※この記事は2021年10月にブロマガがサービス終了となることを受けて、ブロマガから当ブログへ移行したものです。


(V)・∀・(V)です。こんぱんわ。(朝だけど)

さて、新サービス「ニコナレ」をナニコレ?と思いながら使ってみました。



(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)


■どんなサービスなの?
私はそもそもこの「ニコナレ」のナレは「ナレーション」のナレだと思っていましたが、
「ナレッジ(knowledge = 知識)」でした……。
多分厳密には発音は「ナリッジ」なんだろうけど…それはいいとして、
つまりナレッジベースですよ。
…つまり、と前置きして結局横文字に置き換えるのやめろ! って話ですよねすみません!!

「何をするのか」という観点から説明しますと、
「PDF(スライド)を公開し、公開されたスライドにはスピーチをあてる」
 ことができるサービスです。
“プレゼンテーション”ですね。
まぁニコニコなので、他の使い方(後述)も考えられますが。

ニコナレに、公式の「ニコナレとは?」的なスライドがあります。
プレゼン共有サービス「ニコナレ」

さて、スライドを作ってアップする、ということと、公開スライドにスピーチをあてる、
というのは、それぞれ機能として一応独立しています。
スライドだけを公開してスピーチを自分であてないというのも可能だし、
スピーチの「許可」設定がされている他の人のスライドにスピーチをあててもよいし、
両方を自分でやっても良いです。


■どういう手順で使うの?

・スライドを投稿する場合
まず自分で投稿するPDFファイルを用意する必要があります。
スライド製作用の「ニコナレ」というiOSアプリが配布されており、
これを使って作るのも良いでしょう。(私はまだ使ったことがありませんがね)
私は、「OpenOffice Impress」を初めて起動することにしました。
Microsoft OfficeのPowerPointがあれば、それが良いと思います。
なんにせよ、「PDF」形式のファイルを作って、それを投稿するのが、
ニコナレでのプレゼンの第一歩ですね。
OpenOfficeは、使い勝手がどうかは別としてもフリーソフトではあるので、
とりあえずPDFを作ってみたいという場合試しに入れてみてはどうでしょう。
MicrosoftOfficeの「ワード」「エクセル」に相当する機能とかも全部セットですし。
Apache -OpenOffice 日本語プロジェクト

・スピーチをつける場合
自分でアップしたスライドにスピーチを付ける場合は、
スライドの情報入力の後にすぐスピーチ録音画面に遷移して
そのまま録り始めることができます。
ブラウザ上で「録音ボタン」を押して、スタート・ストップするので、
マイクの選択はコントロールパネルの「サウンド」設定→「録音」で行ってください。
スライド投稿時に、スピーチを録らずにひとまずスライドを「非公開」で投稿し、
あとで改めてスピーチ録音ということもできます。
この場合、
スピーチを公開したタイミングで、スライドも同時に自動公開
になります。

また、スライド投稿時に、「他の人がスピーチをつけることを許可するかどうか」
の項目がありますので、そちらが「許可」になっているスライドは、
スライド投稿した本人以外含む誰もがスピーチ可能ということになります。
スピーチが許可されているスライドを見つけて、そこに声をあてることができますし、
はたまた自分のスライドに誰かがスピーチをつけるかもしれないというわけ。
ただ、このスピーチ録音は、
「一発撮り」「最低30秒且つ30分以内」という特性を持っています。
しかし、「一発撮り」の方は頑張れば回避できるので後述します。

以上、「ニコナレ」を使うのに必要な技術は、
PDFファイルを作る技術(ソフトウェアと、プレゼンしたい事柄をまとめる能力)
スピーチを一発撮りするスピーチ力(すぴーちかじゃないよ!)
の両方ないしは、いずれかということになります!


■とりあえず私が使ってみたよ

私には、「スライド上映しながらプレゼンしたい事柄」などないので、
最初に「ナレーションをつけるのがメインのサービスだと勘違いした点」と
以前から朗読したかった、という理由から、
「走れメロスを朗読」することにしました!!!
そういうサービスじゃねぇんですけどね!!!

まず青空文庫から、「走れメロス -太宰治」をダウンロードします。
(青空文庫の作品は、パブリックドメイン(著作権消滅)ですので、
PDFにしてニコナレにアップしても良いのではないだろうか。多分。きっと。おそらく。)
そして、OpenOffice Impressで、PDFに流し込んでページレイアウト。

実際に音読してみると、結構早口でないと30分に収まらないことがわかったので、
前後編に分割して、アップロードしました。
こちらが、公開ナレッジとなった「走れメロス」のPDFです。
『走れメロス』 朗読してみ…ようぜ!(前半)
『走れメロス』 朗読してみ…ようぜ!(後半)

投稿してすぐに、ナレッジは「非公開」の状態で録音画面へ。
そして音声を収録。

一発撮りは不可能ではないけれど、美しくなかったので、
ちゃんと1ページずつきちっと収録して1本に繋いだものを再生し、
音声デバイスのいわゆる「ステレオミックス」でモニターして
スピーチ録音に収録させるという手間をかけました。
これが「一発撮り回避」の方法です。
そしてこちらが、公開されたスピーチです。
(V)・∀・(V)<『走れメロス』 朗読してみた(前半)

(V)・∀・(V)<『走れメロス』 朗読してみた(後半)

以上のように、「元スライド」と、「スピーチ」はそれぞれ別のものとして公開され、
それぞれに「kn***」のIDが付与されます。
knというところが「カニ」っぽくていいですね!

また、投稿して最初に気づいた点は、
現時点ではニコレポに反映されないということです。
ですから、ツイッターとニコニコアカウントを連携してあっても、
ツイッターに
「ニコナレを投稿しました」
という自動ツイートも流れませぬ。
おっと口調がメロス人物風。

そして、この記事を書いてまず気づいた点は、
現時点では「kn***」とかニコナレページのURLをそのまま入力したとしても、
ブロマガにニコニココンテンツとして直接貼り付けることはできない、
ということです。
また、外部サイト(ブログ等)に、iframeで貼り付ける、というのも
できませぬぞ!
なので、テキストリンクを貼りました。

というかもっと根本的な話をしますと、ニコニコのマイページとかから
どうやってニコナレのページに行くかというと、
ページ一番上のバーにある「その他」の中に「ニコナレ」がありますぞ。
(昨日は、ここにもなく、「その他」→「サービス・デバイス一覧」まで行って
 探さないといけなかったんだぜ)

そんな新しすぎるサービスなので、まず存在が知られていないかなと思いますが、
具体的にどういう人が使ったらいいか、どういう風に活かせるサービスか
ということを考えてみました。

■ニコナレを活用するには?
まず、すぐに思いつくのは、鋼兵さんが時々動画でやっている
「ゆっくり解説」
のような、「解説コンテンツ」を動画でなくスライドで出来ます。
それが投稿者にとってメリットかどうかは
人それぞれに考えがあるとは思いますが。
しかし、「ゆっくり音声」がついていることが大事な要素である場合は、
動画にゆっくり音声をつけるのよりも、ニコナレでは手間がかかる恐れがあります。
一発撮りで30分以内という特性のところでもちらと触れましたが、
ニコナレのスライドにゆっくり音声を乗せるのは、決して不可能ではありません。
ただ、面倒くさいかも……。
私がメロスの朗読をつけたときと同じようなことをしなければいけません。
ゆっくり音声がステレオミックスで録音に乗るようにして再生し、
それに合わせてブラウザ上でスライドをめくる、という……。
うーん、これの方が動画より簡単、と思う人もいるかなぁ? わからないけど……。


それから、私のように、
「別にプレゼンしたい知識なんかねえよ!」
という場合でも、
「スピーチ大喜利」
をすることができます。

とりあえず「お題」としてPDFを作ってアップ。
あとは、スピーチする人に自由にPDFの内容を解釈してもらって、
面白いスピーチをしてもらおうという企画です。
スピーチする側に丸投げしているように見えますが、
実はお題が面白くないとネタも光らないということはままあるので、
お題出す側のセンスもある程度は問われますね。
大体こういうのは、ただ無茶振りしても面白くならないですからね。

円楽師匠「と、ここで私が○○に関する4枚のスライドを投稿しますので、
 みなさんはそこにスピーチをつけて面白く解説してください。
 はい、幸楽さん早かった!!」

あとは、私がやったように、小説+朗読というのもできるし、
「動画投稿」と最も異なる点は、スライド投稿者が許可してさえいれば、
誰が音声をつけても良い、という部分です。
私のアップした「走れメロス」スライドも、スピーチ許可してあるので、
皆さんが朗読を投稿してくれてもいいんですのよ!?
なんにせよこのシステムは、既存のものだと、「こえ部」のシステムに似ています。
こえ部を使ったことがある人には、一番わかりやすい喩えだと自負しております。

■まとめ
と、言ったところで今日の笑点はお開きなんですけれども、
これから「ニコナレ」をどんどん活用……とは行かないかもしれませんが、
何か「これは動画じゃなくてニコナレ向き」と思うものがあれば、
投稿してみるかもしれません。
ブロマガもなんですが、少なくとも動画にあるような、コメントに関する管理機能が
現状一切ないのでその点無法地帯であり、気分的に使いづらいです。
例えばNG設定とかないし。コメント削除もできるわけもない。
ブロマガは「新着コメントあり」って言われるだけで、どの記事に
新着コメントが来たのかはわからないという仕様のアラートのままだし……。
HTML編集のしにくさが、まったく改善されていなくて、
この記事を書きながらびっくりしています。
新しい機能を作るより先にやってほしいこともあるような、ないような。
それではまた。

<追記>
本家蟹風呂の方には、これとは全く異なる視点から記事を書きました。
そちらも是非。
新サービス「ニコナレ」を使って「走れメロス」の朗読を公開した


おまけ
世界最古の(V)・∀・(V)朗読音源