あれから1週間。

左上の親知らずをとりあえず抜き終わったので、痛みや出血が収まるのを待っていたのだが、
うまい具合に落ち着いてきたので、例の隠れ家的歯医者で2本目を抜いた。

(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)


帰宅したので早速記事にします。
すげえ、下ってホントに上より難しくて痛いんだ!!! と、感動中ww



前回抜いた左上は、「歯がちゃんと露出していること」「上の歯であること」の2点がそろっていたおかげで、
1分ほどでサクっと抜けたし、予後もかなり良かった。
痛み止めは、麻酔が切れかけてきた時に1回飲んで、そのまま寝て起きたら、違和感が残る程度で痛みはもうなくなっていたので
痛み止めが1回分余ったほどだ。

しかし、左下の方は色々事情が異なる。
まず、ただでさえ人間の下の歯というのは、上に比べてがっちり骨で固定される感じになっているらしく、
上に比べて抜きにくいそうだ。
固定している方の骨を切開で露出させて若干削らないと、歯が取れないパターンもあるらしい。
でもそれは「一番大変なパターン」で、私のはそこまでではなかったのだからまだマシなのだと思うw

それから、歯の「露出度」も100%ではなく、半分以上が歯茎に埋まっていたので、抜歯用ペンチみたいなので歯をつかむ前に、
被さっている歯茎をハサミでチョキンチョキンしないといけない。

麻酔の注射は、前回のように、数回チクチク刺すのだけど、効き目が出始めるのに時間がかからないので、
4回目の「チク」のときにはもう感覚麻痺が始まっている。
あと、今回は下の歯茎なので、前回よりも大胆に舌が痺れていくww

注射が終わると一回口を濯ぐ。
椅子が再度倒されて、ハサミで歯茎をチョキンされた。
と、文章に起こすととてもおぞましいことのように感じるけれど、麻酔がかかっていて何も感じないので、
ハサミの「チョキン」が聞こえるだけで、痛みは一切ナシだから、現場ではあまりおぞましくないw

問題は、歯がしっかり顎に固定されているため、「抜く」作業の方が前回の3倍ほど時間かかったことかな。
とはいえ、前回は1分、今回は3分という感じなので、これでも十分早い方であるw
もっと困難な抜歯の場合は、更に工程が増えて時間もかかるはず。
左顎は麻酔が効いているからいいのだけど、先生が歯を抜くための力を込めると、右顎が痛かったww
私が口を閉じる方向でかなり力を入れていないと、顎がはずれるんじゃないかと思った!ww

でも、無事に抜糸終了。
歯茎の切開も、場合によっては縫合があるのだけど、私の場合はそんなにいっぱい切ってないから終わりということで
痛み止めをもらって帰宅した。
前回2回分だった痛み止めも、今回は3回分出た。
(前回の分が1回分余っていると言ったら3回分出たので、もし手持ちがなければ4回分処方ということのようだ)

前回は、抜歯直後〜麻酔が切れてくるまでの間、痛みはほぼ皆無と言って良いくらいだったのだが、
今日は抜歯直後の口を濯ぐ段階で既に水が染みて、麻酔が切れていないのに帰り道は左顎付近に鈍痛が走っているので、
麻酔が切れたらさぞかし痛くなると思われる。
ということで、先んじて痛み止めを飲んでおいたw
前回は、「麻酔切れた? え、まだ? いつ切れたの?」ってくらい平気だったけどなぁ。
これが、上下の差か…。格差社会だな……。

あと、相変わらず、出血のせいで血痰が絡んで喉がいがらっぽいぜ…!
舌も麻痺してるから、呂律が回らぬぇ〜〜!!
鏡で口の中を見た場合に、上に比べてよく見えるから「穴が!!!」ってなるし、
下の歯は色々と上を超越しているな! 下克上か!!

ただ、今感じている顎の痛みは、抜歯を覚悟するに至った2週間前の痛みと同等なので、
「抜かない限りは不定期にこの痛みが発生する上、回を重ねるごとに威力も増す」ことを考えると、
「これが最後の痛みだ」と思える分、かなり救いがある。
痛いけど、これをガマンすれば終わりというスッキリ感!!
そう思えるから抜歯を決意したわけだしねw

それからもうひとつ。
前回、上の親知らずを抜いた後、痛みよりも気になったことは、
「親知らずよりも手前の歯が、親知らずからの圧迫より解放されて、じわじわ後退していってる感」で、
つまりゆるやかに、歯並びが変わっていってると思う。
食事をしてるときに、歯が小さくギシギシ言いながら移動している感じがある。
抜いた場所より、移動していってる歯の方の違和感・軽い痛みの方が気になるレベルなのだ。
元々上下の犬歯が八重歯で、口の中を噛んで傷が口内炎に進化……というのを幾度も繰り返してきた身としては、
少しずつでも犬歯が内側に収まってくれると口内炎が減って助かる!
ということは、上に輪をかけて犬歯が外側に出ていて、こちらも口内炎の原因となっている下の歯も、
親知らずの圧迫から逃れて、少し歯並びに余裕が出て、色々改善するかもしれない。
それに、八重歯周辺は歯磨きもしにくいので、歯茎が弱りやすいから、本当に困る。何もいいことはない。
そのあたりも、がっちり矯正っていうんじゃなく、親知らずを抜いたことで、少しでも改善されるなら
ナイス副作用だな!



抜歯後のお供。
麻酔が切れる前に飲んだら、舌が麻痺ってるせいで無味だったw