冬コミで初頒布するアルバムと、特設サイトと、クロスフェード動画を、配信内で作っちゃうよ!
このようにして作るのだ!!


--------------------------

まず、今日は、ブログ本が届いたので、それにシリアルナンバーやサインを手書きで入れる、「サイン会」配信からスタートしましたよ!
2巻は、第2版なので、シリアルは入れませんが、サインは全部入れておきました!
今回の新刊は第3巻で、これは、初版ですからシリアルナンバー入りです。1〜13まであります。

次は、SHINDEHAIと作ったフルアルバム「You're my flower」のCDの手焼き作業!

サークルのCDを手焼きするのは今回が初めてなので、まずは、その作業のために必要なソフトウェアの使い方を把握するという段階が必要。

特に、CDの盤面のデザインと印刷をするソフト。
これは、プリンターに付属してきたソフトなのだが、このプリンターでCDの盤面プリントをするのは初めてだし、
そもそもサークル以外のCDにしろ、CDの盤面に何かをプリントするっていうこと自体が、今回初めてなのだ。
だから、どういうソフトをどのように扱って盤面をデザインして、プリントをするのかが手探りなの!w

今持ってるプリンタはBrother製品。
その前はCanonだったけど、Canonのプリンターを使っていた頃もCDを盤面プリントは(機能は付属していたが)やったことがなかった…。
まぁでも、たとえば、エレコムの「名刺デザインソフト」とかは使ったことあるし、そういうのと一緒でしょ!
実際一緒だったよ!
プリントしたい画像をフォトショップあたりで作っておいて、それを読み込んで位置とか調整すれば、あとは「印刷」ボタンを押すだけ的な。

それより問題だったのは、CDをセットするための、専用のトレイが見当たらなかったことだよ!w
説明書を見ると、蓋の内側に入っていることになっているんだけど、どう見ても空!!
それで別の場所を探したら、買った後に、蓋の内側にいれないで、買ったままの状態でトレイが保管されていたあああ。
それを挿入することでようやくプリンターが、CD盤面印刷待機状態に!

あとは、ソフト側から印刷部数を指示してスタートするだけー!
「だけ」と言いつつ、この状態に持っていくまでに結構な時間がかかってしまったけどw
まぁ、「サイン会」終わってから、ジャケットと盤面をデザインするところも配信したからね……。
デザインが終わって、さぁ印刷するぞー!→え、プリンタのパーツが足りないよ? って流れだった。

冬コミにはとりあえず50部搬入するので、50部+αの盤面印刷をしましたー。
それを刷っている間に、PC上では特設サイトの編集をしました。
そして、サイトも無事完成して公開しました。

SHINDEHAI & (V)・∀・(V) CD企画特設サイト

ひとまず、今回の1stアルバムのサイトかな? って状態に見えますが、今後2nd、3rdと、CDが出来た暁には、
ここにCD毎にページを増やして行く予定!!
CDジャケット裏面にQRコードも印字したしね!!


それで、今日サインを入れたブログ本も、過去CD作品も、今回の新作CDも、BOOTHで通販の予定……なんですが、
まさにこのBOOTHが28日から開催している、APOLLOという「音楽作品オンライン即売会」において、
個人情報・クレジットカード情報漏洩の問題が発生して、サイトがメンテナンスのため全面閉鎖となっており、
通販の手続きができない状態なのですよ。
ちなみに、この「情報漏洩」の影響範囲は具体的且つ限られているので、ブラウザの閲覧履歴を見れば、
自分が範囲内かどうかはわかります。私は少なくとも無関係なようですが…。
(影響範囲は
2014年11月29日17時09分から同日18時12分に、APOLLOページを閲覧したBOOTHログインしているユーザー
らしい)

私は、APOLLOにサークル参加して商品登録もしてあったので、今日の放送で、「えんそく」に行くつもりだったのですが、
視聴者からのコメントでこのアクシデントを知って19時22分にBOOTHのトップを開いてみたら、メンテ表示になっていた、という…。
その前の、APOLLOページ閲覧は、14時22分。
なので、今回の情報漏洩のタイミングをちょうどはずして見た形だったので被害はなかったわけです。
(クレジットカード情報は登録していないので、もし今回、範囲に含まれてしまったとしても決済はされなかったと思うけれども)

まぁそれで、私は主に、出展側でBOOTHはこれから使っていこう! と思っていたところで、
今日なんかまさに、いさじに「甲殻勇者かにぱーにゅ」の在庫を、BOOTHの倉庫宛に発送してもらったところだったんですわ。
(14時22分のBOOTHログインは、その伝票番号入力のためだった)
それに、APOLLOというイベント自体にも、趣旨に賛同して前々から参加登録をして、準備もちゃんとやったので、
この展開は確かに残念ではありますが……。

――ありますが、今日、生放送で、「CDやブログ本の通販はありますか?」というコメントを沢山頂きました。
今までも同人作品はすべてなんらかの通販流通(とらのあなやAmazon)に乗せたので、今回も乗せる予定です。
そして、それにはBOOTHを使うつもりでいました。
BOOTHのサービスが正常に使えるようになったら、使うつもりでいます、今も。(再開状況次第だけど)
けれど、上記のような事情で、いつからBOOTHで私の作品を通販購入できるようになるのか、
私からはまだアナウンスのしようがないので、そこはご了承頂けますかね!!!!><

どうして、BOOTH経由での通販にこだわるのかというと、ほかに利用できる通販経路として、
同人作品委託業者のとらのあな・メロンブックスなどでは、売上から30%が委託料で引かれるので、
売上手取り金額=即売会商品価格にするためには、委託先での販売価格に30%ほど上乗せしないといけないですよね。
それって、購入する側は、コミケに行けなかったばかりに、即売会で買うよりも30%高い商品価格で買わないと行けない上、
更に送料手数料を上乗せされるわけですよ。
早い話が、私としては、通販でも即売会価格に可能な限り近い値段でお買い求め頂きたいわけですよ。
でも委託業者を通す以上それは難しい。

もう一つ通販経路があります。Amazonです。こちらに至っては、委託料は50%かかります!
つまり、即売会価格の2倍の商品価格になります!!

確かに、九州・北海道あたりからコミケに来る交通費を考えれば、商品価格が2倍になっても、まだ安いのかもしれません。
でも、内容は即売会で買うのと同じなんですよ!
しかも、私から直接買えるわけでもないし…。
例えば即売会では、直接手渡しで買って、サインを貰ったり、ちょっと話したりもできるわけでしょう。
そういう付加価値も失われた上で、価格も高い。
かといって、売る側からすると、委託料を商品価格に上乗せしないと、完全に赤字になってしまう定価設定になっているという……。
(実際、委託料を上乗せしないでブログ本1巻をAmazonに出していますが、赤字ですこれw)


だからこそ、そういった仲介の料金が(ほぼ)発生しないBOOTHは、売り手にも買い手にもいいことが多いな、と思ったんです。
買う側は即売会価格+送料手数料のみで買えるし、売る方もそれで納得できますしねえ。

ですから、BOOTH(と、APOLLO)は、プラットフォームとして応援しています。
このシステムは、通販を希望される方にもメリットは多いんじゃないかなと思いますし。

現時点では、「1日間開催期間を延長してAPOLLOを再開します」っていうアナウンスが出ただけの状態で、
その主催のBOOTHは今後どうしていくのかわかりません。
APOLLOに登録してある商品も、今回の冬コミで出す新作も、BOOTHに出したいと私は思っているので、
通販ご希望の方は、一緒にBOOTHの方針が発表されるのをお待ちいただけますか?

もし、それでBOOTHが、今後使えないということになった場合は、
商品価格は上がってしまいますがAmazonに従来通り出しますので……。


今日、放送中に、冬コミ新譜のBOOTH登録をして、この記事にも告知を入れてしまおうと思ったのですが、
こういった状況ですので、冬コミ新譜の通販情報は、方針が決まり次第また新記事を立てて告知します。
ツイッターでも、時間を空けつつ、告知ツイートが出るようにします。
ただ、ツイッターはそれ以外の情報も挟まって流れやすいと思うので、
当ブログの告知カテゴリの記事を時々チェックしてもらうのが確実かと。
尚、告知カテゴリの記事のトップは常に同じもの(□■□ 新着情報 など □■□)が表示される設定なので、
定期チェックをする場合は、その下の記事までスクロールしてチェックすることをおすすめしますね。
あと、既刊(過去作品)は、ブログのサイドバーにAmazonの商品バナーがあるのでそこから辿ってください。

それでは、ひとまず寝て、起きたらCDの「内容」を焼きます。
ぴゃすみなしあ!!!!!!!!!!!!!!