一昨日の作業の続き。しかし…予定していなかったのに完成までやってしまった。




(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)


今回も表題の通り、例のワンパンマン静止画MADコンテスト用の動画を作る作業。
しかし、これも表題の通り、本来素材を用意するだけだったのが、気づいてみれば動画そのものがほぼ完成していた…!


一昨日の続きからなので、今日は17撃目から。
イメージに合うコマを切り取ったり、切り取ったコマの中の一部分をくりぬいて別レイヤーに分けておいて、
別途動かしたりするための編集をする。

でも、いざ作業を始めたら、漫画のコマから必要なカットを切り抜く作業より先に、
「むなげや」のロゴマークを、ベクトルデータで綺麗に書きなおす作業をしてしまっていた。
そしてこれが時間かかるw
あと、それ、割とどうでもいい素材ww
私の動画にとっては、重要なオチだけどもw

そのあと、一旦はカット切り抜き作業に戻ったものの、
「あ、そういえば、番組自体のロゴも必要だった」
と気づいた。
しかも、今回、公式から配布されているカラーイラストの中に、「ロゴ」はない……。

ということで、となジャンワンパンマンの、各話の最初と最後のページにあるロゴを横1920ピクセルくらいまで拡大。
さすがに元の解像度が低いので、引き伸ばした分、ガビガビになった。
むなげやよりこっちのほうが格段に時間かかると思うけど、これもトレスで作りなおすか……。

完成!!!


※「ワンパンマンのロゴ(元)」って書いちゃったけど「ワンパンマンのロゴ(左)」って書きたかった。

ちなみに、ツイッターにアップした時点で勝手に縮小かかるので、これも手元にあるのよりはサイズや画質が低い。
動画で使ったのはもっと大きいので、ちゃんと綺麗さ!
何を頑張ったって、「ワンパンマン」の緑→黄のグラデーション具合を同じにするところと、
その部分にかかってる横縞のテクスチャを自作するとこw
ふぉとしょに最初から入ってるテクスチャに、こういう単純な埃覆なかったので…。
テクスチャを自作するとこからやるとは自分でも思っていなかったよww
でもそのおかげでこの再現度ですよ!wwww
グラデーションも何回も調整して、最終的にはここまで同一に近づけた!!!


そして、ある程度カットを切り抜いたりしていくと、今度は、サイタマのマントを風になびかせたい部分が出てきたw
そこで、画像から一回サイタマを切り抜いて別レイヤーにした後、背景を書き足して補完。
サイタマのマントの動きが異なるレイヤーを4つ作り足してGIFアニメでテストしたら、それなりにアニメーションになった!
しかも、このアニメは、最終的に「提供」のバックに表示されるという「ちょい役」に落ち着いたw
かなり時間かけてドット打ったんだけどねwww
まぁ、時間をかけた素材ほど、ちょろっとしか使わないというのは結構あるな。
全体から見てどうでもよいところに力を注いで、まさかそこにそんなに時間をかけたとは思わせない感じにするのがいつものスタイル。
時間を掛けたからってその部分を多用すると、動画全体としてはバランス悪くなったりするもんね。
というか、ちょっとしか使わないところだから時間かけたくなるっていうの、あるんだよなあw
どうせちょっとしか使わないとわかってて、「よしここちゃんと精密につくろう」ってなっちゃう…。
だって、そこに対して
「ここ、こんなちっとばっかししか映らないくせに、一番こまけえ!!」
ってなるほうが面白いじゃん? 気づく人がいればね?w
ただ、むなげやロゴはともかく、番組ロゴはちゃんとしてた方が「本物っぽさ」は格段に上がるから、
そこをこだわるのは無駄な時間じゃないんだけどね!w


そんなこんなで、素材の切り出しを行っている内に、
「あの部分はこれをつかって、この部分はこれをこうして…」
という具体的な構想が脳内に浮かんできてしまったので、素材の切り出しが全部終わったところで、
試しにAVIUTLでの動画編集を始めてしまった。
いや、本当は、「音源のミックス」と「動画編集」をSHINDEHAIに頼むっていう予定になっていて
先方にもそう伝えてあったのよw
だから、私は編集用素材をSHINDEHAIに渡して動画は作ってもらおうとしていたわけなのだけど、
アニメーション用素材とかの動作確認とかをしたくて仕方なくなってしまったw
それに実際編集を始めたら、楽しいんだもん!ww
SHINDEHAIが「忙しくてすぐには動画編集の時間とれそうにない」って言ってたから、
私がやるってのはそういう点でもいいのかもしれんし。

何度も同じシーンを行ったり来たり、確認したりしなきゃいけないから、動画編集って時間がかかるだけじゃなくて、
完成までには自分の作品を見飽きてしまう、っていう難点があるんだけど、
徐々に、完成のイメージに近づいていく過程とか、面白いポイントを作って自分で笑ってるときとかは
「早く通して全体を見たいなーww」
ってなるし楽しいw
何度も見ている内に、新しいアイデアが湧いたり、よりよくなったりもするしね。
エンコード失敗になるのとか、何度も「エンコード→確認・修正→エンコード」を繰り返すのは、
内容に変化ないからつまんないけど。


結局、15時間半放送したあたりで、もう全体の枠組みも決まって、あとはエンコードをしながら最終調整をするだけになってしまった。
SHINDEHAIに素材投げて動画作ってもらう必要ないや!!www
音源だけ作ってもらってそれを受け取ったらエンコードしてうpやん!!

というわけで、このブログを書きながら動画の最終調整をしている間にはSHINDEHAI起きてくると思うから
音源くれ! って言ってみようっと!
思ったより早く投稿できちゃうかもしれないな!!