ここでは、訓練所で繰り返し戦う必要のあるモンスターについて、戦う目的と攻略法をまとめます。

前提:繰り返し同じ行動をするので、○ボタン連打できるようオプションでカーソル位置は「記憶」にしておく。
    防具には全員「オートヘイスト」をつけるか、戦闘開始時にすぐさまヘイスガをかけるかする。
    オートヘイストは「チョコボの羽80個」。
    オメガ遺跡のメチーエに36万のわいろで60個入手+サボテンダーに「レアアイテムのみ」で盗むorぶんどるをして集める。
    わいろ用のギル稼ぎについても、記事内に記載。


(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)


ワッカとティーダのオーバードライブゲージをそのバトル内で早く貯める方法。
タイプを「対峙」にしてクイックトリック。
他メンバー(MP消費1)から「たくす」。


<地域制覇>

■闘鬼
目的:各種消費スフィアか、回復の泉(オートリジェネ用)をドロップさせる

メンバーはワッカ+ティーダ+「オートフェニックス」係。
開始早々アイテム「力の記憶」などを使い、欲しいスフィアを落とす状態にする。
あとはクイックトリックか、オーバードライブで殴るだけ。
アタックリール、チャージ&アサルト、エース・オブ・ザ・ブリッツ。
オートフェニックスで生き返るのでカウンターで食らったダメージは無視する。
HPが3万、物理防御が200くらいあればプロテスも不要で、やられるまえにやれるので、
オートフェニックス係不在にして同様のステータスの3人でクイックトリックし続けても良いが、
「HP限界突破」防具を3つ揃えるというのが至難。
3人分集まるまでは上記のようになる。


■ドン・トンベリ
目的:レベリングする

「AP3倍+ドライブをAPに」の武器を用意する。この武器に「ダメージ限界突破」をつけてはいけない
ひとりは「オートフェニックス」係とし、そのキャラクターには攻撃はさせない
攻撃をする二人のオーバードライブタイプを「修行」に、「オートフェニックス」係は「憤怒」とする。
更に攻撃係にはオートヘイストをつけておく。
どのバトルでもそうだが、この戦闘では、特に「トンベリに4ターン回すまでのこちらの手数」が重要なので、必ずヘイストをかける必要があるのだ。
そして、ヘイスガは死んだら解除なので、「オートヘイスト」アビリティである必要がある。

攻撃係は、通常攻撃をする。(カウンターの「みんなのうらみ」で毎ターン必ず死ぬので、クイックトリックは無意味)
みんなのうらみで死ぬと、オートフェニックス係が生き返らせてくれるので、これを繰り返す。
トンベリは4ターンかけて近づいてきて、そのあとは「ほうちょう」で攻撃してくるが、
カウンターの「みんなのうらみ」をしなくなるので、ここで七曜の武器に持ち替えて、99999ダメージ×3回で戦闘終了。
スフィアレベルは99になる。



<種族制覇>

■一つ目
目的:AP2倍/AP3倍の武器を入手する

ディレイバスターが効くが、攻撃力と命中の高いメンバーが2回殴ったら死ぬので
ある程度キャラが育っているなら(確実に毎ターン99999当てられるなら)わざわざ遅らせるまでもない。
敵が先制攻撃してきた場合、アーロンをメンバーに入れて「さきがけディレイバスター」は意味があるかも。
ドロップした「AP3倍」武器には「ドライブをAPに」をつけてドン・トンベリ戦に持ち込む。
しかしドン・トンベリでレベルアップして命中や攻撃力を上げておかないと楽には倒せないので、
訓練所スタート時はこの2体の間を行ったり来たりになった。
つまり、「一つ目を倒すために一つ目を倒す」状態のうちは、効率よく武器を集めることはできない。
水中メンバー3人をトンベリ戦でまっさきにスフィア盤一周させて、そのあとで他の4人分のAP3倍武器ドロップを狙う。
AP3倍武器が不要になったあとは、「短時間(2ターン)で高額武器を入手して売る」ギル稼ぎのモンスターの一種となる。


■ネムリダケ
目的:テレポスフィア(武器改造用)をドロップさせてギルを稼ぐ

1戦あたり20秒。
アーロンに「正宗」を装備させるだけ。
毎バトル、テレポスフィアかダークマターが2個入手できる。
テレポスフィアはギル稼ぎに使うので、カンストするまで繰り返し戦って集める。
0個スタートでカンストまでの所要時間20分弱。
ダメージ限界突破に必要な「ダークマター60個」もテレポスフィアカンストを数回やると集まる。

テレポスフィアがカンストしたらいよいよギル稼ぎの作業。
まずビサイドのショップで手持ちの不要武器をすべて売って場所を空ける。
武器を買う。(どれでもよいのでカンストまで買う)
これに空きスロットが3つあるので、テレポスフィアで回避カウンターをつける。
(バロックソードならアヴェンジャーになる)
作った武器をすべて売る。
これで、わいろもようじんぼうも使い放題!!



■ジャンボプリン
目的:魔力スフィアをドロップさせる

物理攻撃は「GUARD」されていて、こちらの攻撃力が仮にカンスト(255)していようとダメージ0なので、
連続魔法アルテマを使う。
魔力200以上のルールー・ユウナと誰かひとりをバトルメンバーに入れるが、
最後のひとりは、自作した「ダメージ限界突破+魔法ブースター+MP消費1」武器を持たせる。(うちではキマリ)
ユウナとルールーには七曜の武器を持たせるが、ニルヴァーナには魔法ブースターがないので、
ユウナ用にも上記と同じアビリティの武器を自作するのもアリ。
ダークマターが足りない? ネムリダケの項目を参照。
魔法ブースターがない場合、魔力255でも1回のアルテマで7万ダメージ。
これでは、1回のバトルに要する時間が長くなる+オーバーキルできないというデメリットがあるので、
魔法ブースターはここでは特に重要なアビリティである。
アルテマの消費MPは1回90なので、MP消費1も重要!
ジャンボプリンのすばやさ値は低いので、相手のターンは1度も回ってこないか、
仮に回ってきてアルテマされても、魔法防御が200以上あれば死ぬことはない。(防具にHP限界突破やオートリジェネなしでも死なない)


■アイアンクラッド
目的:HPスフィアをドロップさせる

回避か運を180以上にしたルールー・ユウナ+誰か。
武器は全員七曜で、ひたすらクイックトリック
相手のカウンターは当たらないし、ターンが回ってくる前に終わることが多い。
万が一剛剣法・武神斬でMP0にされてしまった場合は、通常攻撃を続けるか、召喚獣を呼ぶ。

ユウナとルールーを入れる理由は七曜武器に「MP消費1」がついているため、
クイックトリックの消費MPが痛くないからと、防御無視の物理ダメージを与えるから。
尚、「ダメージ限界突破+貫通+MP消費1」という武器を自作して、攻撃力200以上のキャラに装備させても、
装甲を貫けない。アーマーブレイクも無効。物理防御220は伊達じゃない。
よってルールー・ユウナ以外の一人は、誰でもいいので七曜の武器、という選択になる。
MPがなくなったらそのメンバーだけを交代して、MP回復が必要になるまで繰り返しバトル。
回復は中部のセーブスフィアに戻る。
(これのためにひとり「MP消費1ではないがMP限界突破している」係を作ってもよいかも)

エーテル、万能薬、気つけ薬が安定供給できれば、リュックを入れて「調合」すると
エーテル+万能薬=フリーダムE(味方一人のMP消費を0に。ただし対象はランダムで選ばれるため選べない)
エーテル+気つけ薬=フリーダムEX(味方全員のMP消費を0に)
となり、セーブスフィアに当面戻らずに済む。
エーテルはベヒーモス@ガガゼト山から「ぬすむ」「ぶんどる」で入手。
(「レアアイテム」のみをつけると「魔力の薬」になってしまい入手できなくなるので、
つけずにさきがけ「ぶんどる」とかでOK)

アイアンクラッドはHPが多く、毎ターン99999のダメージを与えてもかなりの時間がかかる上、
必要になるHPスフィアの数も多いので、HP5万を目指すにはここで丸1日以上過ごすことになるようだ。
だからこそ上記の通り、「MP回復のためにセーブスフィアに触れに行く」回数を減らしたくなるのも致し方なし。


<オリジナルモンスター>

神龍
目的:未知への翼(HP限界突破用)をドロップさせる

攻略方法:ワッカかティーダを残して、あとの二人は即離脱してタイマン勝負に持ち込む。
(ターンに余裕があれば「たくす」してから「逃げる」)
(防具は「HP限界突破+オートヘイスト+オートリジェネ+オートST回復薬」、武器は七曜)
1ターン目でプロテス。以後、通常攻撃。ゲージが貯まればオーバードライブ。
魔法防御が高ければ「シャイニング」のダメージも大したことはないのでクイックトリックの必要もない。
クイックトリックだろうが通常攻撃だろうが必ずカウンターは来るし、
何度も繰り返し戦う上では、クイックトリックの消費MP12というのは結構大きいのだ。
すばやさ170+ヘイストならば、自分3〜4回の間に敵のターン1回というペースは変わらない。
HPは35000、物理防御200+プロテス、魔法防御200くらいあれば、途中回復することもなく終わる。
オーバードライブが入れば更に時間短縮可。
チャージ&アサルトか、エース・オブ・ザ・ブリッツ、ワッカならアタックリール。
ステータスをそこまで上げていない場合、シャイニングのダメージをシェルで軽減すると、
回復魔法の効果も半減するので考えものだ。