いつものやつ、注文しました!




(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)


夏は、タイミングが悪く野菜をすぐに開封・冷蔵できなかった場合、その日のうちに傷んでしまうこともあるので、
秋〜春によく注文することにしている、この野菜セット。
夏の新鮮野菜ももちろん好きだけどね! 秋の野菜もいいよ!! 
熊本特産のさつまいも、かぼちゃなんかは、このセットで届くと、いつもおいしく頂いています。
同梱で追加注文することもあります。

ただ、今回は、台風直撃後だったので、いつもより若干個数が減ったりしているようですよ。
野菜・果物、全体的に高騰中で……。
それでも、ちゃんとおまけで梨(秋月)がふたつ、入ってきました!
色々な野菜が宅配で届くのは便利だし、熊本野菜は美味しいので、やっぱり頼んでしまいます!

それから、今までに届いたことのない「新手」としては、今回、マッシュルームが居ました!w
白い丸いキノコ!
今日は、カレーと野菜鍋と大根の煮付けを同時に作ることにしたので、マッシュルームはカレーの方に、
ぶなしめじは鍋の方に入れました。
あと、カレーには、ナスやトマトも入ってます!
肉が終わってしまったので、肉も注文しないと……。冷凍鶏肉を……。




放送中、誰かが、週刊少年ジャンプ読むの?的な質問コメを書いていたので、
私がジャンプを毎週リアルタイムに読んでいた時代の証拠を、文房具の引き出しから引っ張り出してきて見せたりする、
「引き出し開封枠」になりました。




他にも、「ちゃお」の1994年6月号の付録だとか(「みかん絵日記」の付録だった)
セーラームーン、レイアースなど、「なかよし」の付録なんかも出てきたし、
引き出しの一番下から2層目は、1996〜1999年くらいに地方の同人誌即売会で買った
エヴァやらFF6やらの「同人レターセット」が沢山出てきて、
「この同人作家さんは、今頃何をしてるんだろう……」
と思いを馳せたりしましたw

そして引き出しの最下層は、「下敷き」ゾーンで、「ああっ女神さま」や、森くんが居たころのSMAPの下敷きなどが
ぼろぼろ出てきましたww

そのあと、音楽雑誌の棚から、「アリーナ37℃」だとか、「SHOXX」だとか「Vicious」だとか「PATIPATI」なんかを出してきて
「うおおおお1996年の音楽雑誌やああああ」
ってなりましたw
大体MALICE MIZERか、SHAZNA、LUNA SEAを目当てに買ったので、そのあたりのアーティストが表紙だったり、
ロングインタビューを組まれていたり、ポスターの付録がついていたりしましたw
そしてその付録が後生大事に挟んでありましたww


さらに、その本棚から、映画のパンフレットを出してきてみました。
「映画パンフ開封枠」です。
映画館で映画を見たら、結構パンフを買う習慣があって、必ずではないんですけどね…
琴線に触れた!という映画はパンフを買って帰ることにしているんですよ。
ジャンプのシールを引き出しから出してきたときに、パイレーツオブカリビアンの
「呪われた海賊のコインペンダント」が出てきて、
「これ映画館で買ったグッズだったような……」
と思い、パンフも漁ったらやっぱりありました!
そういえば、ジョニーデップの映画という意味では、他にも「チャーリーとチョコレート工場」のパンフもあったし、
実家には「シザーハンズ」のパンフがあるはずです。
多分、実家にある一番古い映画パンフは「子猫物語」ですね。
割りと最近テレビで放映されたらしくて、ツイッターかどこかでタイトルを見かけたばかりですが
私にとっては、生まれて初めて見に行った「アニメ映画」じゃない映画だった気がします。
その映画が1986年製作ですから、そこから結構色々映画を見に行ってパンフを買っていたことを考えると、
実家には、今渡しのアパートにあるのより更に多くの映画パンフが保管されている気がします。
あとで探してみようかな。

そんな感じで、色々開封していたらいつの間にか6時間が経過していてびっくりしました……。

映画が見たくなったので、その後は、作業をしながらハリポッターを1作目から見ました。
まぁ、2作目まで見てさすがにその後は寝ましたがw




結構、洋画を見ないという視聴者が多くて、そういうもんなのかー!と思いました。
映画って見る人は見るけど、見ない人は全然見ないですよね。
まぁなんでもそうなのかな……。アニメとか音楽とかの娯楽も、同じかw
映画の中でも、邦画しか見ない、洋画しか見ない、ミュージカルは受け付けない、とか色々ありますしね。
なんにせよ、パンフレットを見せながら、いくつかの「心に残る映画」について語ってたんですけど、
このブログでは、「映画」のカテゴリに色々レビューがあるのでそっちも見てみて下さい。
パンフを買わなかった映画もレビューは書いていたりしますし。
逆に、ブログを始める前の映画になると、パンフを持っていてもレビューがないパターンありますけどね。

RPGのようにストーリーのあるゲームとかもそうなんですが、映画も見たあとに同じ作品を見た人同士で
感想を話したりするのは好きなので、(今FF10を配信でプレイしているのもそれが動機だし)
映画についても色々話したいです。
ただ、映画の場合は、生放送で「実況配信」はできないので、視聴者さん各自で「宿題」として見てもらったりしないと話せないですねw
ゲームは生放送内でやった上で、
「というわけでこのゲームについて語ろうぜ!」
ってなるけれど…。


個人的に、
「ハリーポッターってあんなに話題作なのに、見てない人多いな」
という印象もあって、小説を途中まで読んだ、とか、映画を2まで見た、とかそういう状態だと、特にもったいないと感じます。
例えば、もともと小説を読む習慣がない、映画を見ないという人なら、文化圏が違うんだなと思うんですが、
なまじ途中まで話を知ってしまっているなら、ぜひ最後まで見て欲しいと思うのがハリーポッターシリーズなんですよね。
私自身、映画館では1〜3を見て、そのあとはDVDだったんですけど、
「映画館で全部見れば良かったぁああ(´;ω;`)」
ってなりましたし、小説も実家に全巻揃ってるらしいので、改めて読みなおそうかと思っているくらいです。
映画では削られた部分をちゃんと原作で補完したいという。
タイトルや、簡単な設定くらいは知ってるけど、全く見ていないという人も結構いたので、
まとまった時間を作って、映画のDVDをまとめて借りてきたりして、見て欲しいですわ〜。

スターウォーズについてもちょっと話しましたけど、新たな3部作を作ってるらしいですし、
今のうちにエピソード1〜6を見たほうがいいですよ!!
そしたら、エピソード7を映画館に見に行けるし!!
ちなみに放送内でも話しましたが、スターウォーズを見るなら、

4→5→6→1→2→3→4→5→6

の順番で見るのがおすすめです!!


なぜかというと、物語の時系列的には1→2→3→4→5→6ではありますが、映画の制作順は、
4→5→6→1→2→3だからです。
そして、4〜6が3部作、1〜3が3部作となっており、簡単にいうと、1〜3っていうのは、
4〜6のプロローグにあたる「エピソード・ゼロ」みたいな「過去編」みたいな、そういうのなので、
やっぱりそこは作られた順に見て欲しいです。
映像((VFXやCG技術)も、4→5→6→1→2→3の順で現代に近づいてくるので、
いきなり1→2→3→4→5→6の順で見た場合の3→4の落差とかは感じないで済むと思いますし。
FF10で喩えるならば、4〜6がティーダ編で、1〜3はジェクト編て感じなのですよ。
しかも、4〜6でまだ明かされていなかったことが、1〜3で明らかになったりするので、
上記の順番で見て欲しいという感じです。

そして、スターウォーズシリーズの場合は、特に4〜5において、文字で
「一方誰々はこうだった」
みたいな説明を入れて映像は端折るパートなども多いので、その展開についていけない可能性があります。
登場人物や地域などの固有名詞も多くて、関係を理解する前に展開が先いってしまう、みたいな。
今はこういう風に端折る映画は見かけないので、最近の映画だけ見慣れているという人には余計
「???」だと思うんですよね。
なので、4→5→6→1→2→3と見た後に、再度時系列に沿う形で4→5→6を見直すと、
最初置いていかれた感じだった部分の理解が深まると思います。
そういったわけで、最初4〜6を見て、なんかよくわからないところがあったな、と思っても、
とりあえずは通して、4→5→6→1→2→3まで見て、そのあとに4に戻れば大丈夫!と思います。

6月にちょうど、エピソード1〜6のHDリマスターが配信になったりしたので、iTunesなどで
購入して見ることなども可能ですしね。
たしかその時期にもブログで書いたと思いますが。
私もこのHDリマスターで見直したいんですよ、スターウォーズ…。
1本2000円なので、それぞれは高く感じないのですが、6本あるので、まとめて買うと12000円になってしまい、「うっ…」っていう状態ですw