うちのGackt(パソコンの名前)が「7号機」になりました!
capture-20210903-124242



(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)


この間ハルさんが新しいPCを、デスクトップで導入するというからメーカーパソコンの中から
ASUSの、メモリ16GBちゃんとあるやつを勧めたりしてたんだけど、
うちもそろそろ6号機を組んでから5年経つのでは? と思って購入履歴を見ていたら
6号機は2017年4月に組んだことがわかった。
「やはりもうすぐ5年になるし、そろそろCPUを変えたいんだよなあ」
ということで、自分用のパーツ選びを考え始めた。

まず先にCPUを選んでから、そのソケットに合ったマザボやチップセットを選定していこうってことで、
6号機のCPUはintel i7-7700Kだったので完全正統後継者とも言えるi7-11700Kにすることにした。
要は、第7世代から第11世代へワープであるw
別にi7-7700Kも別に悪いものではないし、Gackt6号機改二はどこも不調ではない。
今年の頭にCドライブをSSDにしたので起動もめちゃくちゃ早くなったし。
でも、5年も使ってる間にはCPUもチップセットもだいぶ進化するもので、
いまやパーツ専門店なんかが掲載する「CPU性能比較表」なんかでは、i7-7700Kは余裕の「圏外」!!w
最新の上位CPUとは比較対象にもならんw
どんなにパーツを選んだ自作PCでも、カスタマイズパソコンでも、
「5年使える」が、逆を言えば「5年すれば型落ち」になる……。

で、私の主なパソコン用途って、音声の収録・編集、動画の収録・編集・エンコード、生放送
って感じだから、CPUパワーを食うのが多い。
メモリも欲しいといえば欲しい作業内容だけど、6号機の時点で48GB(16+32)も積んでいたので
別にこれを載せ替えて動けば必要十分。

i7-11700Kが決まったので、次はチップセットということでZ590を選択。
あとはASUSだとROG STRIX(プロゲーマー向け)にするか、PRIME(万能型)にするか、
TUF GAMING(ライトゲーマー用)にするかというところを選ぶのだけど、
ここは内蔵GPUのパワーだとか、PCI-Eスロットの拡張性とかを比較して決める感じ。
ちなみに6号機のマザボはSTRIX Z270F GAMINGだった。その更に前はPRIMEシリーズだった。
今回はPRIMEに戻してみようと思って、PRIMEのZ590-Aで!
STRIX Z270F GAMINGも拡張性があって良いマザボだったと思う。
そのくせ、さほど拡張しなかったのでもったいなかったレベルw

グラボは引き続きASUS GeForce GTX1050Tiを使う。


私は、割とパソコンパーツを「パソコン工房」で買うことが多い。
「毎回利用してる」と言っても良い。

マザボとCPUのセット商品(結構値下げされる)とか、CPUとOSとメモリのセット商品
とかがあるので、「今回買いたいのはこのパーツ2種」っていうときに、セットから選ぶと
バラで買うより安くなったりするのがありがてえ。
しかし、今回私が買いたいと思った商品、つまりCore i7-11700KとPRIME Z590-Aのセットは、
ピンポイントに「在庫切れ」だった!!!!
ぐぬぬ、みな考えることは一緒ということか……!?
そこで、楽天で検索してみたところ……
「パソコン工房 楽天市場店」だと公式サイトで在庫切れの商品でも、在庫があったwwwwやったwwww


楽天ポイントも貯まるやんけ!!!!!

ちゅーわけで、届いた翌日、仕事を納品してスタックタスクをなくしてからゆっくり改造!





とりあえず本体を、作業しやすい広い場所に移動してから作業開始。
(あと忘れてはいけないのが、作業の前からサージカルマスクを付けておくことだねw
埃が絶対に舞うので、先んじて付けておかないとくしゃみ止まらなくなって作業に支障がw)
今回のは、ケースからマザーボードを取り外すことになるわけで、それってつまり6号機のマザボから
すべてのケーブルを抜き去って、CPUクーラーも取り外す大改造になるわけで、
1台、新規にPC組み始めるようなものだから、狭いところでちまちまやるのは却って疲れるしね。

まず拡張スロットに挿した、グラボとUSBのボードを取り外して、今後も使うグラボは本格的にお掃除。
ヒートシンクの隙間に結構な埃が詰まっていたので綿棒とかを使いながらしっかり耳かきしてあげた。
ファンの羽の裏側とかも「サッサ」とウェットティッシュを使ってキレイにした。

まぁ抜くだけなら「どこに何を挿せばいいんだ?」と説明書を見ながら挿すのに比べればすぐだからいい。

ところでうちのケースは、Cooler Master製の「Silencio 452」という静音性にこだわったタイプの箱なんだが、
私は¥7,527で購入したのに、この間ちょっと検索してみたら¥34,546とかになってて
「何事!?」ってなったw


更に余談だが、使ってるキャプチャボードも¥21,798で買ったのに、今見たら¥65,000で出てて
「なんでwww」
ってなったw


まぁ、ケースに関しては普通に後継種あるし、キャプボもGC550なら

これがあるから別にね……似たような性能の、私が買ったのと同じような値段のものはいくらでもあるんだけど、
自分が何気なく使っているものがあれこれプレミア価格(?)になっていると驚くね……。

ケースといえば、Cooler Masterに乗り換える前は、ANTEC製だったのだけどANTECの静音ケースも丈夫ですごいぞ。

難点は「重い」ことかなw
でも普通ミドルタワーのPCって頻繁にあちこち動かすことないよね……。


尚、CPUクーラーもCooler Master製でHyper 103という型だが、これも今はもう逆に入手困難で、
現在買える後継機としてはこのあたりになるんじゃないかと思う。

CPUに同梱されてくるリテール品はちょっと弱いので、CPUは単体で買って別途こういった5000円前後のクーラーを買ったほうが
結果的にはそんなに出費もなく、よく仕事してくれて助かるよね。

つまり、箱とクーラーはCooler Masterを愛用しているよ!
静かで丈夫で、値段もそこまで高くないからいいんだよね。
私はどうせいつもSilencioの真っ黒い箱にしちゃうから、中でパーツが七色に光るのが全然見えない前提だもんで、
LEDのついてない、丈夫で静かなパーツにこだわっているかな。
仕事柄、環境ノイズが少ないに越したことはないし。


マザーボードを留めているネジを取り外しながら、
「磁性のあるドライバーセット欲しい」
と思ったり。

そして新たに導入するPRIME Z590-AにCPUを載せてから本体にネジ留め。
ミニタワーに比べると、箱の中が広々してて作業や載せ替えの作業も比較的しやすいっていうのが
ミドルタワーの良さだよね。(あとエアフローも良好)


電源ユニットから出てた「遊んでるケーブル」よく見たら、USBの追加ボードに電源供給してたことがわかったけど、
USBは、バスパワーつきのハブが2つあるおかげで幸いソケット不足にはならなくて済みそうだし、
追々どうしても足りなくなったらボード新たに探すかな……。
今手元にあるやつはソケットが2つだけなので、どうせならこの機会にもっと多いやつに換えたい気もする。
マザボのリアにUSB 3.2 Gen2が4スロと、フロントに3スロもあるからバスパワーハブ使えば
そうそう足りなくなることはない。
とはいえ今どき、「なんでもUSB接続」な時代ではあるし、外付けHDDだけで4つ挿している身としては
足りなくなる可能性も考慮に入れておかねばなるまいw





CPUとクーラーの間のグリス塗るの楽しいよね!
今回は久々のグリス塗布だったんで、セットでグリスも買ったんだけど、ナノダイヤモンドグリスだってお!



で、とりあえず電源入れてBIOSの画面入って一通り見るだけ見て、OSに入ろうとしたらいきなりブルーバック!w
ログイン画面にも到達できずに「system_thread_exception_not_handled」が出るので、
これはまず間違いなくメモリのせいだろうってことで、BIOSからメモリチェックかけてみたら案の定エラー連発された。
まぁ、可能性は考えてたね……。
なんせ8x2+16x2という構成だったし、別々に買った別々のメーカーのメモリだからねw
一緒に動かして、動いていた今までが単なるラッキーなわけで。
というわけで、8x2を抜いて16x2のみにしたら正常にログインできたので、メモリは48→32GBに減ったわけだけど、
32GBでも必要十分よなぁ。
そもそも、起動すらできないんじゃ話にならないんだから、まず正常に稼働することが大前提だし。

というわけで、USBのソケット数とメモリ数が減った以外は単純にパワーアップしたと見て良い改造が完了!
USBのボード、せっかくだから電源供給方法がこれまでと違うタイプのやつを買って挿してみることにする。

「Gackt」は私の自作PCすべてにつけてきた名称なんだけど、「○号機」のところは、
マザボやCPUを変えたときだけに数字が上がるので、その点で言えば
6回目の「マザボもしくはCPU、またはその両方の変更」だったということだ。
例えば今年の1月にCドライブをSSDに換装した時は、「改」だったのが「改二」になっただけだった。
稀に電源パーツだけ変えるというようなこともあるからそういう時は「改」「改二」などとついていくわけ。

主に今回の改造で期待してるのはやはりCPUが第7世代から第11世代に飛んだところなので、
次の動画エンコード時の所要時間とかが楽しみだったりする。
今まではエンコード1本あたり、「動画の実再生時間x1.2」くらいの時間がかかってた。
4分の動画をエンコするのに7分かかるっていうイメージ。
それが、果たして加速するのか……。
オーバークロック可能なタイプのCPUをせっかく使ってるので、エンコ時だけでも少しOCしてみたいところ。


それから、また余談だけど、私はASUS製品が好きなのでマザボもグラボもASUSだし
キーボードもASUS持ってるんだ。見てくれ。

ほぼ発売と同時に定価で買った、ROG STRIX FLARE PNKだよ!
AURA Syncっていうユーティリティソフトで光り方を変えられる。
そしてマザボもASUS製ならば、「ARMOURY Crate」っていう、
ファンの回転数やCPUのクロック数、CPUやグラボの温度監視などもできるユーティリティソフト上で
AURA Syncもいじれて、色々な光り方(色、明るさ、変色する場合のパターンや周期)を設定できるし、
更には公式サイトで配布されているAURA Creatorを追加で導入することで、AURA Syncにあるプリセットとは別で
「自分で作ったオリジナルの光り方」の作成からできちゃう!!
そんなに「キーボードの光り方」って重要ですかね!? って疑問に思うくらい細かいカスタマイズが可能!w
上のツイートで貼ったのは、「PC上で流している音楽の波形にシンクロして光らせるタイプ」のプリセットで
色をスペクトラム(七色)にしただけなんだけど、音楽にシンクロして光るタイプのプリセットだけでも
他に2種くらいはパターンがあり、色は自分の好みできるので、音楽鑑賞時に部屋を暗くして、
その曲のイメージに合った色を設定してキーボードを置いておくとそれだけでなんか良い雰囲気が出るw
もはやキーボードじゃなくてインテリアなのだ。
そもそも私は、普段のキータイプにはこのキーボードをほとんど用いていないww
私がキーボードとして普段使っているのは、実はマイクロソフト製の
「Wireless Comfort5050」というやつで、キーボードとマウスのワイヤレスのセット商品だ。
もうこれを10年くらいリピート買いして使い続けているので、むしろ他のキーボードに乗り換えるとタイプミスが増えるレベルw


とはいえそれでもASUSキーボードは、それはそれでイイ。
ROG STRIXのキーボードシリーズはごく最近、白いタイプでテンキーのないやつが出たのだけど、
マウスとかヘッドフォンもあるんでそっちが気になる。
ROG Strix Scope NX TKL Moonlight White

やはり、ピンクもなのだが、淡色の製品で気になるのは日焼けと汚れだよね。
そのへんは、経年でどうなるか実際に使ってみないとわからないのでなんとも、だけど
ASUS製品の「がっしりした安定感のある丈夫な作り」はやはり良い……。

黒とピンクの“パンク”なカラーリングのこっちもすごくいい。
ROG Strix Scope TKL Electro Punk

普段、常に3つのキーボードに囲まれて暮らしていて、メインはMSのワイヤレスだけど、
気分転換にASUS ROG STRIXを出すこともあるし、SwitchとかPS4に接続して文字チャットするときはこれ。



これも、¥2,000くらいで買ったのに2倍の値段になってる……w

音響機材も然りだが、パソコンのパーツやガジェットや周辺機器を眺めていると無限に時間を過ごせるし、
欲しいものがどんどん出てきてしまうのでこのへんにしようw

機材の買い替えや改造を行った記録は、次に改造を行うときに自分で参考になるので、日記で残しておく必要があった。
6号機を作ったときの経緯も記事にしてある。
前回は、「パソコンがそもそも起動すらしてくれなくなった」ところから、マザボとCPUを買い替えて
組み直そう……ってなったので、「動かないんじゃ背に腹は代えられない」と、
やむなく改造して6号機を作ったわけだが、本来ならば今回のように「故障する前に少し新しいパーツに換える」方が安心だw
なぜなら、「ある日突然壊れました。予定が狂って、仕事が滞ります」だと困る。
仕事がないタイミングを狙って、安心して改造してパワーアップ出来る方が良い。
そんなわけで、今年2回目の改造(Cドライブの換装と今回の)になったが、
これでまた5年くらいは基幹部をすげ替えることなく使えると思うと安心感がすごい。
パーツ選びも楽しかった。
支払いはめちゃくちゃつまらないけどな!!!!!!!!!!!!!!!!!!
あー支払いつまんないなー!!!!!!!!!!!!!!!!
ところで9月末まで、Core i5 i7 i9などのプロセッサを買うと抽選で家電などがもらえるキャンペーンをIntelがやってるので応募しといた。
Intelプロセッサ買うなら今だね! 買ってから知ったけどね!!!w