百竜夜行という、MHRで初めて実装された「モンハンタワーディフェンスシステム」について
これまでに自分で遊んで得た知見をまとめてみることにした。
「攻略サイトを見ない縛り」をしているので、本当に
「自分でやってわかったこと」をレポートにまとめるという大学の宿題みたいなものだw

よって「集合知」を得たい人向けの記事ではない。
だって私が自分でゲームから学んだことを書くだけだものw

これは
「そもそもまず“自分用”なんだけど、ついでに公開もしておいてフレンドとの事前作戦会議に役立てよう」
というような記事なのです。
だから一部はもちろんなにかの参考になるだろうけど、攻略として完全な情報ではないと思うし、
この記事に向けてアドバイスをしようとしなくていい
です。自分で考えてやっているので。
(過去記事だと、極ベヒミラボレアスの記事の方向性に近い)
もし読むならそこを踏まえてね!


(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)


<百竜夜行の目的>
IMG_8800IMG_8801
私がプレイする時は、「ランク(リザルト)SS」を可能な限り目指すようにしている。
その理由は言うまでもなく、その方が報酬が旨くて気分も良いからだw
この2点を押さえることがモンハンを楽しく続けるコツであり、モチベの維持の源だw
報酬が旨くて欲しい物がちょくちょく手に入り、作りたい武具をすぐに作れて、
そして気分良く次のクエストをやる。
これがモンハンにおける「良循環」だと私は考える。
だから、百竜夜行でも「リザルトSSランクを取れるように頑張る」という目的や目標が大事だ。
目的意識、目標などを具体的に持たず漫然とプレイしてもメリハリがないしな。

動画を作りました。


<ランクSSを取るには>
百竜夜行のクエスト受注画面はこうだね。
IMG_8805

この画面の時にRかLで次ページに移動すると、こういうことが書いてあるんだ。
大事なのは「百竜サブ任務」というやつだ。
IMG_8806
百竜サブ任務の内容は、クエストを受注した後でも拠点内で「+」ボタンからメニューを開き
2ページ目で確認できる。クエスト主でも他の参加者でも同じだ。

結論から言うと、ランクSSのためには「百竜サブ任務をすべて達成済みにする」必要がある。

※但し、ヌシのクエストでは、5つあるサブ任務のうち2つが未達成でも、
「ヌシ討伐」ができればSSだったりするのでそこはちょっと事情が変わってくる。
要は「ヌシ以外のクエストならサブ任務全部埋めような。ヌシ任務ではヌシ倒そうな」くらいの話だ


では、ここから「どうやって百竜サブ任務を達成していくか」だ。

まず前提として、今回ここには「3〜4人の集会所でやる場合に意識したいこと」を書く。
多分、これから書くポイントの「肝」となる部分は1〜2人の場合にも活かせるけれど、SS確定させたければ
やはり最低3人で集まりたい。
だから、「どうするとリザルトがよくなるか」「特に3〜4人の時にどういう分担が好ましいか」を順を追って書いていく。


[1]大事なこと(どんな人数でも大前提となること)
.エスト開始前にどんなサブ任務のあるクエストか予め把握しておく
▲汽崘ぬ海瞭睛銅‖茲任魯エストのモンスター「群れ情報」まで確認する
クエスト開始後は、画面左の方に百竜サブ任務が常時表示されているからそこを見ながらプレイする
し睥響筺η卜極い離譽弌式銘屐動力窯の位置は早めに自分自身で把握する。
ダ瀏に搭乗している時、狙われたらちゃんとガードを使うようにする(設備が長持ちする)
「設備の耐久値」のゲージを見て、減ってきてるものは出し直す
 (特に第1・2波終了後の準備フェーズごとに、全設備を新しくするか別のものに置き換えてゲージ回復させる)
動力窯に積極的に石炭を補充する(サブ任務次第ではこれが最も重要になるケースもある)


TIPSとしては、バリスタに搭乗した状態で「ZLボタン」でスコープモードになる。
こっちのほうが多分狙いやすい。


,痢屮エストを受注してからメニュー画面でサブ任務を確認する」の画面
IMG_8810IMG_8811

△痢屮エストを受注してからメニュー画面で群れ情報を確認する」の画面
IMG_8812IMG_8813
※△蓮⊆々燹[2]各サブ任務達成方法について」のい鳳洞舛垢襪里埜綵辧

「設備の耐久値」は各設備のすぐ上くらいに緑のバーで表示されている。
これが空になると「修理中」状態になり、一定時間アンタッチャブル……「置き換え作業も不可能」になるのだ!
だから、「壊れる前に回復する」方が良い。DPSの急激な低下を防げるからね。
「すでに壊れたもの」に関しては、動力窯に石炭を入れると早く復旧するから、
どうしても壊しちゃったなら時々状況を見て補充しようw
なお、石炭入れる作業してる時でも、モンスターは攻撃してくるから周りを見てねw

Г砲弔い討蓮⊂豺腓砲茲辰4人中2人が「動力窯に石炭を入れる係」をやると良かったりする。
その「場合」の詳細は次の「[2]各サブ任務達成方法について」の項で。


以上のように、「百竜夜行のサブ任務とその達成」というのは、
例えばワールドのマム・タロトやゼノジーヴァのようなクエストで、
「クエスト達成度」というシステムが敷かれており、達成度はマムやゼノの部位破壊数で上がるというのと同じだ。
マムやゼノでは、達成度を上げてクリアするために、出発前や交戦時、
「どの部位が破壊されていて、どの部位が未破壊か」
ということを参加者が把握し、未破壊の部位を破壊するように立ち回ることが、リザルト向上に大変役立った。
百竜夜行のサブ任務も、「モンスターの部位破壊数」が条件ではないというだけで、
「達成度を上げるために、参加者が未達成の項目を埋めるよう意識することでリザルトが良くなる」
という点では同じなのだ。


[2]各サブ任務達成方法について
ではここから、具体的にどういうサブ任務があって、それぞれどうやって「達成確度を上げるか」という話になる。
IMG_8807IMG_8808IMG_8809

このように、いくつかの種類のサブ任務があり、それらが「ランダムに5つ選出されている」ように見える。
また、達成に必要な回数も里か集会所かなど、それぞれのクエストで異なる。
そのへんも予め見てから達成しやすいサブ任務の多いクエを回すことが大事だったりするので
「クエスト選びの段階からクエストは始まっている」と言える。
ボスや群れ情報だけを見ると似たりよったりでも、サブ任務達成の内容・必要回数が異なる場合もあるから。
だから私は、百竜夜行クエストを受注する際に、サブ任務と群れ情報を予め見て、
「何をどうすればすべて達成できそうか」を考え、その中でもそれが「最も容易そう」なものを受注したいし、
パーティメンバーに「これをこうするとこれが達成になるクエだと思われる」ということを伝えてから出発している。
みんながそれを出発前に念頭に置いておくと、それだけで高確率でSS取れるし、
クエスト中にSSが確定する(全サブ任務達成)までの時間も早い。
だからまず、クエスト受注者はクエスト情報をよく見てサブ任務達成を脳内シミュレートし、
「より確度の高そうなもの」を受注することがSSへの近道だろう。

次に、各自が出発前にメニューから「サブ任務の内容と群れ情報を予習」し、
下記の「どの任務はどうクリアすべきか」が頭に入っていれば、
高確率で毎回SSが取れる……はずだ!


ー輓沈瀏を設置(回数には8、12、20などがある)
単に設備台に設備を呼び出すだけで回数が増える。
しかも、「同じ設備台の設備をリスポーンさせても良い」ので、第1波襲来前の準備時間中、
一通り設置した後の余った時間で、自分が使う予定の設備台に棒立ちでバリスタを
規定回数呼んだり引っ込めたりし続けるだけで最初に終わるはずだし終わらせるべき。
このサブ任務を第1ウェーブ襲来までにさっさと終わらせておくとメリット(後述)があるので
このサブ任務のあるクエは最初の準備時間でこれは終わらせる。
5つのサブ任務中、この任務が2つを占めているケースさえあり、(片方が設置12、もう片方が20とか)
その2つを達成させることによって第1ウェーブ襲来時点でいきなり大砲が使えるのだ。
いきなりステーキならぬ、いきなりバズーカである。(゜∀゜)

つまり、このサブ任務の達成そのものは難易度が低いので、意識せずとも百竜夜行が終わるまでには
間違いなく達成できるのだが、後回しにせず、第1ウェーブ襲来までに達成する方が撃退が有利に進む。
大砲の火力がバリスタより高いとかそういうのではなく、(いや範囲攻撃なのでモンスターが集中してる時は確かにいいけど)
他のメリットがあるので「[2]-ぅ皀鵐好拭爾鯊粟やられに」に後述。


▲皀鵐好拭爾魑だ
バリスタの「Xボタン」攻撃(いわゆる徹甲榴弾)をモンスターの頭に1〜2回当てる。
プケプケ、アケノシルムなど、空から降りてくるタイプのやつは1発で足りる。
地上系は大抵2発っぽい。
あと、飛行系には「退行弾(Yボンタン)」1発でも落とせる。

徹甲榴弾は、2発撃ったらしばしのリロードタイムが発生するので、リロードが終わるたびに
「まだスタンが一度も入っていないモンスターの頭」を狙ってすぐ打つようにしていれば早めに達成できる。
その狙いの理由は
「一度スタンしてから復帰したばかりのモンスターは気絶耐性がついている」のと、
「今まさにスタンしているモンスターに当てても通常弾よりダメージは多めに入るってだけで気絶効果としては無駄弾になる」のと、
上述の通り「リロード長め且つモンスターによって必要弾数が異なる」から、の3点。
そういうわけで、徹甲榴弾は無駄撃ちしないようにしたい。
「一度スタンしたが復帰したモンスター」には「Yボタン」の後退弾を当ててノックバックを入れよう。
また、今まさにスタンしているモンスターに対しては普通にAボタン攻撃を頭狙って入れたほうがDPSも高い。
胴体と頭部ではかなりダメージ違うのでダウンしてるときはヘッドショットでDPS稼ぐチャンスだぞ!

更に複数人のとき無駄弾を減らすために注意したい点として、「他のプレイヤーが1撃当てた場合」なら
自分があと1発当てればスタンになる状態なわけだから、
他プレイヤーが直前にX攻撃したかどうか、誰に当てたかなどもよく観察しながら使う方が無駄がない。
「Aさんが今徹甲榴弾撃ったから今リロードタイミングだし、こっちが1発だけ追加で入れよう」
みたいなことを考えられると吉。
だって同じモンスターに二人がかりで4発徹甲榴弾入れてダウンさせたら内2発は無駄だよ!
それ他のモンスターに当てた方が良かったじゃん!?
早い話、徹甲榴弾のリロードタイミングが重ならないようにする、ってことだね!
マルチではこのへんを意識することでこのサブ任務は爆速で終わる。
協力プレイでは「自分が何をすべきか」だけでなく、「他の人はどういう状況か」を同時に考えるのが大事だね。

更にビシュテンゴやヨツミワドウがいて操竜出来た場合には特定の攻撃でも行けるかもしれない。(未確認)
が、ビシュテンゴは大抵第2〜3波で出るので、その頃には気絶任務が終わっていることが多い……。


モンスターを状態異常に
麻痺武器や毒武器で行ってみたがどうも百竜夜行のモンスターの状態異常耐性は、
通常クエのものと異なるように見える。
自分やオトモの武器で状態異常を引き起こすことは「不可能」ではないのだろうが、効率が相当悪いように見える。
「反撃の狼煙」が上がっていない時に、麻痺武器でめちゃくちゃに殴ったが結局麻痺しなかった。
「反撃の狼煙」が上がってからでも麻痺しなかった。
(追記:再挑戦して、狼煙中の麻痺武器では麻痺した! 意味なくはない。でも麻痺が入るか入らないかのうちに相手は死ぬ。)
ということは、この「状態異常」と、い痢崑粟やられ」については、
「それに適したモンスターを操竜することで達成」することを
想定して作られた条件と解釈した方が良さそうだ。

よって、具体的に次のようなモンスターの操竜による達成方法が考えられる……というか推奨されていると感じる。

・フロギィで毒(コマンド自体は超簡単)
・レイアのサマソで毒(簡単かつ確実でオススメ)
・プケプケの横or下強攻撃で毒噴霧
・フルフルで麻痺(? まだ成功できた試しがない)
・ビシュテンゴで毒柿(ちょっと技の出が遅いので当てにくいがコマンドは簡単)

問題はなかなか「乗りたいモンスターに乗りたい時に乗れるとは限らないこと」で、
バリスタで撃っていると突然操竜可能マークが表示されて乗れるようになるが、
じゃあなんでこいつに今乗れたか? というとその理由がわからないことが多いw
鉄蟲糸技でもあまり乗れないイメージだし。
とにかく百竜夜行においては、「狙ったモンスターに乗る」のが結構難しい。これから研究するところ。
「フロギィに乗れれば周囲のモンスターを続々毒にしてやれる」と頭でわかっていても、
フロギィに乗れなきゃ達成できないからね。

そんなわけで、前項「大事なこと」の△暴颪い「群れ情報を予習しておく」ことがここに影響するし、
現状はそれを意識することくらいしかできない。でも意識しないより全然マシ!
「状態異常を引き起こすモンスターとして、どのタイミングでどのモンスターが来るか」
を予め知っておくと、それだけでだいぶ違うのだ。

もう一度この画像を見て頂きたい。
IMG_8813
第1の群れに「毒」を使えるモンスターはいないことがわかる。
このクエストは「モンスターを状態異常に」のサブ任務がないから「じゃあ毒持ちがいなくても困らないや」となる。
しかし「状態異常任務」があるこちらの群れ情報は――
IMG_8828
「第1にはプケプケが出る、第2にレイア・レウスが出る」とわかる。
これを予め把握し、そのモンスターを操竜した場合は積極的に他モンスターを毒にしよう、という方針が先に固まるわけだ。
「入ったら何をどうするべきか」を予めイメージ出来ていると無駄な動きが減る。

また、い剖δ未垢襪里蓮状態異常や属性やられなどを引き起こすための
各モンスター操竜時の「攻撃方法」を予め知っておく
ことも大事になるということだ。
例えば、前述の「プケプケの横or下強攻撃が毒ガス」「レイアは強攻撃(A)でサマソ」みたいな知識がないと
的確に状態異常が狙えないので。
状態異常のサブ任務は「6回」くらいの回数指定がされている事が多いのだが、
これが結構ギリギリ達成できるかなできないかな〜くらいの絶妙な塩梅なのだw

あとは、毒けむり玉を持ち込む。
ただ、これが確定で入るわけでないようで(やはりモンスターによって耐性が高く毒けむり玉では威力が足りない?)、
保険と考えるのが良いかも。毒耐性の低いやつをちゃんと狙ったり。

<追記>
ヘビィの「メテオキャノン」で睡眠LV2、麻痺LV2、毒LV2が撃てるのだけど、
これで状態異常すぐ終わることが判明したので、状態異常任務がある時は、
サポガンが一人いれば解決な気がしてきたw(今まで剣士4でやってたw)
それから、オトモアイルーの「毒どく落とし穴」でも毒が入るけれど、
落とし穴の設置場所を制御できないのでギャンブル性が高いw


ぅ皀鵐好拭爾鯊粟やられに
これには3つの方法がある。
1,属性攻撃を持つモンスターを操竜し特定の攻撃を当てる
2,属性爆弾を置く
3,大砲の電撃弾(Yボタン攻撃)

だ。

1,属性攻撃を持つモンスターを操竜し特定の攻撃を当てる
これは、「[2]-モンスターを状態異常に」の応用なだけなので省略。

2,属性爆弾によるやられは、少なくとも第1波が始まってからでないと不可能だ。
モンスターが気絶した時や撃退成功時に落とし物が出るので、積極的に拾っていけば、
雷爆弾や火爆弾などが入手出来る(持ち帰れないアイテム)のだが、
これはモンスターを撃退しなきゃいけないという意味なわけで、即ちモンスターが来る前には用意できない。

では爆弾入手後どう使うか。
モンスター入場門の前や、必ず通るところに置いておくなどすれば、
当たったモンスターにはほぼ確定で爆弾効果により属性やられが発生する。
ここで、私が考える「より効率的にサブ任務達成数を稼ぐ方法」は、
「色々な属性の爆弾を似たりよったりなところに置く」のではなく、
干渉しあわないような距離に離して、異なる属性の爆弾をポツポツ置くスタイルだ。

いずれにしても、この「属性やられにする」の条件のクエストにおいては、
落とし物をすぐ拾う、それが爆弾だったらすぐに使うでいいと思う。
どうせ同時に2個までしか設置出来ないのに4〜5個拾えることもあるし。
だから、強いて意識すべきことを挙げるとすれば、異なる属性の爆弾は離したり別の通路に置く……かな、と。
火爆弾は火爆弾の近くに置くでいいけど、そのかわり火以外の爆弾は、そこから離れた通路に設置っていうね。

3,そして最後の「大砲の電撃弾」だけど、ここに「[2]-ー輓沈瀏を設置」に書いた、
>このサブ任務を第1ウェーブ襲来までにさっさと終わらせておくとメリット(後述)がある
のメリットというのが出てくる。
「狩猟設備を設置」を達成しただけで、大砲が解放されるので、
第1ウェーブから大砲の雷撃弾が打てる。
大砲の電撃弾も雷爆弾のように「一定範囲内のモンスターを雷やられにする」ことが可能なのだ!

そこで、4人パーティ且つ
「狩猟設備を設置」「モンスターを気絶させる」「モンスターを属性やられに」などのサブ任務が発生しているケースにおいて、
・第1ウェーブ開始前に大砲を解放する
・4人の分担をバリスタ2と大砲2に

とすると、バリスタでの気絶と大砲での雷やられを同時に進められる!
バリスタの人が徹甲榴弾でスタン入れて、その動かないまとに大砲電撃弾を入れれば確定で属性やられだ!
第1ウェーブ終了までに5つのサブ任務中3〜4つクリア出来るのだ。
どうだ! なんだかSSが簡単そうに思えてきただろう!!
やってみたくなってきただろう!!
ちなみに、溜め電撃弾とXボタンの溜め貫通弾は、ボタン長押しで3段階まで溜められる。
電撃弾の方は溜めることで攻撃範囲を広くできるので、溜めよう!


ネ遒箸景を拾う
モンスターダウン時?と撃退時にドロップする光ってるものを拾うだけ。
拾うだけだし、参加者全員の回数合計なのでみんなが積極的に拾っていればすぐ終わる。
ただ、この任務はあまりしょっちゅう出てこないイメージ。
属性やられ任務が出ている時は、爆弾を拾いたいというのがあるので、
これも自然と達成になるだろうw


Ε丱螢好燭之眤
バリスタ(里守バリスタ分は多分除く)の攻撃が「トドメの一撃となる」必要がある。

ここでちょっと画面右上のモンスターアイコンを見て欲しい。
1d0d3c67
これは通常の狩猟や探索のときにも右上に表示されている(消すことも出来る)アイコンだ。
青い恐竜の頭蓋骨みたいなマークが出ていたら「相当弱っています。ほうほうの体です。」の意味で
狩猟クエストなら捕獲可能の合図に使える。(かつての「捕獲の見極め」スキルがデフォになったもの)
緑のマーク(鉄蟲糸のマーク?)は「誰かが乗っています」のマークで、このマークがついているとき
そのモンスターは誰かに操竜されているので、ハンターから受けるダメージは通常の1/10くらいに減る。
百竜夜行中だとバリスタなどの攻撃によるダメージも1/10くらいに減る。
つまり「誰かが乗っています」モンスターを攻撃する意味はあまりないので、
周囲の敵殲滅に活躍してもらう方が良い。
そのモンスターの背中の上に他のハンターさんそのものが見えないとしてもハンター名が一緒に動いているのが見えたり、
この画面上アイコンを見て緑マークがついていたら「あ、操竜してるんだな」ってことで
そのモンスターを撃つのはやめたほうが良い(無駄なので)。
操竜自体は、時間切れまで乗っていればそのモンスターはいなくなるし。
それから、百竜夜行中の操竜に限っては「突進離脱」により操竜されているモンスターに入るダメージも減る。

だから、右上のアイコンのモンスターステータスも見ようね、って話がまず第一で
ここから本題なのだけど、「バリスタで撃退」のように「なんらかの設備でトドメを刺す」ことが達成条件になるサブ任務においても
この「相当弱っています」マークが重要なのではないだろうか。
この「弱っていますマーク」や「操竜されていますマーク」は、画面右上のアイコン部分だけでなく、
モンスターの頭上のアイコンにも合わせて表示されている。(百竜夜行のみの特別仕様)
「バリスタで撃退」の条件を的確に達成するには、相当弱っている個体をバリスタで集中砲火すれば良いということだから。
逆を言えば、相当弱っている個体に別の攻撃手段によるダメージを与えないようにしないといけないし。
これは以下の撃退方法を指定されている任務全般に共通することだ。

というわけで目の前の敵だけじゃなくて、画面全体のあちこちに気を配るのが大事だねw


大砲で撃退
大砲(これも里守大砲分は除く?)の攻撃が「トドメの一撃となる」必要がある。
Δ離丱螢好燭大砲になるだけの条件なのだが、大砲は普通「最初からは使えない」。
上記のように、たまたまサブ任務「設備を設置」により第1ウェーブ開始前に解放にならない限りはな!
だから、通常「大砲で撃退」がサブ任務にある時に気をつけるべきことは、
「モンスターの撃退などで砦LVが上がって大砲が解放された時に、すぐに手元のバリスタを大砲に置換すること」だ。
画面右のチャットコメントなどが流れていく部分でNPCが喋ったり、設備解放のお知らせが流れたりする。
そこに「大砲が解放された!」も表示されるので、それを見たらすかさず大砲を使い始めることが肝要だと思う。
チャット欄よく見ような!
その頃には、「バリスタの弾の威力が上がった!」とかも出てるからバリスタをそのまま使い続けてしまうのもわかるけど、
そこでバリスタを使うべきか、大砲に置換すべきかというのをサブ任務次第で判断するところだと思う。
例えば、サブ任務が「バリスタで撃退」だったら大砲を使う優先度は下がるでしょ。


速射砲で撃退
速射砲の攻撃が「トドメの一撃となる」必要がある。
これも、ΝГ暴颪い燭海箸鯑Г泙┐譴个いい世韻覆里世、速射砲は大砲より更に後になって解放される
3番目の「搭乗型設備」なので、やはりある程度フェーズを進めて達成度を稼いでからでないとそもそも使えない。
けれど同様に、使えるようになったならなるべく早く出さなければこの条件達成が難しいということになる。
しかも、各エリアで同時に2台しか出せない。
つまり4人でプレイしていても、そのうち2人しか同時には稼働できないのだ。
「速射砲で撃退」の条件において、クエスト難度が低ければ必要回数は2回くらいだが、
上位なら7回くらい要求される。
速射砲で7体のモンスターにトドメを刺す! これは結構な数なのだ。

だから「速射砲で撃退」の条件があるクエストでは、「速射砲係」2名を出発前に決めておき、
その2人は速射砲が解放になったらすぐに速射砲を出し、任務達成まで乱射するのが良いんじゃないかと思うw

ただし速射砲の特色として、
・距離や肉質の影響を受ける
遠く離れている敵や硬い相手には不向きだ。
肉質が柔らかいモンスターを間近で撃つのがベストな使い方。
だからこそ、誰が使うか決めておき、その人が適宜移動しながら
「今ならここから速射砲が良い」
というところに速射砲を移設しながら撃つとよいだろう。
さもなくばYボタンの「鉄蟲糸弾」を当ててモンスターを引き寄せる。
「速射砲で撃退」の任務を達成し終わるまでは、速射砲係が速射でなるべくトドメを刺せるよう
速射砲係自身は適切な位置から適切なモンスターを狙うようにし、
他の速射砲係でないパーティメンバーはそのモンスターを
「弱ってますマークが出るところまで他の手段で攻撃」するのがベストということになるのでは。


竹爆弾で撃退
竹爆弾のダメージがトドメの一撃となる必要がある。

これは結構難しい!!w ――のでこの項目はちょっと説明が長くなる。
上位でもクリアに必要な回数は3回程度と、少なめに設定されている傾向にあるが、それでも2/3止まりになったりと
かなりきわどい難易度設定になっていると感じる!w
なぜ難しいかの理由と、その対策をちゃんと書く。

まず、竹爆弾とは、ただモンスターがそこを通っただけ(位置によっては近づいただけ)で爆発する「自動型設備」の一つで、
テラリアの「あつりょくばん+せっちがたばくだん」みたいなものだw
ダメージは一発360。
そして、一度爆発した後はクールタイムが発生し、他設備が破損した時同様、修理が終わるまでリスポーンしない。
起爆するタイミングが「モンスターが通過した時」で、しかもすぐに再稼働出来ないから
「トドメの時に起動するか」をプレイヤーが完全制御するのは難しい。
それがこのサブ任務達成が、回数少なくても難しい理由だ。

次になるべく達成に近づくための対策だが、まず前提条件。
竹爆弾は、どんなに砦レベルが上がっても1エリアにつき3箇所までしか設置できない。
そこで、ウェーブ序盤、つまりモンスターが入場門付近に集中しがちな段階では、
モンスター入場門に近い方から順に3つ置いて、なるべくモンスターが先へ進まないようにするべきだろう。
そして、フェーズが進んで徐々にモンスターが奥へ奥へと侵攻するようになったら、
一番入場門に近いところを破棄して、通路の中部〜最奥部などへの配置換えをした方がいいわけだ。
なるべくモンスターが何度も通るところに設置する方が良いに決まっている。

そして「[1]-動力窯に積極的に石炭を補充する」はこれに関係してくる!
というのは、壊れた設備の修理完了までの時間、竹爆弾のクールタイムを縮める唯一の方法
「動力窯に石炭を補充」なのである!!
自動で竹爆弾が炸裂! その後、石炭補充をしなかったら竹爆弾リスポーンまでの時間は結構長い……!
ちなみに、リスポーンまでの残り時間は、その破損中の設備の設備台のすぐ上に黄色いゲージで表示されている。
これを観察しているとわかるが、石炭を一切補充しない場合の設備修理完了までの時間は長い。
しかし二人がかりで石炭係を一緒にやると、クールタイムを半分くらいに縮められる!
つまり、あとは設置位置だけ的確であれば、2倍の回数竹爆弾を踏ませることも可能だ!
そのうちのどこかの起爆が「トドメ」になれば、この条件達成に近づくというわけ。

そこで、「竹爆弾で撃退」のサブ任務がある時、私としては
パーティメンバー中誰か1人を「竹爆弾管理職」に任命する!
その係は、「竹爆弾の位置を常時把握し、設置・移設する」役割を担う。
「今のフェーズだったら、どこに竹爆弾があるのが最もモンスターに踏んでもらえるか」を考え、
その都度竹爆弾をそこに配置するのが業務内容だ。
竹爆弾は、どうせエリア内に同時に3つしか存在し得ないので、パーティ4人であの設備台、この設備台と、
あちこちで竹爆弾を呼び出すと「今置いた竹爆弾が消されてあっちに召喚された」ってなって、
これがすごく時間の無駄。
勿論「竹爆弾で撃退」の任務が無い時は「どこかしらに竹爆弾が3つちゃんと出されている」くらいの緩さでいいんだけど、
任務がある時は、「どこに置くか決める人」をはっきりさせて、それ以外の人は
竹爆弾には関与しないのが適切だと思った。
それに、竹爆弾が設置されているところを勝手に破棄してフゲンとか置くのもやらない方がいいよねw
竹爆弾管理職の人の業務を邪魔することになるw
だから、仮にフゲンなどの「里のツワモノ」を呼びたいとしても「地面の設備台」じゃないところを使うように
意識する方が良いと思うw


で、パーティが4人の時、その「竹爆弾管理職」の人は、「設置と移設」だけを担い、その業務以外では、
他のそのとき出来ることをやってもらう。
そして更に、「竹爆弾管理職」以外の3人の中から2人の「石炭係」を任命する!!
パーティが3人の時は、「竹爆弾管理職」の人は「石炭係」も兼任だ!!

というわけで、また次の画像を見て欲しい。
IMG_8816
これは、「ある百竜夜行のエリア1」である。
エリアの形はランダムだが、いくつかのパターンがあるので、例えばこれは「タイプA」とすれば、
他にタイプB、タイプCのエリア1と、さらに「エリア2タイプ」のマップがある感じ。
でも、エリアそのものの形がいくつかあったとしても、設備台の数はそんなに差がないだろうし
アイコンは全部同じだ。

アイコンはこうなってる。
設備
「すでに何かが設置されている設備台」はグレー表示。未設置は白。
そして、上図の通り、撃龍槍or破龍砲のレバーの近くに動力窯があったりする。
マップの通路を挟んで両方にレバーと窯がひとつずつ、つまりひとつのエリアにふたつずつのレバーと動力窯が存在する。
だから、入場して、どこにレバーと窯があるかを把握しつつ設備台に設備を置いていく。

「石炭係」の人は、なるべく頻繁に動力窯で石炭補充をする。
バリスタや大砲は、里守を出せるだけ出して当面任せる。
それによって、竹爆弾のリスポーンが相当早くなり、モンスターが何度も起爆させてくれるのだ!
竹爆弾の設置場所を管理する人間、そしてクールタイムを縮める人間のちからによって
このサブ任務は達成可能となる!(多分!w)

<追記>
オトモガルクを連れていき「待て!」にするとオトモがトドメを刺してしまうリスクを下げられる。
(オトモがトドメを刺してしまうリスク……とは)
それから、最初の柵が壊れるまでの間に達成してしまうと後が楽なので、
第1ウェーブの時に里守を出さず、バリスタで弱らせる、竹爆弾に誘導+石炭をやっていると達成できる率が上がる。


更に、以下のマップで竹爆弾任務が発生した時に注意したいことも書いておく。
11c308af
上図の黄色で囲んだ「柵 廚破壊されるまでは、青で囲んだ地面の設備台に設定した竹爆弾は起爆する。
柵’鵬後は、赤で囲んだところは引き続き必ず通過されるものの、青枠の竹爆弾は起爆されなくなるので、
別の場所へ移設しないと1個分無駄ということになる。
また柵が破壊されればモンスターはもう少し奥で溜まりがちになるので、赤に置いた竹爆弾も
移設してよいことになる。
↓青で囲んだ設備台
IMG_8826


撃龍槍か破龍砲で撃退
これは、設備の持つ火力が高いので「ちゃんと当てれば」高確率で任務が進む。
しかし、これも「当てるコツ」と「何度も使う」の両方を意識した方が達成確度は上がる。
竹爆弾と同じで、必要回数は少ないとしてもそのたった3回が難しかったりする。
特にデフォルトのクールタイムがとても長いせいもある。

撃龍槍の射程はちょっとクセがある。(というか長いのと短いのがある?)
ここの正面に今モンスターがいるから当たるだろうと思って出しても、届かない撃龍槍がある。
「3点方式撃龍槍」は3本の槍が1点に収束するタイプなので正面なら絶対どれかが当たるのだけど……。
地面から斜めに突き出すタイプもある。
そこで、このサブ任務がある時大事なのは、「カカシの置き場」になるw

カカシは、ある程度砦レベルが上がってから使用可能になる「制限型」の設備で
1度しか発動できない。
だから、撃龍槍でトドメを刺したいなら、
1,撃龍槍とカカシが同時に使用可能なタイミングで
2,槍の発射口に一番近いところにカカシを置く
が確度を上げてくれる。
「一番近いところの隣」だと、もうこれは届かないw(経験済み)
カカシも無駄になるw

もしくは代替案として、
「撃龍槍や破龍砲のレバー操作をする人以外で誰か1人が“陽動”スキルをつけて撃龍槍発射口前にモンスターをおびき寄せる」
というのもある。(今後検証)
「陽動」のスキルは結構初期から装備に組み込めるので、百竜夜行でもやり方次第では相当活かせると思う。
モンスターごとに「行動のタイプ」があるので、「関門特攻タイプ」に対しては
どんなに陽動しても効果が得られないとかそういうことはあるかもしれないけど、
逆にヌシや「プレイヤー攻撃タイプ(モンスターの頭上のマークが赤い)」は陽動可能な可能性がある。

また、同様に、二人くらいは「石炭係」がいるとだいぶ違う。
というのは、「ヌシクエスト」のレベルともなるとヌシの体力も火力も高いし、
その上ヌシを討伐してしまえば、2つくらい未達成のサブ任務があってもSS達成にとっては問題ないということになるので、
「破龍砲を3〜4回当ててさっさと討伐する」
のが良かったりする。
破龍砲のクールタイムも当然動力窯で短縮できるし、撃龍槍より狙いやすい!
それに、1回の破龍砲のダメージで7500とか稼げる! でかい!
ちなみにクールタイムに入った撃龍槍や破龍砲の近くのランプは白くなるが、再使用可能になると
「チーン!」と鳴って緑になる!
音や視覚で再使用可能かわかるので、すぐに撃ってまた石炭!w

<追記>
エリア1にあるのが破龍砲ではなく撃龍槍だったケースでのコツは、
「なるべく早く撃龍槍解放まで砦レベルを上げる」のは大前提として、
撃龍槍の真ん前や、ちょっと手前に全員で罠を設置しまくってモンスターを足止めすることだ。
(最近罠の減りがすごい)
バサルモス・アンジャナフのような「関門特攻タイプ」に対しては閃光玉も後退用に使える。
とにかく「弱らせてから撃龍槍の前に溜まるようにする」必要があるので、
あらゆる手段でノックバックかストップさせて弱らせ、そこに撃龍槍を入れる。
数が足りなかったらすぐに石炭供給!w


固定式竜炎砲台で撃退
固定式竜炎砲台は、少なくともワールドにはなかった設備だ。
他の私がやったことあるモンハンでも見た記憶がない。

これは「自動型」の設備でまた少し使い方にクセがあるので、まず仕様解説から。

他の「自動型」の設備はいずれも、ただ設置するだけでよい。
尚、「自動型設備」は、竹爆弾、里守バリスタ、里守大砲、固定式竜炎砲台の4種だ。
このうち、竹爆弾・里守バリスタ・里守大砲は、設置したらそれで終わりなわけだが、
固定式竜炎砲台はちょっと違う。

固定式竜炎砲台は、設置した後一度搭乗して「発射角と弾の種類を設定する」必要がある。
その代わり、一度設定したら、赤外線センサーにモンスターが感知された瞬間に
設定した種類の弾が発射されるという仕組みの「自動型」設備なのだ。

まず設備台前でAボタンを押して固定式竜炎砲台を呼び出す。
その後、再度Aボタンで搭乗してからスティックを操作して射角を決める。
角度を決めたらXでレーザービームを、Aで大砲のような弾を込められる。
ただし込められる弾は1種類だ。
弾を込めたらBで搭乗を解除。
あとはセンサーで感知すれば自ずと発射する。
だから、搭乗しっぱなしでいる意味はない設備なので設定し終わったら早々に離脱した方がよい。

固定式竜炎砲台は、自動型設備の中では最も遅れて解放される。
しかし、サブ任務で、この「固定式竜炎砲台で撃退」があるとすれば、やはりまず大前提として
「解放されたらなるべく早く出す」
ことが大事になるだろう。
また、設置可能台数は2個上限スタートのまま増えない。

だからこれも、先に「固定式竜炎砲台管理係」を1人決めてしまって、
その人以外はそれに触れないというのが良いだろう。
その代わり、その人は固定式竜炎砲台の設置位置や向きをしっかり判断・設定するという任を負うw
あと、「弱ってますマーク」が出たモンスターには「半手動化」で、
乗る→セッティングし直す→降りる
を繰り返して当てまくる。

例えば、モンスター入場門からまだ続々モンスターが入り込んでくる、というフェーズであれば、
モンスター入場門に最も近い高台の設備台2箇所を固定式竜炎砲台にして、
入場門中央に向けて、1台はビーム、1台は砲弾にするなど。
勿論フェーズが進んで、モンスターの群れがエリアの奥に溜まりがちになってきたら、
固定式竜炎砲台係は、砲台の位置を「関門に最も近い2箇所の設備台」に移行させるのがよいと思われる。
かなり火力あるので、関門にアタックするバサルモス系のモンスターを自動で排除してくれるし。


里守○○がモンスターを撃退
自動型設備の里守バリスタや里守大砲がモンスターにトドメを刺した回数が問われる。
めちゃくちゃ理想を言えば、
「弱らせたモンスターを里守設置箇所の近くに誘導する」ことができれば解決なのだが、
多分そんな思い通りにいくゲームでもないと思うw
(まだ陽動の効果を検証していないし)

だからこの任務の達成のために最低限やるべきこととしては、
「設置最大可能数まで里守を出しておく」ことや、
「里守バリスタが撃退」が任務だったら里守大砲は一旦引き下げるとか、
体力の減ってきた里守○○を「再設置」で回復、破損した里守○○の修理を早めるために
動力窯に石炭を盛るとかそういうことになる。
意識しないよりはした方がいいことを積み重ねるしかないw


武器で撃退
これは結構な回数を要求されることもある。
けれど、これはちゃんとコツがある……と思う。
「反撃の狼煙」が上がっている時に武器で直接対決する、だ! シンプル!!
狼煙中だけは、通常ありえないほどの火力が出るので、ガンスのフルバースト1回で
モンスターが即死したりもする。
これを繰り返す。

反撃の狼煙の制限時間は色々あるので、「武器で撃退」のサブ任務があるクエストの場合は、
モンスターがぞくぞく入場というタイミングでさっさと狼煙を上げて、武器で応戦するのが良いと思う。
狼煙が上がっているのにモンスターが途切れるというのが一番もったいないし。
勿論、これまでに見てきた他のサブ任務達成のために、「モンスターを弱らせる目的で」
反撃の狼煙を上げ武器で殴るがトドメは「任務達成に必要な設備に任せる」というようなのも
(手加減が出来るなら)大事かもしれない。
とにかく反撃の狼煙のときは、「この攻撃でもう死ぬの?」っていうくらいモンスターがコロっと逝くため
「武器で撃退」以外のサブ任務の時は、
「狼煙中に武器で“弱ってますマーク”出すところまで攻撃したら敢えてやめる」
がコツのようにも思う。
大物やヌシ以外はほんとにすぐ撃退できちゃうので、すぐ撃退できちゃうことにより
サブ任務が達成出来ないということになるしw



<追記 2021/5/9>
4月末のアプデで変更された点について、重要なポイントを書いておきます……!

・マガイマガドが乱入してくるようになった
おそらくボスが出る前のWAVEのみかな?
例えばWAVE3まであるクエのWAVE3で乱入してきたのは現時点で見たことがないのだけど……。
ボスと一緒に出てくることあるのかなあ?

ともかく、これは「追加で発生する任務」で、他の追加任務と同様にWAVEの準備中に発生して、
そのWAVEと同時に強制的に終了(未達成)となるタイプのサブ任務。
つまり準備時間中に「マガイマガドを撃退」の任務が表示されたとすれば、そのWAVEには確定でマガドが出てくる。

追加任務についてこの記事では全く触れていなかったので、ここで追加任務についても少し追記してしまうけど
追加任務は上述の通り、準備時間中に「新しい任務だ!」とかいうNPCのセリフと一緒に
画面左の任務一覧の一番下に追加される。文字の背景が少し赤くなっているやつで、
もともとのサブ任務が5つあるから、追加任務は6行目だよ!
追加任務は、「該当WAVE中に達成しなかった場合、次の準備時間中に消える」ので注意、ということ。

追加任務は、もともとあったサブ任務と同じ内容で違う回数のものが出るケースもある。
例えば、追加で発生する任務と、受注時から存在しているサブ任務の内容が被っていた場合に、
以下のようなパターンだったら楽。
・落とし物を拾う 12
・落とし物を拾う 6 ←追加
みたいなの。
この場合、落とし物を18個拾えという意味ではなく、1つ拾えば両方がカウントされるので。
他にも「モンスターを気絶」「状態異常」とかも重複して発生することが多い。
状態異常はWAVE1にメテオキャノンで達成し終わったのにWAVE2で追加されたケースもあるけどw
もとの任務が未達成の時に追加が来る分には「同時進行」出来るからいい……。
地獄なのは「里守で撃退2」とかが追加になるケースかなw
追加任務は、達成したら達成したで砦レベル上がるからメリットはあるんだけどね。

で、その追加任務としてランダムにマガイマガドの乱入が起こりうるアプデが入ったというわけ。
マガイマガド乱入には
・マガドの体力が通常モンスター数体分ある
・一緒に3体くらい関門特攻型(バサルモス・アンジャナフ等)が湧く
などの特徴があり、その結果マガドにかまけている間に他のやつにエリア1の最終関門を破壊されたりもする。
当たり前だが、マガドは「もともとのサブ任務と内容が被りようがない」追加任務なわけで、
ここもサブ任務フルコンプリートを目指す上で曲者となるポイントなのだw
マガド乱入時点では、「里の猛者」としてウツシ教官が解放されていないので、
関門特攻型にまとめて乗る……なんてことも出来ない。
(ウツシ教官を呼んだ時の効果は、「ボス以外のモンスターを瞬時に操竜可能状態にする」だ)
――が、結論から言うと、
「マガイマガドを撃退 を含む全サブ任務を達成したければ、マガド乱入時点で
マガド撃退を最優先事項にする」

だ!!


今日かなり最悪な組み合わせを見たので、失敗の具体例として書いておくことにした。
そのクエでは最初から
・里守が撃退 4
・竹爆弾で撃退 3
がセットになっていて、この時点でも結構厄介なのに、これのWAVE2にマガドが乱入してきてしまった。
せめてこの2つの内、どちらかだけだったら多分全部達成して砦レベルも10にできてただろう。
この回、出発前に
「里守出さずにWAVE1でなるべく早く竹爆弾を済ませて、それが終わったら竹爆弾は全部しまってから
里守フル出動にしてみよう」
っていう作戦を共有してから出発していて、竹爆弾はWAVE1で順調に済ませたのだ。
里守の火力は砦レベルに比例するが竹爆弾は固定ダメージであるがゆえの作戦。
しかし、マガドが来るとわかっていたら里守はしまわなかったかもしれない!w

それでWAVE2に里守を出して、全員罠フル設置+関門特攻型に閃光・後退弾という感じで足止めをしつつ、
「狼煙が上がったら武器で適度に弱らせて里守の前にモンスターを誘導する」までやっていたが
マガドが来てしまって、バサルモスが大量追加!!!!!w
それでもなんとかマガドの攻撃をかいくぐりながらバサルモスを弱らせ、里守がトドメを刺せるよう頑張ってみたのだが、
全然トドメを刺してくれなくてエリア1の最終関門を破壊された!w
里守くん頼むからAボタン長押ししてくれんかな?w

この回、もともとの任務は5つ全てクリアしたけれど、里守に大幅に足を引っ張られて
砦レベルが8止まりだったし、マガドも撃退出来なかったしで、不完全燃焼感が強かった……。
ランクはSSだったんだよ!? でもさ!!!
そんなわけで、もし仮に(……いや滅多にないと思うけど!!)里守と竹爆弾が任務にあったら、
里守と竹爆弾は「両方出しておいて、先に終わった方はその時点でしまう」で良いし、
アプデ前と違ってどのクエでも「急にマガドが来る腹積もり」で居たほうが良いと思ったw
そしてもしマガドが来たら、銅鑼鳴らしてバサルをちゃんと潰しながらマガドを速攻帰らせる
がベストじゃないかと思う……。
また今度この一番面倒臭いと思われる組み合わせが発生した時に検証してみる。

あとは、4月アプデでの変更点としてオロミドロくん百竜夜行に参戦!!もあるんだけど、
特に気をつけるようなことはないw



(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)

リザルトSSを取るということを目標にする場合は、つくづく
「各自がちゃんと任務を理解していて、任務達成のためにした方がいいことをし、しない方がいいことはしない」
が大事な難しい任務もあるな、と思う。
この百竜夜行というシステム、美味しい思いをしたければ、
「とにかくどんな手段を使っても全部倒せば良いんだろう!?」じゃないよな、ってw

全員が各々の判断で自由に動いても、「百竜夜行クエスト」そのものはクリア可能だ。
でも、それだとSSランクゲットにとっては「成功確度が下がる」か「無駄な動きが増える」なぁと
周回してみて思った!w

まぁ、今度私が、人間として最低限の文化的な呼吸が出来るくらい喘息の発作が収まったら、
生放送でも一緒にやろうな!

最後にモンスターの寝顔を見て癒やされてください。(暴論)
IMG_8817IMG_8819