないのかな……
とかまで思い詰め始めていますw
あ、でも弟がそろそろ遊んでくれるみたい。
2022年に弟が配信で1をクリア(+ミラボレアスまでのサブクエすべて)まで全部遊びきってくれたし、
年始めに弟がニコ生で、「色々な2をやる」っていう放送をしてて、そこでFF-2やMHST2、
グランディア2の冒頭を遊んで、その中から、今年はどのRPGを配信で遊ぼうかな〜って迷ってましたね。
どれも元々配信で遊ぶ作品の候補にあがっていて、どれをやるかで迷ってたから
「全部、冒頭だけ触ってみるか」
ってことで触ってみた結果
「どれも面白いから結局迷う」状況に陥るというw

MHST2RTA学会作るしかないのかな〜ひとりで……🤔