今日、北海道のイオンにあるルピシア店舗内で事件があってツイッターのトレンド1位に「ルピシア」が浮上しました。
でも、本当はそんな事件がキッカケでトレンド1位になるんじゃなくて、商品とかブランドが評価されてほしいと思うので
2005年からブログでルピシア(当時は 紅茶のレピシエ と 緑茶・烏龍茶の緑碧茶園るーぴーちゃえん というブランドだった)のレビュー記事書いてる身として
布教記事を改めて書くことにしました!

ルピシア オンラインストア

(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)


2005/2/14 紅茶について。

このブログの、最古の紅茶カテゴリの記事がこれで、わざわざ「レビュー始めます。」と宣言してから
続く紅茶カテゴリ記事を書き始めていますね。

しかも、2005年当時は、まだ茨城県内にはレピシエのアンテナショップや、商品取り扱いのある店舗は存在せず
TXが開通してつくば駅前商業施設「Q't(キュート)」のテナント情報が解禁になった際には
「欲しいのは花水木じゃなくてレピシエなんだよ!」
とブログ上でも騒いでいましたw
(※「花水木」はつくば市に本店があるバウムクーヘンと紅茶のお店。
花水木でも毎年1回はバウムクーヘン買ったり、メープルティー買ったり、利用はしてるんだけど
つくば駅前にはもともと西武があって、そこに花水木のショップ・カフェが既にあったから
「至近距離のQ'tにはレピシエを入れてくれよ〜!」と騒いでいた という経緯w)


私が「現ルピシアのフレーバードティー沼」にハマりだしたのは大学生時代ですね。
もともとフレーバードティーは、フォションのアップルティーしか飲んだことがなかったのだけど、
サークル仲間が「アールグレイも美味しい」と教えてくれて、アップル以外のフレーバーの存在を知り。
はじめはアールグレイ特有の「嗅いだことのない匂い(ベルガモット)」にビックリするけど、
「クセになる香り」だと思い、ハマりました。
その後、TWININGのレディ・グレイ(アールグレイのオリジナルアレンジと言う感じ)を通った後に、
ウェブで調べてレピシエのサイトに到達。
で、
「お茶の種類多ッ!!!!!!」
ってなりました。
その時点でも、レピシエの紅茶、緑碧茶園の緑茶・烏龍茶の数を合わせたら相当な種類だったし、
毎月のように「新作」が追加になっていってるので、商品一覧の冊子(カタログ)を取り寄せてワクワクするところからのスタートでしたね。
※そのカタログの名前が「THE BOOK OF TEA」なんですが、同名の商品があるので後述します。

それで、バイト先でみんなとお金を出し合って、バイト先に置くお茶としてレピシエの色々なフレーバードティーを買い始め、
結果、私のバイト先でのあだ名が「レピシエ教団の教祖様」になり、
レピシエと緑碧茶園がひとつになり「ルピシア」と化して
つくば市には2店舗もショップが降臨し、オンラインでもオフラインでも利用しまくりで今に至ります。
気付いたら17年近くも経ってるじゃないか……。こわ……。
2005年頃って、まだちょっと「ネット通販」に抵抗感ありましたが
それでもどうしても買いたい! って思って利用していた数少ないサイトですね。

ツイッターではちょくちょく「#今日のおちょ」のハッシュタグでその日飲んでいるおちょの紹介ツイートもしていますが
最近ブログのほうでは個別のおちょについてのレビュー記事は書いていませんでしたね。





今回は120本目の「おちょ。」カテゴリ記事でもあるので、ルピシアのお気に入り商品を
ガンガン貼っていこうと思いまーす。


(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)







◆常備品



FullSizeRender

通年で取り扱いがあり、私が200g袋で買って家に常備しているものが2つあります。
ひとつは、紅茶「COOKIE(クッキー)」
もうひとつが、ルイボスティー「PICCOLO(ピッコロ)」

クッキー - 200g 袋入
ピッコロ - 200g 袋入

私が常備したいから200g袋で毎回買っているというだけで、50g缶・50g袋・ティーバッグタイプもあるので
スタイルに合わせてどうぞ……。
50g袋の商品ページに行くことでティーバッグ10個・ティーバッグ5個、50g缶を注文することも可能。
クッキー - 50g 袋入
ピッコロ - 50g 袋入
※なお、200g袋は通販限定なので店頭では買えません。
 ティーバッグも「30個入」が通販限定で存在します。

「クッキー」は、その名の通りクッキーの甘く香ばしい香りがする紅茶で、
「どうやったら紅茶の茶葉からこんなにお菓子の匂いを出すことができるのか!?」
と不思議になるくらいしっかり香ります。
バニラクッキーの香りが好きな人にオススメ。
あと、ミルクティーや加糖もオススメで、冬には特にほっこりできます。
ストレートなら、お茶うけに洋菓子を用意しておくとマッチしますぞ。

「ピッコロ」はあんずの香りがメインのルイボスティーです。
初めてルイボスを飲んだときは、ノンフレーバーのルイボスティー(またはハニーブッシュ)にある
「藪臭さ」みたいなのが苦手に感じたのだけど、
ピッコロのおかげでそれが全然気にならなくなって、日常的にルイボスティーを飲めるようになったのですー。
ルイボスティーはノンカフェインであるため、夜寝る前などでもゆっくり飲めるので
昼はクッキー、夜はピッコロを淹れる……という風に飲み分けていますね。
ピッコロも砂糖やハチミツでほんのり甘くするのオススメだし、もちろんストレートでも
いろんなお菓子に合うので常備ですじゃ。

ところで、50g缶で買ったお茶を飲み終えて缶が空になったら、50g袋で同じお茶を買ったりして
缶を再利用できるけど、200gだと袋のまま「茶パッチ」で口を留めてますね。
上の画像でも使ってます。

ルピシア オリジナル茶パッチ ロング
※短いのと、色違いもあるよ!

50g袋もロングでない方の茶パッチで留めておけば、きっちり口をとじて保管できるので
最近は缶入りはほぼ注文しなくなりましたね!
その代わりパッチが6本くらいありますね!w




◆紅茶



アールグレイ・グランドクラシック
アールグレイの中でも若干クセが強い方に入るかもしれないけど、そもそもアールグレイが好きだったらば
一度試してみて欲しい香り。
LUPICIAにアールグレイは数種類あるので、飲み比べが楽しいです。

マスカット
新鮮なダージリンの茶葉はそれだけで「マスカットフレーバー」がします。
そこにマスカットの香りを加えたら、調和がすごいです。
個人的に、これは夏にアイスティーで淹れるのをおすすめしたいです。
ハンディークーラー(後述)に氷を口までどばどば入れて、通常より濃い目になるよう淹れた熱いお茶を注いで氷を溶かして
アイスティーにします。

ゆめ
バニラやいちごの香りのフレーバードティーですが、花びらが入っているので
見た目にも楽しく華やかな紅茶です。
贈答品とかにおすすめ。

ネプチューン
こちらも、夏にアイスで淹れるのがおすすめのフルーツ系フレーバーの紅茶。
でも、冬にホットももちろん美味しいです。

ダルマ
マンゴーのブレンドされた紅茶で、フルーツ系の中でも結構歴史が長い気がします。
2005年頃にはもう販売されていたし。
ダルマのようにピンクペッパーが入っています。

ロゼ ロワイヤル
以前あった「シャンパーニュ・ロゼ」という紅茶の後継品にあたるかと。
スパークリングワインのような香りと、いちごがブレンドされていて、茶葉に混じるアラザンが
紅茶の中でキラキラ光って見た目にもスパークリング!
アラザンは言われないと気づかないかもしれないので、よく目を凝らして観察して欲しいです。

メルシー ミルフォワ
「心からありがとう」の紅茶。結構新しい商品。

アンケート「名前で惹かれて買ってしまった商品」のランキング1位になったこともw
ちなみに私はそのアンケートのとき、「Miss茉莉♭(ミス・モーリー フラット)」がまだ販売継続されていたら
絶対票を入れたのに、と思ったのですが、結構前に販売終了になってしまったんですよ。
ジャスミン系統の中で一番好きだったんですけどねw
話が逸れましたが、「メルシー・ミルフォワ」の香りは喩えるなら「チェルシー」ですかねw
キャンディって感じなんですよね。
商品名やパッケージから贈答品として買われる方も多いと思いますし、私もおすすめします。


「Miss茉莉♭」のように販売終了となった「絶版」のお茶も色々ありまして、
アールグレイ系統の中では「シロッコ」っていうのがかなり好きだったんですが、
それもなくなってしまってるので、今回は「アールグレイ・グランドクラシック」を紹介しておきました。




◆緑茶




いちごバニラ
今の季節におすすめの緑茶です。
本当にショートケーキみたいな香りがするのですが、味はすっきりした緑茶。
そうそう、フレーバードティー、どんなに香りが甘ったるくてもごく一部を除いて
「甘いのは香りだけ」で味はすっきりしたストレートの紅茶や緑茶ですので
甘いものを別途用意するのが私流。
いちごバニラは、いちごバニラを飲みながら雪苺娘を食べちゃったりして。
ちなみに「ごく一部」っていうのは、香りが甘いだけでなく茶葉に金平糖が少しだけブレンドされているものですかね。
金平糖なので本当にほんのり甘いです。

トキオ
こちらもベリー系のフレーバード緑茶。
でもいちごバニラ緑茶とはまた違った香りです。
トキオにはバニラ成分はない感じかな。
ラズベリーとかブルーベリーとかという感じ。

ブラビッシモ!
マリーゴールドと矢車菊?の花びらなどが入っていて、見た目が特に華やかな緑茶です。
香りもいろいろなフルーツのブレンドという感じ。

楽園
トロピカルフルーツ系のフレーバード緑茶。
マンゴーとかパイナップルとかそういう系統。

津軽りんご
つまり英語で言うと「アップルティー」ですねw
でも茶葉が緑茶っていうところが、普通と違うかも。
大抵アップルフレーバーのお茶って紅茶だし、それもアッサムのブロークンだったりするので。

知覧 ゆたかみどり
煎茶です。ノンフレーバー深蒸し煎茶です。
とにかく美味しいです。新鮮な緑茶の風味とさっぱりした味わい、渋みは少なく甘さが際立つので
本当に飲みやすいです。
基本私は飲料に渋さ苦さを求めていないので、渋みが控えめな茶葉が好きですね。
ゆたかみどりは「ッッあーー!💨」となります。(は?

抹茶黒豆玄米茶
これ、デビュー時から大好きなので、あえて100g袋を貼りますが、味見がしたい場合は
ティーバッグから入るといいかもしれません。
ただ、ルピシアの商品全般に言えることですが、ティーバッグは「ティーバッグという形式に加工するコスト」が上乗せになるため
50g袋と同等量のティーバッグ版とではティーバッグ版の方が「1杯あたりの値段」は上がることは
念頭に置いたほうが良いですね。
それでも「ティーバッグという形態」の便利さというのはあるので、そこと金銭コストはトレードオフと考え
「便利さに金を出すかどうか」の話になると思いますw
どこで、どういうスタイルで飲むのかに依っては、50g入の袋という形態では困る場合だってありますしね。
味見だったらティーバッグでいいんじゃないかなと思いますが、1杯あたりの値段は高くなると考えてください。
一番良いのは「ティーバッグ詰め合わせ」で試飲しまくることですが、それは後述ということで。

抹茶黒豆玄米茶は甘み、渋み、コク、香りなどのバランスがとても素晴らしいので、
本当に一度騙されたと思って飲んでみて欲しい緑茶です。
個人的には、「緑茶、玄米茶が嫌いでないなら、もう初っ端から100g買ってよ、後悔はさせねぇぜ」という気持ちですw


茉莉花茶モーリーファーチャ
ジャスミンの緑茶です。
「Miss茉莉♭」の後継品に当たるかと思います。
(前に店頭で「Miss茉莉♭ありますか」と尋ねた時に、ちょうど商品が生産終了になって
店員さんから最も近い商品として提示されたのがこちらだったので)
ジャスミンティーが好きな方にオススメなのと、アイスティーが合います。
でも先日ホットで飲みましたw
アイスティーが合うっていうのはホットじゃ美味しくないという意味ではないですしねw


ルピシアの分類では緑茶とは別になっていますが、ここに焙じ茶などの系列も掲載しておきます。
フルーツなどの甘い香りのフレーバードにはあまり興味がないという方や、日本茶の方が好きな方は
こちらから試して欲しいです。

きらら玄米茶
ほんっっとうに香ばしく芳しいです!
日本人が「懐かしさ」を覚える、おせんべいのような香りというかw
抹茶黒豆玄米茶は、抹茶とのブレンドになっているので「玄米の香りがする緑茶」なわけですが、
こちらは純玄米茶ですね。
玄米茶ってこれまであまり買ったことなかったけれど、これは袋で買って何度も飲みたいと思いました。
本当に美味しいです。

安曇野そば茶
注:そばアレルギーの方は飲まないように!!
そば茶も、「そば茶買うかー」って思ったことがなかったのですが、ここで覚醒しましたねw
玄米茶同様に「和の癒やし、懐かしさ」があります。

焙じ茶「鬼の焙煎」
ルピシア、焙じ茶も複数ありましてどれを取り上げても美味しいので迷うんですが、
飲みやすさとか価格とか考えるとおすすめしたいのはこれかな……?
水出しアイスティーにも出来ますし、ティーバッグ版もありますし。


ところで、「緑茶と柑橘フレーバーって結構合うな」って気付かされたのは「温州みかん緑茶」なんですけど、
そちらも現在は絶版で飲めなくなってしまいました〜。
柑橘+緑茶だと今は「グレープフルーツ」などがありますね。
でも温州みかん緑茶の「こたつでみかんと煎茶」をひとつのお茶にまとめちゃった感じがかなり好きでしたw




◆烏龍茶



黄金桂
ノンフレーバーです。
限定品の項に後掲の「葡萄烏龍」画像のように、烏龍茶葉ってちゃんとした物はふえるわかめ並にぶわ〜〜っと膨らんで開く感じなんですよね。
で、それに適した広い空間で沸かしたての熱湯注いで開かせてあげるのが一番美味しいので、
私のおすすめはルピシアのハンディークーラーのネットを取り外した状態で蒸留して
茶こしをくぐらせてからサーモス水筒に入れちゃうことですね。
750mlサーモス水筒に入れるとぴったりで、保温時間も超長いッ!
仮に夜寝る前に入れたとしても翌朝まで熱々ですよ。起きてすぐ熱々のお茶飲める。


黄金桂は、「お手頃価格」のちゃんとした烏龍茶なので、例えば1パックで1汎るお徳用パックのような烏龍茶
もしくはペットボトル製品しか飲んだことがない方に一度試してもらって
「良い烏龍茶の、良さのなんたるか」を体感してもらうのにおすすめしたいんですよね。
ちゃんとした茶葉を、ちゃんとした淹れ方して、熱々で飲む烏龍茶って、
やっぱりお徳用パックとかペットボトルでは出せない味、もっというと「雑味のなさ」を感じられるかと思います。

凍頂烏龍 特級
一方こちらは、「値が張る方」のちゃんとした烏龍茶なので、黄金桂と比べると1杯あたりの値段が普通に上がりますw
でも、ちゃんとした烏龍茶の特徴としてもうひとつ言えることは
「3番煎じも十分美味しい」
ということですね。
なんせ4〜5番煎じまでいけますからね。
なので、少量の茶葉で何杯も飲めると考えればこの値段でも他のお茶よりものすごくコスパが下がるかと言うと
実はそうでもないんですよ。
紅茶・緑茶だったら2番煎じまでですから、烏龍茶はそれと同じグラム数でも抽出可能回数が倍くらいあるわけで。
(商品ページの「煎出回数」の部分に注目)
上記のように、サーモス水筒を750mlと500mlの2本用意しておいて3番煎じまで淹れた烏龍茶を
均等の濃さになるよう入れて一日かけて飲んだり、アイスティーにして冷やしちゃってもいいですし。
なので、単純な値段で「高い!」と思わないで台湾烏龍茶をもっと軽率に買って飲んで欲しいし、
n番煎じしまくったら良いと思いますw
台湾烏龍茶マジで美味しいです。

白桃烏龍 極品ハクトウウーロン ゴクヒン
ルピシア色々お茶ありすぎてどれ飲んだらいいかわからないよーという人は、もう今日はこれだけ覚えて帰って下さい。
身近にそういう人がいた場合もこれを布教しておいて下さい。
「白桃烏龍 極品」です。
万年人気No.1の揺るがぬ売れ筋商品ですから!
(注:こちら黄金桂、凍頂とは異なり2番煎じまでがオススメなのでお気をつけ〜……
まぁ3番煎じ以降、白桃のフレーバーなくなるよって感じです。別に飲めなくはないです)

私も烏龍茶のフレーバードティーはここから入りましたし、はじめは
「烏龍茶にぃ〜? 桃の香りぃい〜〜??? 大丈夫かそれ〜」
って感じで内心結構疑ってかかった気がしますw
桃の飲料といったらピーチネクターか、桃の天然水\ヒューヒュー!/くらいしか飲んだことなかったんですからね。
そのイメージだと「え、烏龍茶と桃?」ってなりますよね。
いや、しかしこれが美味しい。
というか、ちょっと上に書きましたけど、ちゃんとした烏龍茶って雑味が少なく甘みがほのかにあるから
甘いフレーバー合わせても喧嘩しないわけですよ。
渋さ苦味が強い茶葉や淹れ方したら合わないと思いますが、それは今までに飲んできた烏龍茶には
おしなべて苦味・渋みがあったからで、
「あぁそもそも、そうでない烏龍茶葉ってのもあるんだな」
と思いましたよ。
だからさっぱり飲める烏龍茶葉なら、甘いフルーツフレーバーは合うんです。
ルピシアの人気No.1商品ということで、入り口がわからない人にはとりあえずこれいっとけ! とおすすめできます。
「烏龍茶ってこんなにすっきりした飲み物だったんだ!」

「烏龍茶ってこんなにフルーティフレーバー合うんだ!」
というふたつのパラダイムシフトを一度に体験可能w




◆ルイボス





ルイボスティーって最初に飲んだ時、「藪っぽいな」と思ったことを「ピッコロ」のところで書きましたが
ルピシアにはノンフレーバーもフレーバードも色々あるので、ルイボスそのものの香りが苦手だとしても
フレーバードをいくつか試してみて
「これなら飲める」
というのを見つけてみるのも良いかも。
ノンカフェインというところが良いですよ。

キャラメル&ラム
こちらはキャラメルメインのフレーバーですね。
ピッコロのあんずフレーバー同様、キャラメルフレーバーがルイボスのもともとの香りと喧嘩せず、
煙たさみたいなのを抑えてくれる感じで飲みやすさがアップしていました。
根本的な話、「ルイボスのもともとの香り」が嫌じゃなければノンフレーバーでいいと思いますけどもw
こちら、ハニーブッシュの茶葉もブレンドされてて、ハニーブッシュのノンフレーバーは
それこそ「ブッシュ(藪)」というだけあってかなり藪藪しいので……w
それを飲みやすくしてくれるのがこの香り付けなんですわ。


ジャルダン ソバージュ

ジャルダンソバージュ、名前がかっこいいですよね。
こちら茶葉は無発酵ルイボス・グリーンルイボスのブレンドなので、ピッコロやキャラメル&ラムほどは
お茶色が赤くありません。黄色寄りです。
香りはマンゴーとシトラスなので、甘さの種類としてはトロピカルフルーツ系ですね。
ミネラルが多いので、「夏にミネラル補給のために麦茶を飲む」感覚での摂取にもアリ。
アイスティーも美味しいですしね、これ。

ヤミー
「YUMMY」美味しいの意味のあのヤミー。
いちご・バニラの香りなのでフレーバードルイボスの中では一番「ショートケーキ」寄りかな?w
ほんのり加糖もおすすめなんですが、個人的にはティーハニーを入れると特にいいかと。
ティーハニー サクランボ とかね。



◆工芸茶



THE MARI -テマリ- 5種セット

見て、飲んで楽しめる、ギフトにも良い「工芸茶」の世界にぜひ踏み込んで下さい。
お茶としては「ジャスミンティー」ですので、そこだけご留意いただければ。

ではまず、どんな風に「見て楽しむ」のかをご覧下さい。







ルピシアの工芸茶は「THE MARI」というシリーズ名なんですが、これは音のまま「手鞠」由来ですね。
それこそ鞠のように、コロンとまん丸い玉状の茶葉を、一定の広い空間を持つサーバーやデカンタに入れ
熱湯を注いで茶葉が開いてく様を見て楽しみます。
タイムラプス動画のように、ゆっくりと茶葉が開花するように開いていって、最後にはハーバリウムのような見た目になります。
そしてその頃には美味しいジャスミンティーが出来上がっている、と。

テマリは5つありまして、ひとつずつでも買えますし、上にリンクを貼ったところからは「5種セット」で買えます。
自分用でもギフト用でも、5種セットはおすすめです。
茶器は後述。




◆福袋(箱)



お茶の福袋(2022新春)

毎年、年始と夏にお茶の福袋が出ます。
以前は年始だけだったのですが、年2回の発売になりコースも増えましたね。
福袋と言いますが「箱」で届きますw 「福箱」w
一人用だったら梅か竹から選ぶと良いでしょうね。

福袋を買うメリットとデメリットは、

<メリット>
・実費の2倍相当の茶葉が入っている
・何が来るかわからないワクワク感

<デメリット>
・何が来るかわからないリスク感
・もしかしたら賞味期限までが通常より短いものも含まれるかも?

といったところですかね。
私は実はシナモンの香りはあまり好まないので、それ系のフレーバーが混ざってくると困っちゃうんですよね。
チャイとかも飲まないですし。
それも、福袋の「リーフ」のコースだと50g袋で来るので、「ティーバッグが1つだけ」とかとは
飲む量がだいぶ異なるので……。
どんなお茶でもどんとこい!! チャレンジ精神だ! という方なら「バラエティー」コースにして
ノンフレーバーもフレーバードも色々試すと良いと思います。
「マグカップはあるけど急須がないよ」という場合、ティーバッグのコースもありますしね。
以前は「松竹梅」の3コースだったのに、今は18コースもあるんですよw





◆THE BOOK OF TEAのススメ



以前は毎年恒例で福袋を購入していましたが、近年は福袋を注文しない代わりに、
3月に発売になる「THE BOOK OF TEA」のシリーズを予約購入しています。
数量限定商品なので、予約が始まったら早めに注文しておかないと手に入らなくなります。

2018年版 ブログ記事へ


2019年版


2021年版 ブログ記事へ


2021年版 「100種」



丈夫で大きな、本の形の箱のなかにお茶が30種入っているシリーズです。ティーバッグ30個です。
そして、小冊子、豆皿等の小物類、この箱にしかついてこないオリジナルブレンドティーが同梱されており、
毎年ひとつのコンセプトに沿って、外箱も個装パッケージもデザインが統一されていて、ものすごく可愛いんです。
冊子にはお茶っ葉の解説だけでなく、「個装パッケージのコンセプト説明」も書かれているんですよ〜。
30種類のお茶を飲み進めていく時に、ティーバッグを抜き取った後の個装パッケージを本の中に戻すことで、
本を開くたびに良い匂いが広がるようになりますw
「ルピシアのお茶の図鑑」として箱も冊子も本棚に残しておきたくなる作りなので、
コレクター気質の人は一度手を出すとやばいですよw
覚悟してから買ってくださいね。

福袋は年始だけだったのが夏にも発売されるようになりました。
BOOK OF TEAも3月発送商品を前年の暮れに予約しておく……というのが恒例だったのですが
今年はなんと3・6・11月の3回発売に!!
3月は例年通りコンセプチュアル・アートブック的な商品として30種入りの「ボン・ヴォヤージュ」が。
6月には100種入りの「BOOK OF TEA100」が。
そして11月〜現在は、50種入りの「BOOK OF TEA メルシー・ミルフォワ」が販売中です!

ブック オブ ティー メルシー・ミルフォワ

メルシー・ミルフォワは「心からありがとう」の意味なので、このブックオブティーは、
お礼の意味を込めたギフトにも良いと思いますよ〜!!
もちろん、自分用に「50種類のお茶を試飲するティーバッグセット」として買うのもアリ!!
私は、「BOOK OF TEA100」の中身が漸く折返し、且つリーフの50g袋ストックも大量にある
という状態なので、自分用のブックオブティーメルシー・ミルフォワは見送りましたw
贈答品としてひとつ注文しましたー。




◆お菓子



いまや、お茶請けのお菓子もルピシアで一緒に買えるようになりましたw
しかもそれが美味しくて「ちょっと贅沢な気分のティータイムで自分を甘やかしたい」ときは
お菓子もお茶もルピシアにするのが最高ですね。

ロンポワンというクッキーがオススメです!
ロンポワン アールグレイ&ラズベリー
ほろほろ、甘さ控えめ。

それから、ドライフルーツ「茶実」もいいんですよ。
茶実 りんご
甘すぎない、量が多すぎないのが助かります。
個人的に超絶おすすめしたい茶実は「安納芋」……なんですが、こちらは通年ではお取り扱いありません。
期間限定で、販売期間は9〜2月頃。
しかも、今年はまだ発売になっていません……。
さつまいも不作っていうニュース見たのでその影響かしら? と思ってたりします。
実情は不明です。
茶実 安納芋



――と、2018年のグランマルシェの入場時に「入場者特典」でもらったサンプルの「茶実 安納芋」にド嵌りして
そのあとまんまと、毎年買っている私の図。


それから、ルピシアのケーキとお茶をセットで楽しみたいなら、東京・自由が丘本店の2階にカフェがあるので
そこで一度、ティータイムを楽しんで欲しいです。



ロールケーキとかパウンド系のケーキは通販でも購入可能ですが、さすがにガレット・デ・ロワみたいな
脆いお菓子はお届けしてもらえませんし、いろいろなお茶の中からひとつ選んで、
ハーモニーを楽しむのは至福の一時ですよ。
2階にも一部のお茶と茶器が展示販売されているので、注文してメニューが運ばれてくるまでの間
そのへんを見て回るのも楽しいです。

そんなわけで、「ルピシアのお茶と、ルピシアのお菓子」を最高に楽しむなら、
自由が丘本店に一度は訪れて欲しいところですー。
ほんと最高ですので。





◆イベント『グラン・マルシェ』のススメ



グラン・マルシェは、ルピシアの大規模即売会イベントです。
全国数カ所(5大都市等)を巡りながら数ヶ月に亘って開催されます。
東京会場から始まって各地を移動しながら、最後にまた東京か横浜あたりの関東会場に戻ってくる感じ。
大抵は11月スタート3月ゴールの全国ツアーって感じなんです。

……が、この2年のあいだはコロナがあったので2019冬〜20春のツアーは中止になってしまったのです。
そのあと「ウェブ開催」が決まって2020、2021年は2年連続オンライン開催となりました。

ちなみに、2017年の私。

そして2018年の私。



2020年の私。



グラン・マルシェではお茶だけでなくセレクトショップの食材もあって、私はパスタなんかも買っちゃった。
お茶に関しては、「グラン・マルシェ会場限定茶」があってこれだけは通販とか実店舗に行っても絶対買えないのです。
それに、そういうお茶を現地で試飲してから買うことが出来るのです!
(2022/1/16追記 20221/14〜 アットグランマルシェというオンラインイベントで
過去の会場限定茶が数量限定でオンライン販売開始になったので以下の会場限定茶のリンクを追記しました)

コンスタンシア


柚子シャーベット


フルーツサンド
クリームソーダ
メロンパン

2020〜2021年の場合はオンライン開催だったので、ウェブ通販でその期間のみ「グラン・マルシェ限定茶」が買えましたー!
2020年は全国ツアーを準備していたんだろうと思うんですが、急遽とりやめになってしまったため
本来会場で出すはずだった限定茶をオンラインで買えるようにするという感じに留まったのですが、
2021年は早めに「今年もオンラインにしよう」と切り替えて準備する時間があったためか、
「オンライングラン・マルシェ」のページがすごく凝っていて、Googleストリートビューみたいな画面で
会場内を移動しながら展示を見たり商品を選んだりできて、それはそれで楽しかったです。





◆『ボンマルシェ』のススメ



ボンマルシェ お買い得市場

毎週土日は朝イチからアウトレット商品などを扱うタイムセールが行われていたんですけど、
最近は常設なので覗いてみるといいかもしれません。
メールマガジンを購読しているといち早く告知もされますが。
ボンマルシェ限定販売のお茶がまれに出ていたり、「訳あり商品」の食材や輸入菓子などが
割引価格で買えたりするんですよ。
個人的にはやはり「ボンマルシェ限定茶」に注目してほしいところですが。

今だと、季節限定茶の「アラビアン・ナイト」が賞味期限近いということで値引きされています。
アラビアン・ナイト、美味しいのでこの機会に飲んで欲しいです。
エキゾチックですよ。





◆茶器等



お茶を楽しむ上で、やっぱり一番のオススメは、リーフの茶葉を熱々の沸かしたてのお湯で抽出することなんですが、
そのためには居間に電気ケトルがあると便利かと思います。


そして、お気に入りの急須やマグカップまたはティーカップ&ソーサー、耐熱グラスなど、
デザインや機能性を考えて「茶器」という周辺アイテムも好きなものにすることで
ティータイムが充実した癒やしの時間になります。

機能性という点で、「リーフの茶葉を、急須を使わず煮出す」にはこのマグが良いと思います。
茶こしマグ モンポット
茶こしマグ フルール・ローズ
急須やティーポットを持っているかわからない相手に、リーフの茶葉をギフトで贈る場合は、
もうこの茶こしマグをセットでつければ間違いないです。
店頭でも「茶こしマグと50g缶のセット」はすぐにギフト梱包してもらえますし。
「この茶こしマグと、この50g缶をギフトに」って。

アイスティーを生成、ストックするのにも便利なハンディークーラー、うちはハーフを2ボトル所有していますw
オリジナル・ハンディークーラー1/2(ハーフ) ピンク
工芸茶を入れる時にも使えますし。

工芸茶といえば、専用ともいえる耐熱デカンタもあるので、うちにはこれもありますw
耐熱デカンタ

それから、オンラインストアで注文をする際に、「おまけ(特典)」を選べるんですけど、
「ルピシア オリジナルティーフィルター」がある時は、選ぶとよいです!!!
マグカップのふちに引っ掛けて使える、使い捨てのティーフィルターで
要は、「元々所有していたマグカップを、瞬時に茶こしマグに変える」優れものです。
ティーバッグのように、使い捨てるアイテムなのですが、おまけでオリジナルティーフィルターを選択した場合「12袋入り」のものが届きます。
12回も、手持ちのマグカップを茶こしマグに出来るというわけですよ!
手持ちのマグカップが茶こしマグになると考えることも出来るし、手持ちのリーフがティーバッグ化すると考えることも出来るし
どっちにしても便利だし12回分!!!





◆限定品



ルピシアのお茶には「期間(季節)限定品」「地域限定品」などの限定品が色々あります。
広義にはBOOK OF TEAも「数量限定」の限定品です。

今だと、クリスマスティーが出ています。
クリスマス特集2021

クリスマスティーは、どれも好きなのですが、最初期からいるこの子たちは、一度飲んでみて欲しいですかね。
ジングルベル
緑担当のイメージ。 
ホワイトクリスマス - 50g 限定デザイン缶入
カシュカシュ

また、クリスマスには「クリスマスティーのティーハニー」も出ます。
ティーハニー キャロル
クリスマスティーはどれも香りが幸せなので、ティーハニーもオススメします!


いちいちオシャレで凝ったデザインにしてくれるので、毎年飽きないです。
むしろ今年はどんなデザインや仕掛けがあるかと毎回楽しみ!
贈答品としてもセンス良いし、お茶って「消え物」に分類されるわけだけど、
パッケージとかがとても可愛らしくて「箱や缶をとっておいて再利用したい」という気持ちになっちゃいます。
そういう贈答品って良いですよね。
中身は食べ終わっても、形をとっておきたければまだ箱が残るし、
それと同時にもちろん外装は捨てても構わないものなので贈る方も貰う方も別に気負わずに済むわけで。

それから、今年はもう同じものは出ないかもしれませんが、冬はこのタイプのお茶も出るんですよ。
柚子茶
金柑しょうが茶
瓶詰めで、ジャムに近い感じの金柑茶と柚子茶。
そのままお湯に溶いて、ホットレモンのような感じで飲む柑橘ホットドリンクですが、
生姜入りの金柑しょうが茶は身体がホカホカしますし、柚子茶もビタミン摂れて温まります。

冬はクリスマスと「干支」のお茶などの限定茶がありますが、
そのあと年が明けて少しすると、桜関連の限定茶が出る季節になりますね〜。
今は、ボンマルシェで2021年版の桜のお茶の一部が出ていますが、これでもまだ
賞味期限まで丸1年あるので悪くない選択ですね。
2021 サクラ


地域限定品の方は、日本の各都道府県、さらには世界に散らばるルピシア店舗でしか買えない
「ご当地品」です。
でも、オンラインストアでも買える機会はちょくちょくあります!
私は岡山ショップ限定の「葡萄烏龍」はリピート買いしてしまいますな……。
葡萄烏龍

強いて言えば、日本国内のはまだしも、海外店舗の地域限定品はさすがに手に入りにくいですかね。
ほぼ確実に買えるのはグラン・マルシェの会場とか……。
グラン・マルシェの会場って、グラン・マルシェ限定茶と、「海外ショップ限定缶」を買いに行くようなところあるし……。
国内の地域限定缶の一覧はここから見られますが。
それから、ボンマルシェで一部扱っている場合も。(今週も出てるし)
けれど、海外店のはなかなかオンラインストアでも購入できる機会は巡ってこない感じですね……。
今年はグラン・マルシェがオンライン開催だったからそこで買えたようなものの。
しかし、色々なブレンドやフレーバーを楽しみたい民としては、地域限定品もあれこれ試したいものですから、
やはりそこまでルピシア沼住民となってくれば、もう
「とりあえずグラン・マルシェ行かれては?(提案)」
となりますなw
私も過去のグラン・マルシェ参戦時はやっぱり海外店のプチ缶買い漁ってしまいましたしw


(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)

というわけで、ルピシア商品の中でも私がリピート買いしているものなどを中心に
お気に入りのお茶を紹介してみましたが、本当にこれ氷山の一角に過ぎませんからね。
私自身、ここに書いたもの以外にも色々、年間100種以上を口にしているわけですけど(主にBOOK OF TEAの関係で)
ティーバッグで試飲して「あ、今度これ袋で買おう」ってなることも沢山ありますから
導入としては「ティーバッグ◯種入り」のボックスや福袋、BOOK OF TEAあたりから入って欲しいですね。
そうしたら紅茶・緑茶・烏龍茶・ルイボス諸々、ノンフレーバーもフレーバードも多様に飲めますし
BOOK OF TEAや福袋などを買うと金額的に「ルピシアだより」が半年間送付される条件を達成するので、
「毎月試飲用ティーバッグ2種」が届くようにもなるわけですよ。
それも、「どういうタイプの2種を送ってもらうか」も自分で選べますし。
それで一層知らなかった味や香りに出会える機会が増すので、自分の好みも明確になってくるかと思います。

私がピックアップしたのは、かなり「フルーティフレーバード」寄りのものが多いのと、
香りも強めなので、強くて甘い香りが好みでないなら、今回紹介したものの中では
ノンフレーバーのものから試して欲しいです。
(ノンフレーバーでもしっかり「お茶の香ばしさ」があるので、香りを楽しむ飲み物であることは
変わらないとは思いますが)

ただ、どこから試しても、
「あぁ、お茶ってこういう味もするものなんだ〜」
みたいな新たな発見があるんじゃないかな(あると良いな)と思います。

また、「濃さ」も自分の好みで良いものなので、商品ページに書いてある茶葉の量、浸出時間などをはじめは参考にしつつも
「自分はこれより薄い/濃いのが良い」
というのを意識して一番飲みやすいと思う淹れ方を見つけていくと一番その人にとって美味しくなると思います。
私はミルクティーもあまり淹れない方ですが、ルピシアの商品一覧のサムネール下にあるマークで
「ミルクに合う」「アイスティー向き」「レモンティー向き」などがわかるので、
ミルクティー好きな場合はそのへんも見て探すとよいと思います。
私が好きな紅茶は「ミルクに合う」タイプが多いんですけど、自分がミルクティーにしないってだけなので
ミルクティー好きならば上に紹介したものの多くはおすすめできます。
絞り込み検索も充実してますしねー。

ただ日々の「仕事・作業のオトモ」としての飲み物をルピシアのお茶にするだけでQOLが相当上がる感じがあるので
(この感覚はルピシア愛用者ならば共感してくれると思いますw)
皆さんも試せるところから入ってみて下さい、ルピシア沼w


というわけで、常備しているピッコロを飲みながらの執筆でしたー。