MHXは、3G(トライジー)に続いて、私が2作品目に遊んだモンハンシリーズということになりますが、
サントラを買ったのはこれが初めてです。
初めて買って聴いてみて「すげえ!」ってなったので、感想を書いておこうと思います。


(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)



私は元々、結構ゲームサントラを買う方です。
生まれて初めて買ったCDが、「ドラクエ5」のサントラでしたし。

そして、モンハンについては3Gのときはサントラを買わなかったのですが、Xでは何故欲しくなったかというと
・好きな新曲が多い
・エンディングを「歌って踊ってみた」したい(フル版とInst版と日本語版が収録されているのはサントラCDだけ!)
の2点が大きいですね。
ありきたりな言葉ですが、エンディングは不覚にも感動してしまいました。
Xって、あまり物語っぽい物語はなくて、これまでのモンハン過去作のモンスターやモブが大集合する「総集編」であり、
村でキークエをコツコツ進めていけば突然エンディングが流れるわけですけれども、
物語がないので感動は薄いかと予想していたのに、
「あーこれ、良いなぁ……癒やし……」
という感じの感動をしてしまい、意外でしたw

そんなエンディングを含めて、今回登場した新モンスターのBGMなどの「新曲」が色々じっくり聴きたくなりました。

音楽をよく聴いてみよう、と3DSにイヤホンを挿して遊ぶなどもしてみました。
イヤホンを接続せずにスピーカー出力で聴いている時に比べれば確かに、音がよく聴こえました。


けれど、CDが届いて、再生した瞬間に
「完全に別物だ!!」
と思いました。

すごく新鮮なんです。
3DSにイヤホンを挿すのより更にクリアで音圧があって、しかも、3DSからは聴こえてこない沢山の音が溢れてきました。
あーこんなに色彩豊かなアレンジだったんだなぁ……と鳥肌が立ちました。
オーケストラの楽団が、ステージ上で演奏している様が目に浮かぶような、
そして、生演奏でも聴いてみたくなるような、沢山の楽器の音に
「これは、何回も聴いて、その都度発見が出来るような音楽だ!」
と感じました。

ゲームの中で何度も繰り返し聴き(私のMHXプレイ時間は950時間を超え、カンストが近づいてきています)、
イヤホンでもゆっくり聴いてみたよく知っている曲なのに、何か全く違う新しいものを聴いているような気すらします。
でも、ゲーム内で流れているものと劇的に異なるアレンジというわけではなく、確実に同じ曲同じアレンジなのです。
なのに、私がゲーム中に聴いていた「音」は、CDで聴いているものと全く違うのです。
今度は、このCDをスピーカーで聴いたりイヤホンで聴いたりしなければいけない! と思っていますw

今日、携帯の機種変更をしにドコモショップに行ったのですが、店頭にディスプレイされているサンプルの画面で流れている
「従来のカメラで録った映像/この携帯で録った映像」
の比較を見た時に、
「従来〜」の方は「PS3くらいかな」で、「この携帯〜」は「ほぼ現実のような解像度」と感じたのですが、
まるでそういう違いを耳で感じているような。
音の解像度が全然違うのです。


私は、今回の「四天王」の曲は全部好きです。
四天王戦+エンディングで、計5曲は聴きたい!という曲があるのだから、買って損はないだろう
(しかもCDにしか入っていないバージョンがあるんだし)という判断で買いましたが、
その四天王戦の4曲も実際クエスト中に聴くのと「かっこよさ」の度合いが違います!!
なんということだ……。
こんなにゲーム実機から流れてくるのとCD音源とで、音の解像度が違うのでは、
「狩猟音楽集」も早く集めなければいけないじゃないか!
何しろ、Xには過去作のモンスターも当時のBGMつきで多数登場するため、
私はXを通じて知った過去作のモンスターと曲が沢山あり、その中にもお気に入りを結構見つけてしまっているからです。
そしてそういった過去作モンスターの曲は、「MHX」のサントラには収録されていない……!
それらを聴くには、狩猟音楽集を買うのが手っ取り早い!



まぁ、1〜4を全部買うと、被って収録されているものも結構出てきてしまうみたいだけど。
それが嫌なら、MP3DL購入あるので単曲でちまちま買うのがいいかも? それはそれで面倒くさいけどww
私は、MHXサントラのクオリティに感銘を受けて、
「いつか狩猟音楽集も集めたいな」
だったのが、
「早く買い集めたいな!」
になったので、特に好きなオオナズチの曲だけは先程単曲購入しましたw



元々ゲーム内で「好きだな」と思っていた、四天王戦+エンディング、そしてとても癒やされるベルナ村のBGMなどは、
もう「好き」な前提で聴いた上で
「ゲーム内で聴くより更によくて、もっと好きになった!」
という感じだったのですけれども、この「音の解像度差」により、そこまで意識していなかった曲も、
「あ、これ実は好きかも……」
となってきました……。
元々「ちょっといいなぁ〜」と思っていた闘技場BGM「凛然なる勇姿」も、ゲーム内で聴くよりずっと
フラメンコ感が強まっていてグッと来ました。
「あ〜これこんなにフラメンコしてたんだ〜」
って。

ラスボス「オストガロア(上位)」の第2形態から流れる「奈落の妖星」も、
「うわーー! この交響楽、生演奏で聴きてぇ〜〜!!!」
ってなった曲のひとつです。
ブラスが「パパーン!」みたいなパートと、ストリングスが「ちゃ〜〜ら〜〜」っていうパートと、
パイプオルガンが「びょーーーー」っていうパートそれぞれあって、めちゃくちゃカッコイイ……。
あぁ、生で聴きたいこれ……。


パーカッションは、ドスマッカオの曲が断然面白いですねー!
パーカッションがメインなレベル!

こういうことって、別にゲーム内で聴いていても同じことはもちろん思うんですけど、CD音源で聴いたら、
自分は知らないうちにモヤの中に居たことに気づき、そしてそれが突然晴れたようにくっきり聴こえて、
意識もくっきりして、これのこういう所が良い! という気持ちが明確になりました。


MHXのプレイヤーさんで、Xの新曲で好きっていう曲が5曲もあれば、私のように買ってしまって損はないのでは!?
と思うのですが、「ゲームのサントラ」ということを抜きにしても聴き応えのあるインストアルバムだなぁと思いました。
ゲームサントラって、ゲームをやってもいないのに買う人ってあまりいないとは思うのですが、
弦楽器とか管楽器とかのインストが好きなら聴いて欲しいです。
つまりゲーム音楽にもチップチューンとかシンセメインのものとか色々ありますけど、
モンハンは交響楽なんですよ。
なので、そっちの畑の人は、ゲームをやっていなくても音楽そのものだけでも結構楽しめる方向性かも!? と思います。
モンハンサントラは、狩猟音楽集と合わせるとかなりの曲数がありますが、
戦闘音楽がものすごく「作業用BGM」にも適してるので、私はこれからじわじわ狩猟音楽集を集めていこうと思っていますw