今日は2つまとめて1記事にします。




(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)


まず、「青空のナミダ」は、「改」です。
前回は2007/4/5に録ったようなので、ジャスト8年ですね!ww
8年かー… ちょっと8年前の音源聴いてみようかな。

まず、マイクがダイナミックだから高音の抜けがただでさえ悪いのに、ポップガード代わりにストッキングをマイクに巻いて
更には、ポップノイズを避けるためにマイクを口の前というより鼻の前に持つようにして唄っていたので、
すごく鼻声に聴こえるやつだこれ!!!
この時期の音源はこれが原因で、総じて鼻声になってて、動画のコメントにも
「鼻声」についてのものが多かった記憶がある!ww
蘇ってきたぞ、記憶が!!ww
でも、他の音源でもそうなんだけど、その当時のは、それはそれで「ここの表現、今回とは違うけどこれも良かったな」
っていうところがあるのが面白いと思う。
確実に、技術的には今のほうが数枚うわてなんだけども。音程とかも甘いし自分の意思でビブラートができない。
それにミックスの手法もだいぶ変わってるんだなあ。自分で変化にびっくりw これが8年という年月か。
でも、また8年経ったら変わるんだろうな。良い方へ。変わってると良いな。
今度生放送で皆にも聞かせてみよう。


(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)

ゲレンデ〜の方は、結構前から録りたかったやつ!
ゲッダン(promise)をやったときに、「ロマンスの神様」と一緒にシングル買って
「これらもあとでやろうーっと!」
って思ってたのw
でも、promise録ったのは2012年2月だから3年も積んだままにしてしまっていた!ww
ということで、そのうち「ロマンスの神様」も録ると思うよ! 生放送では時々唄うんだけどね。
ゲレンデ〜は生放送で全然唄わないで、いきなり録ったw
promiseは加速しながら唄ったけど、今回は結局加速はしませんでした!
加速しても別に面白くなかったので。
それより、promiseよりも高い音域を連続で使って、急激に下がったりと、幅広い音域を短時間の間に行ったり来たりするので
それだけで、結構発声の技術を要するし、トレーニングにもなるw
あと、広瀬さんが、
「”ちょっと太った?”なんて聞かないで」
のようなところで、おどけた唄い方をしてて、私も「声の表情」を大事にしたいって思ったので、そこらへんを意識して唄いました。
高音は、聴いてる人が苦しくならないように、というイメージ。
聴いてて気持ちいい発声を意識して。
それって、実際苦しく発声していれば、聴いている方も苦しいので、気持ち良く声を出さなきゃ聴いてて気持ち良い高音にはならないんですよね。
でも、その気持ち良く高音を出す、っていうのがコツが要るというね。
ライブとかで、客席の一番後ろの列にいる人に声を届けるときの感じというか、「一番響く笑い声」のときの発声というか。
だから合唱団みたいに笑顔で唄う必要があるし、腹式呼吸じゃないといけない。
いやーいい練習になった。
今後、生放送でも時々唄って、トレーニングしようww