緒形健三祭りの放送後半で、また新しいゲームを開発しました!


---------------------------

1ラウンド1回ずつ「ビンゴ」をやって、その獲得点数で対決するのが「アンケートビンゴ」ですよね。
今回考えたのは、「野球」です。
ビンゴの結果が、ヒットやセーフ・アウト判定、ホームランなどになります。

アウトがあまりにも少なすぎると、チームの攻撃・守備がチェンジされないまま、ずーっと同じチームが加点し続けてしまうリスクがあるので
ある程度はアウトが出やすい必要はあり、更に、「より野球らしく」するためには、ホームランばかり出るよりも、
ヒットで走者を出したりする方が面白いですよね。
とりあえず、ざっくりしたゲームのイメージは湧いているので、テストプレイをしながらゲームバランスを整えるいつもの作業ですw


まず、ビンゴの役と、対応する野球の「攻撃」組み合わせは以下の通り。

ペア:アウトポイント加算
リーチ:ヒットポイント加算
3ハード・4ハード:2塁打
5ハード以上:3塁打
ビンゴ:ホムーラン
0%マス:無条件アウト

例えば、
3h 1p 2r(3ハード、1ペア、2リーチ)という役だった場合、まず、ヒットに関しては、
より大きな役だけを見るので
3ハード=2塁打
ということになり、2リーチはその時点で破棄。
次にセーフ・アウト判定を行いますが、2塁打−1ということで、シングルヒット。

しかし、実際のプレイでは、3h 2pという役が多く、
「2塁打を打ったがアウトポイントを2引かれてアウト」
という展開が多すぎた気もするので、もう少しヒットが増えるゲームバランスを考えたいところ。


特に今日の放送では、視聴者数があまり多くなかったので、やたらビンゴが出て
アウトかホームランしかない、かなり大味な試合になってしまったww
とはいえ、普通のアンケートビンゴだったらすごい得点になるであろう「トリプルビンゴ」などのレア役も目撃することが出来たのは楽しかったw
7リーチとかあったし!
まぁアンケートビンゴ野球プレイ中は、トリプルビンゴが出ようともただのホームランだがw
走者が出てなければ、トリプルだろうが1点は1点さ!w
(ただし「バントホームラン」なども存在する)
もっとヒットがよく出るゲームバランスになれば、満塁ホームランとかも出て面白そうなんだけどね!

私は野球のことはよくはわからないので、グレイト炒飯とろげちをスカイプで呼んでみて、解説と監督をお願いしました。
二人は野球のルールを把握している。が、解説者が監督も兼ねるという謎の野球w

1回戦目はひとまずルールを固めるためにプレイ。
2回戦目は、レスアンカーで打者名を決めてからやってみたら、まぁだいたいそこが今日のピークって感じになった。

■ろげちームの打者
1.今仙(いません) >>2070
2.K輔(ksk) >>2100
3.加寝留三 駄亜須(カーネルサンダース) >>2120
4.ストロベリー=フィズ >>2150
5.ぱにかん >>2170
6.古鷹改二 >>2200
7.エリ=ザベス >>2240
8.経亞斗=利一(ペアトリーチ) >>2270
9.家走(ホームラン) >>2300


「8番打者のペアトリーチが、ベアトリーチェっぽい名前なのに「ペアとリーチ」なのが面白いね!
あとはビンゴとかホームランみたいな名前の打者も必要じゃないかな」

とか言ってたら、9番打者を決めるレスアンカー>>2300で「家走」ってコメが流れてきて

「なんて読むんだこれ?」
「家走 = ホーム ラン」
「なるほどwww」

ここの流れ素晴らしかったなw
結構レスアンカー企画は、コメントがいっぺんに流れてきて、ちゃんとそのコメ番を狙って打つの難しいのにw


■G炒飯チームの打者
1.御礼田(俺だ) >>2350
2.冷麺 >>2380
3.盛岡 >>2420
4.はまじ >>2450
5.シャイアン(合田) >>2500
6.弩奈留怒=幕奴奈留怒(ドナルド・マクドナルド) >>2525
7.ジャマイカからやってきた金剛型一番艦 >>2570
8.ハード >>2620
9.家帰(バックホーム) >>2650


「はまじ」が出たときに、炒飯が
「(ちびまる子ちゃんの)はまじよりは、ジャイアンとかに来て欲しいな」
と発言。

次の>>2500は、ジャイアンという意味で「郷田(ごうだ)」とタイプしたようだが、
急いでいたため変換が追いつかず「合田(ごうだ)」になった模様w
よって、あだ名は「シャイアン」に決定。

また、ろげチームの「カーネルサンダース」に対抗してか、「ドナルド・マクドナルド」がねじこまれたのも可笑しいww
8番打者の「ハード」は、「ペアトリーチ」に対応してるし、9番打者の「家帰(バックホーム)」も、
「家走(ホームラン)」に対応してるw
レスアンカーすらかなり訓練された視聴者たちで舌を巻くしかない。
これも、普段の「生歌に生弾幕を乗せる訓練」の賜物なんだろうかw
あれってレスアンカー狙うのと能力のベクトルが似ているような気もするし。


この、ろげちームVSG炒飯ちームの対決結果は、19点と17点の2点差でろげちームの勝利!
さっきも書いた通り、アウトとホームランだらけの大味な対決でしたね!!!w
もっとヒットが増えるようなゲームバランスに整えるか、視聴者の人数によって、
役を若干変えるかしないといけないね!
今日は0%マスが出やすかったからアウトだらけだったし、ビンゴもかなり多かったから…。


ちなみに、この記事のここまでの部分、わかりやすいように「アウト」と書いてきたけれど、
私のタイプミスにより、「アウチ」と呼ぶことになりました……。
「カード」をタイプミスして「ハード」が出来たのと全く同じ流れです……ぐぬぬ!

これはまた、視聴者が多そうな時間とかを狙って、再度バランス調整をしてみますかねー。

今回も、なんだかんだで大辞典に用語が増えてしまったな……。