自力攻略5日かかったw
私の場合、どのようにクリアしたかをチャートで記録しておきます。
プレイ日記です。
攻略情報としては、参考になるかもしれないし、ならないかもしれないw
我流でクリアしたので……。



(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)


いくつか手順や場所をミスったりしてお金をちょっと無駄にした側面もあるのにクリア出来たくらいだから、
ノーミスで詰めればもっと金銭的余裕が生まれるんだろうと思います。
が、ひとまず
「まぁこのくらいは意識してやるとクリアできるんじゃない?」
程度のまとめをしておきます。
結局「サイズ10.0の隕石と陥没穴を絶え間なく発動させ続ける」のだけがコツなので
街づくりそのものはかなり雑でも良いんだなというのが5日間挑戦し続けた感想ですw

まず動画を貼っておくので、下に書いてあることは大体動画内で実演していると思ってください。


0〜480人まで
・沈まなそうな名前をつける
・災害に耐えうる優雅なBGMを流す
・ゲームスタート(ゲーム内カレンダー2022/11/5)
・即、L3で一時停止をかける
・町の入口から道路を横長に広げて(エリア端に沿うような感じで)敷設
 ちなみに「シナリオ」では左側通行設定が出来ないみたいで強制的に右側通行の町になるから注意
・入り口付近に給水塔と石炭火力発電所を置いて、発電所の周りに住宅が拡散するように区画設定
・住民の増える速度をアップするには、風力タービンも置いて、タービン周りも住宅にして
 火力発電所周りの住宅区画との間を商業と産業区画をつなぐようにしておくと良さそうだった
・排水施設を置く
 給水塔と繋いで水道管を敷設
 排水施設を区画から離して設置する場合、鉄塔で送電が要る
沈みゆく町02
ここまで準備したら、一時停止解除してL3長押しで時間経過速度をアップ。
災害メニューから隕石を選択して、△を押しながら左スティックでサイズ選択できるので
サイズを10.0にして、水が流れ込んでくる場所に水路を形成する。

・スタートから2週間後くらいに、最初の隕石が降り始める
 災害が始まると自ずと時間経過速度アップは強制OFFになるので、
 それまでの時間で隕石の落下位置を少しずらしながら連打する感じで水路を引く
・隕石で作った水路の端は、絶壁になるので、そこに陥没穴を重ねがけして水を引き込む
沈みゆく町03

隕石と陥没穴を交互に設定すると、ちょうどお互いのクールタイムが終わるタイミングで使えるようになるループに入るので
それを使ってエリアの半分くらいを貯水池にしていく


481〜950人まで
・480人になったら解放された予算を下げる、税金を12%に上げる
・セーブするならここで
・600人を超えたあたりで、給水塔1個では上水道が追いつかなくなるので給水塔を足して、その分予算を下げたりして調整

最初に作った拠点(第一拠点)で950人を目指すので、拠点の人口がじわじわ増え続けて行くように
区画や予算を適宜管理しつつ、絶え間なく隕石を降らせるか陥没穴を空ける
沈みゆく町04


951〜1500人まで
・950人になったらセーブ、予算下げ
・隣のエリア(市外へ出る道路が繋がっている方のエリア)を購入
・新たに買ったエリアの市外へ出る道路周辺に第二拠点を作る
 石炭火力発電所や給水塔は移設してしまって良い
・特区が解放になっているので、エリアを塗りつぶして「林業特区」「オーガニック商業特区」「住宅特区」を重ねがけする
沈みゆく町05

第一拠点の950人と区画は貯水池にするので、第二拠点だけで2600人の規模にしなければいけない。
このタイミングで診療所や小学校が解放になるが、人口が一時300人台まで落ち込む前提で進めるので
予算が増えるような公共事業施設をこの段階で設置するべきでない。
(人口推移は950→1000→第一拠点水没開始→300→第二拠点開発が順調なら600へ回復…みたいになる)
収支がマイナスになる期間があるので、貯蓄がないと資金マイナスでゲームオーバーとなる。
道路の敷設と区画設定と、災害での貯水池拡大だけをメインにやる。

第二拠点のスピーディな開発のためには、どうしても中央あたりに発電所を置くのが一番ではあるのだが
土壌も水もものすごく汚染されるので、住民がみんな病気になって診療所を建てたくなるフェーズ。
それに、小学校を置いて住宅のレベルアップもしたくなる。
でも小学校と診療所をこの段階で建てると、収支が合わなくなってゲームオーバーになるケースがあるので、
発電所をどこかのタイミングで移設するだけに留めて、あとは我慢かな……。
林業をやらせれば土壌汚染が改善されるので、林業特区にして産業区画を置いて、あとは耐えるという感じだった。


1501〜2600人まで
・セーブ、予算下げ
・このあたりで、最初に設置した場所次第ではさすがに排水施設がやばいことになるはずなので
 適宜移設も行う

造成が解放になるが、金銭的に造成の地形変更ツールで地形を変更して水をどうこうすることは不可能。
結局「波打ち際を狙って隕石を重ねがけしてめちゃくちゃ深い溝を作った後に、陥没穴で水を引き込む」を繰り返して
全体の水位が上がらないようにマネジメントする方がいい。
このフェーズでの隕石衝突ポイントが「水中に連発」になってしまうと、ものすごい高波になって
第二拠点まで水が届くことがある。
そしてしっかり浸水して人口が減る。
すると2600人になるタイミングが遠のくので、隕石の落下ポイント設定は注意深くやる必要があった。
カメラのフォーカスが強制的に引っ張られるので、そのタイミングで隕石設定するとまずいときがある。
クールタイムが明けたら、念のため一時停止してから確実に安全に隕石ポイントを設定する
というのが効果的なのだけど、ゲーム内時間を止めるわけだから、クリアまでがどうしても伸びる。
ただでさえ災害が発生すると、時間加速が出来なくなる中120週間経過させないといけないというのにw

2601人〜クリアまで
・セーブ、予算下げ
・3タイル目を購入する
沈みゆく町06
・公共サービス拡充の際は、収支がマイナスにならないかよく経費を確認する
・ひたすら新エリアに隕石と陥没穴を出現させて池を広げる

私は「貯水池面積を増やす方向」にエリア拡張した。
市外への道路側をもう1タイル買って、また第二拠点ギリギリまでの範囲を貯水池として潰していく形でも
クリアは可能なのかもしれないが試してはいない。
失敗条件を満たさないように120週間を耐えればクリアなのだから、2600人の次、
つまり5500人規模を目指したりする必要はないと思う。
第一拠点を潰すのは仕方ない気がするけど、第二拠点は温存のままクリアしてみたかったので、
貯水池拡張の方をやってみた。
「標高」映像で見た場合↓
沈みゆく町07

電気・水以外の予算をすべて50%で固定してある場合に、人口2600人を超えているなら
小学校・診療所・警察署・ごみ集積所を設置してもまだ黒字収支を維持できる感じだった。
とはいえ、この程度の税収では、思うように「造成」の地形変更は使えない。
やはり、隕石クレーターこそ正義。

消防署は警察署と一緒にアンロックされるが、設置しないで、条例・サービスの「火災報知器配布」でやり過ごした。
隕石の落下ポイント次第では、森林火災も発生するので、
色々な悪運が重なると、建物火災が延焼するケースもあるかもしれないので注意……。

区画を引き伸ばさなくてもすこーーしずつ住宅レベルが上がっていくので、人口も3000人を突破していた。

2022/11/5プレイ開始だったので、クリアはゲーム内カレンダー2025/2/22となった。
プレイ時間はきっかり6時間。


「シナリオ」全体の中で、一番最初に挑戦するのがこれで、一番最初にクリアしたのもこれだったけど
これを自力クリア出来たっていうのは、他のシナリオをやるときに自信になってくれそうw
一応これは「難易度:ハード」シナリオなのでw

あと4つ、こなさないといけないシナリオがあるけど、そっちも自力クリアを目指す。