GARNET CROWの『Last love song』という楽曲です。





(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)


声劇のシナリオを読んで、物語全体の雰囲気を掴んだり、自分が演じる役の役作りをしていくときに、
「このライターさんの作品は◯◯の楽曲が聞こえてくる気がする」
と、特定のアーティストが思い浮かぶことがあります。
挿入歌だったりエンディングテーマだったりのイメージで。

にょすけさんのシリアス系の台本は、私は個人的にGARNET CROWが合うんじゃないかな
と感じることが度々あって、流星都市とかギジン屋とか、エンディングにGARNET CROW流れてきそう
って思うんですよね。
ギジン屋シリーズは特に『Last love song』が合うなあ……と私は勝手に感じていて
ギジン屋のエンディングテーマのつもりで歌ってみることにしました。
ただそのまま歌うだけですけどw

この曲は、20年来のカラオケレパートリーで、宅録は初ではありますがそういう意味では
「ずっと録りたかった曲」
とも言えますね。
そんなわけで昨年CDを買っておきました。

1月中は喘息で歌は唄えない状態だったので、これがやっと2022の歌いめになりました。
喘息の発作が出ている時はこの曲のサビの
「こーーーれが最後の」
みたいなところ、声を張ったり伸ばしたりは無理なので、それが出来る、そしてやってもむせないところまで
復活したなあという感じです。
普通に気持ちよく録れました。