訓練所のモンスター制覇のための作業をちょっと配信しました。(USTREAMのみ 録画視聴は2015/11/23くらいまで可能)





(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)


前回の記事のあと、「謳う丘」の収録に入ってしまって、FF10は完全ノータッチだったので、
今日からはFF10職人に変身よ!!!ww

さて、現在の問題は「いかにアイアンクラッドをさっさと倒すか」になりました。
なにしろ、必要なHPスフィアの数が尋常じゃないので…
たとえば255でカンストするパラメータ用のスフィアなら、大体60個もあればいいんですよ。1個で4上がるので。
つまり、毎回オーバーキルで倒せれば、30回ほど倒せば集まるわけですね。
(時々ダークマターがドロップしちゃうけど)
でも、HPは、カンストが99999で、1つのHPスフィアで300しかあがらない…。
そして現在のHPは7万弱だから、ここからまだ2万上げなければいけないし、2万ってことはHPスフィア70個…。
アイアンクラッドをあと35回も倒さないといけないのか……(絶望)
まぁ、これまでにHP6万上げたことを考えると、終わりが見えてきたというふうにも考えられるかw

それで、私は全然調べたことがなかったので知らなかったのですが、効率を上げるのには
「オーバードライブタイプ」が大事みたいで、アイアンクラッド戦なら「華麗」があると良さそう。

そこで、ミヘン街道に移動して、「炎吸収」の防具を保険的に装備した上で、ボム3体という敵パーティと対峙する。
敵にはヘイスガ、味方にはスロウガを掛けて、あとはずっと△ボタンを押し続けるだけ。
しかも「スロウ」がかかっているせいで、「華麗」を覚える前に「苦闘」も覚えてくれますね。そっちは使わないODタイプだけどね!w

それを、22時12分に開始!!
ミヘン街道についてから、30分くらいウロウロしてようやく「ボム3体」に会ったんだけど、それが22時12分。
でも、やってみて思ったけど、
「魔法攻撃をしてこないモンスター4体」
っていう敵パーティの方が効率良さそう。
それってナギ平原にいるよね……みたいなw
まぁいいや、とりあえず以下のような感じで、「華麗」を全員に覚えさせました。


22:12 開始

22:22 ワッカ苦闘
22:24 ユウナ苦闘
22:32 アーロン苦闘
22:45 ユウナ華麗 → リュックに交代
22:47 ワッカ華麗 → キマリ

キマリがカウンターあててやりなおし

22:55 再開
23:03 キマリ苦闘
23:05 アーロン華麗 →ルールー
23:10 リュック苦闘
23:14 キマリ華麗 → スロウ
23:19 ルールー苦闘
23:23 ティーダ苦闘
23:32 ルールー華麗
23:35 リュック華麗
23:37 ティーダ華麗

終了!!!
思ったよりは早く終わったな。


そして実際にアイアンクラッドと戦ってみたら、確かに「華麗」を使わないのよりは断然楽でしたねえ。
「対峙」だとトリプルドライブつけてあってもやっぱり遅いわ…。
あと、リュックのオーバードライブゲージをいち早く貯めて、「調合」で「徹甲手榴弾」するのが大前提かと思ったんだけど、
「特殊アイテム」に「徹甲手榴弾」を発見したので、別にそれを「使う」すればよいということに気づいたww
だからそれを所持している限りにおいては、リュックに必ずしも「調合」させる必要はない。
(あと、徹甲手榴弾による「アーマーブレイク」も、地域制覇と種族制覇のモンスターには効くが、
 訓練所オリジナルモンスター相手には、ついに無効となるという厳しさww)
ちなみにアイテムとしての「徹甲手榴弾」は、アルベドの機械的な敵の、ちょっと大きめのやつから
「レアアイテムのみ」で盗んで集める必要があるから、それはそれで面倒。
「わいろ」では入手できない、且つ訓練所で戦えない相手という点で。
うちはいつの間にか70個も集まってたけどw
多分、ガガゼト山で、「レアアイテムのみ」状態のキマリに盗ませまくったからだと思う。


次に、「運スフィア」と「ラッキースフィア」も集めないといけないので、それぞれをドロップするモンスター
「ヒュージスフィア」と「アースイーター」を「いかにさっさと倒すか」も検討してみましたぞ!

ヒュージスフィアは、物理攻撃(無属性)のカウンターでアルテマしてくるけど、これのダメージは3桁だからおそるるにたりん。
しかし、オーバードライブ攻撃をすると、「アクアプレス」という物理カウンターをしてくる。
こっちのダメージは、対策ナシだと5万くらいになるので全滅の危機が隣りあわせなのだ。

まず「アクアプレス」のダメージを減らすために、戦闘開始直後に全員「プロテス」。
(さらに、タイミングが合えば「アクアプレス」をしてきそうな相手の行動直前には△ボタンで「防御」すればダメージは2万を切るようだった)

そして、徹甲手榴弾を使わなくても、アタックリールのダメージは毎回98000〜99999になるっぽいので、
極力貯まったゲージをすぐにワッカに「たくす」。
ゲージは「憤怒」で貯めたりするのが早そう。「アクアプレス」のダメージが大きいので。
HPは150万なので、アタックリールを「2HIT」×3でちゃんと揃えた上で、アルテマを喰らう前提で通常攻撃4発当てればオーバーキルで倒せる感じ。
まぁ、これもうまくタイミングが合えば、アタックリール×2回で確実に仕留められるけど。


「アースイーター」のほうは、オーバードライブ攻撃をしても転ばず、必ず「メガトンパンチ」を返してくる上、
「徹甲手榴弾が効かない”かたい”属性」を持っているので、アタックリールを2HIT×3揃えても、
33000×12回くらいのダメージ。
だからアタックリールでも、3回当てないといけない。

この場合は、オーバードライブタイプを「孤高」にして、ワッカ以外のバトルメンバーを退避させてしまうのが早いっぽい。
そこで、ナギ平原の谷底の洞窟まで行って、今度は「マジックポッド」相手に、「孤高」を覚えてきたけれど、
「華麗」を覚えるのより断然早かった!

そして、このオーバードライブタイプは「神竜」と戦うときにも同じように役立つので、
「HP限界突破」防具を作るために必要な「未知への翼」も今までより早く集められるかもしれない…!!

「すべてを超えし者」を倒せば、「HP限界突破」のついた防具をドロップするのだけど、
今限界突破していない4人分の、「HP限界突破+空きスロ3」を、どのくらいの時間で集められるかわからないから
「未知への翼」で改造する必要が出てくる可能性も考慮すると、「孤高」はあって損はないかも。
すぐ覚えるし。


明日は、これの続きをやろうと思います。
(それに加えて外付けHDDのデータ焼きだしをします。動画編集に使ってるドライブなので、空きがなくて困る)