当ブログの記事を、全部が全部ではないけれども書籍化していくプロジェクトをたまにじわじわ進めていて、
ようやく6巻まで自分の手元には「紙の本」が揃いました。
FullSizeRenderIMG_8557IMG_8558



でも1〜6巻の6冊で、2004/11/18〜2008/02/29の期間しか掲載出来ていないので、
このペースだと現実になかなか追いつきそうにないです。
連載に追いついてしまいアニオリ回を挟むしか無いアニメと真逆を行っている……。

それで、この書籍化の作業ってそもそも「自分のため」なんですけど、買いたいという人にも紙で持っていてもらおうと
1巻は80冊くらい刷ったりもしたんですよ。
それだけの数を1回で発注すると、1部あたりの原価も下がるのですが、それでもサイズとページ数の関係で
売値が4000円でしたね、1巻。
これはもうしょうがない……。

で、そんなに全巻買う人ばかりでもないので、2巻以降じわじわ印刷部数減らして来てまして、
そうすると1冊あたりの原価は上がっていくので、ページ数が減ったのに売値を下げられない……
という状態になってきてましたねぇ。
それで、電子書籍版(EPUB形式)をBOOTHで「1ページ1円」の値段にて発売してみることにしました。
「紙の本」と比べると安いっすね!
なんせ、製造原価が存在しないし、このブログの記事の大半をモバイル端末で読める形式に直した
というだけのデータなので1ページ1円で「モバイルで読みやすくする権利」を売るようなもんですな。

ショップページはこちらです。
(V)・∀・(V) Apocalypse on BOOTH
「1ページ1円よりは高く買ってやってもいい」
という場合は、「BOOST」機能で好きな金額足してご購入頂けると私が喜びます。

記事タイトルにある「よくわかってない」というのは、
BOOTHで購入したEPUBデータをモバイル端末で読む方法
が現状私にはよくわからないので、「とりあえず販売してみたけど、やり方は説明できない」っていうw
私は、ブログ本編集・印刷発注のサイトの管理画面から「Kindleへ送る」を押すと、
自分では自分のKindleへ送れてしまうので解決なのですが、
BOOTHでEPUBデータ買った後どうすれば良いのか説明できないのですよね。
どうやらKindleって.epubファイル形式そのままは読ませてくれなくて、変換が要るとかいうのも見たけど……
KindleでEPUBを読む方法
というようなサイトもあるし。

Q:EPUB版の電子書籍はどのようにして読めばいいのでしょうか?
のページによれば、
iPad,iPhoneでは標準でインストールされているiBooksのほか,Apple StoreからEPUBリーダーのアプリをインストールして読むことができます。

Androidタブレットやスマートファンでは,Google Play ブックスにダウンロードしたEPUBファイルをアップロードしたり,AndroidマーケットなどからEPUBリーダーソフトをダウンロード・インストールしておくことで,EPUBコンテンツを読むことができます。

だそうなので、Kindleにこだわる必要はなさそうではありますが。


とりあえず、今は、「7巻(自分用)」の編集中です。
一応ブログ本って、「自分用」と「頒布用」で若干内容が異なるんですよ。
掲載記事に違いがあったり、「頒布用」にはまえがきとあとがきがちゃんとあったり。
更に、紙媒体は内表紙に毎回サイン入れてから発送しているし。
「自分用」を作ってから、更に記事を一部削って編注入れたりしたらそれが「頒布用」になります。
電書はもちろん、サイン入れようがないのでないですw

まぁ、そんなわけでですねぇ、自分で読み返すと
「ネットスラング古いな」
とか
「有名人の名前出すとき軒並み呼び捨てだな、”さん”を付けようぜ」
とか……
色々と「今だったら違うことば選ぶだろうな」っていう記事は、いくらでもありますけども、
承知の上で出来る限り「書いた当時のまま」書籍化していってます。
つまり、文章としては書き換えてないので読みにくいのも多々ありますが、
十何年も前の記事をこのブログ上で遡って読むよりは、媒体として書籍化後の方が読みやすくはあると思います。
電書は、カラーだし重さが一定(モバイル端末の重さとイコール)だし、拡大もしやすいし便利かもしれませんね。
在庫ナシとかにもならないので、私が商品を取り下げない限りはいつでも買えますw
逆に、十何年もかけて私が今の私になっていく過程を、文章から味わえる味わい深い本かもしれませんw