関東でも、木枯らしが吹きました。雨戸ががたがた言いました。
寒いです。もう冬ですね。

さて、今日はちょっと自作ソフトウェアに関するお話です。(といっても私が自作したわけではないが)
ニコニコで活動している人には耳寄り情報になるかもしれません。

------------------------------

まず、事前情報として、YoutubeにはStats(統計情報)があるが、ニコニコにはない、というお話をします。

というわけで、YoutubeのStatsではどんなことが出来るのか、ざっと解説します。

Youtubeの自分のアカウントにログインした際の画面。「ダッシュボード」
StatsOnYT
この画面に来るだけで既に、直近30日間の再生数・チャンネル登録者の伸びを見ることができる。







そして、ダッシュボード画面内のその部分をクリックする、ないしは左の「クリエイターツール」にある
「アナリティクス」を選択すると、詳しい統計を見られる。

統計表示画面のデフォルト。直近28日間の統計。
StatsOnYT02
このYoutubeアナリティクスのミソなとこを解説。

のところで動画を検索して、動画の個別データも見られる。
(動画を指定しない場合、全動画の統計が表示されている状態)
そのすぐ下の「再生リスト」を押せば、リストごとの統計も見られる。
逆の話、「統計のためにリストを作る」とかするとより便利になるのだろう。

をクリックすれば、今指定しているデータを
csvなどの形式でローカル保存できる。

をクリックすれば、「Youtubeで活動を始めてからの全期間」など
統計期間を細かく指定できる。(この画像のように、デフォルトは28日間)

はアナリティクス機能を使って知りうること一覧だ。
「ユーザー層」をクリックすれば、「どこの国の何歳の女性が見てる」なんてこともわかっちゃう!





対するニコニコは、1個1個の動画の、再生数、コメント数、マイリスト数を知ることができるが、
それだけである。
それらが、「昨日よりいくつ増えた」とか、「このアカウントがアップロードした動画全体の集計で云々」というのは
自分でエクセルにデータ打ち込んだりなんかしないと知りようがない。
私のように1000個以上動画をアップロードしていたら、全動画の推移を自分で手打ちして知るのは無理と言って良い。

ちょっとここで、こういった活動をする上で、私自身どういう感覚かっていうのが
自分でもよくわかってきたので、言及しておくと、
元々「うおお有名になりたいぜ!」っていう目的でやってるわけではないけど、
実際にこういう数字の推移を見ると「見てくれてる人もいるのだな、がんばろう」とはなるわけで。
つまり、数字が欲しいという「動機」がなくても、「結果」としてそれが見えたら単純に嬉しいということであるよ。
Youtubeのアナリティクスを見るようになったからといって、以前より数字にガツガツするようになったということもないが、
数字の推移が見えるだけで、気持ちが上向きになるのも事実なんだと気づいたのだ。
ニコニコでは長期的な推移が見られないので、たとえば
「カテランに入ったか」「カテランに入らなかったか」
「1万再生を超えたか」「超えなかったか」
みたいな、わかりやすいボーダーを設定して、二元論で語りがちになる気がする。
アナリティクスを通じて、「コメントが全然増えなくても、再生数はじわじわ伸び続けている」動画を自分で再発見するなどした。
こういう経験がニコニコではできない。


そこで、とあるプログラマーのフォロワーさんが、ニコニコ用の統計ツールを作ってくれることになった。
幾度かのアップデートも乗り越えて、かなりすごいツールになってきたので、紹介する。

ソフト起動画面。ざっと使い方も紹介する。
StatsOnNico01
対象URLに、統計を取りたいマイリストのURLを指定。
また、そのリストに「削除済み」「非公開動画」が含まれる場合は、URLの指定だけでは
データが取れないため、対象ページをブラウザからHTMLデータ保存し、
左下の「HTML to RSS」でファイルを変換。
変換後の「.rss」ファイルを「対象URL」に追加することで、
削除や非公開で現在は見られなくなった動画の再生数も集計対象にすることができる。


また、マイリストに、「自分のアップロードした動画ではないが、コラボなので追加した動画」がある場合に、
「集計除外ID」に動画のID「sm********」を入れれば、集計からはずしてくれる。
こうすることで、マイリストから動画を削除しなくても、「自分がアップロードした動画」の集計だけを精密に行える。

右下の「データ取り込み開始」を押すと、集計結果窓が別に起動。

集計結果その1
StatsOnNico02
集計対象となったマイリストに含まれる全動画の
・総再生時間
・総再生回数
・総コメント数
・総マイリスト数
・前回情報を取得したときとの差

を知ることができる。

折れ線グラフは、現在改善課題のひとつ。


集計結果その2
StatsOnNico03ここで、「動画ごと」の推移を見ることが出来る。
上半分は、全動画をプルダウンから選択表示。
下半分は、「前回データ取得時から再生数に変動があったものだけを抽出した」プルダウンになっている。
しかも、プルダウンの選択肢名に
2 |(V)・∀・(V)<IN MY DREAM歌ってみぱん。
とあるのが見えるだろうが、この頭の「2」というのが、「再生回数の増加数」を示している。
「IN MY DREAMが、前回データ取得時から今までに2回再生されましたよ」という意味だ。




集計結果その3
StatsOnNico04
これが最も新しい機能で、「動画ごと」のデータをソートして眺められる。
動画IDとか動画タイトル、投稿日でソート可能。






これを用いて、わかったことは、
・私はこれまでに1700個の動画をアップしていること。
・それらを全部見るには18日かかること。
・総再生数はもうすぐ2,000万になること。
・総再生数は、毎日3,000くらいずつは増えていること。

などです。
コメントは24時間の間に100増えるか増えないかです。
でも、再生数は毎日3000増える。
黙って見てくれてる人の多さを初めて実感できました。
この実感を得られなくて「引退」した人は少なからず居るような気がします。
コメントでは批判が目立つし、好意的に見てくれている人は黙っているので、
皆が批判的な目で見ているような気がしてくる、という。
まぁ、引退した人に、引退の動機を訊いてみたことはないので実際のところは知らないのですが。


さて、上記の集計プログラムを応用した「リアルタイムモニタリングツール」も出来ました。
StatsOnNico06
上記集計プログラムで集計対象にした動画に「再生」「コメント」「マイリスト登録」の動きがあると
1分以内に教えてくれるものです。
起動したら、右下のチェックボックスをONにするだけ。
モニタリングの間隔は最短で1分、間隔を広げるには画面左下の時間を変更すればおk。
これを見てもやっぱり、「コメントやマイリストはしないけど、見てる人」が沢山いるのがわかります。

先日生放送でもこのツールの紹介をしてみました。
画像を見ればわかりますが、毎分必ずなんらかの動きがありますね。私の動画。
これは、もう、ほんとに動画の数が多いからでしょうね。
勿論、うp主として人気がある場合動画の数が少なくても、毎分動きがあるでしょう。
あと、動画が今現在カテランなどのランキングに上がっているという場合も動きは活発になると思います。
でも、私の動画は、今、どれひとつとしてランキングに上がっていません。
なのに毎分動きがあるのは、動画数が多いからとしか思えません。
という具合に、このモニターを起動してみて、びっくりしました。
何しろ、夜中の、皆が寝静まっているような時間でも、これを見ていると、
ほぼ毎分、誰かが私の動画を見ていることがわかるんです。
生放送中、これを起動して皆に見せながら喋っていたら、生放送を見ている人が、
色々な動画を再生しては、「モニターに反映された!にやにや」みたいなことをし始めて面白かったですw
私も、常にではありませんが、時々これを起動して、
「おー誰か、あの動画見てる人がいるのかーへぇ〜にやにや」
ってなってますw
そのにやにやこそが、次の動画を作る意欲なのかな、と思います。


次に、ニコニコ生放送の集計ツールです。
StatsOnNico05これも、放送時間、来場者、コメントなどの統計を行ってくれます。

私は、2009年7月25日にニコ生を始めましたので、この5年間の蓄積として
総放送時間:1435時間(=59日と18時間と49分)
総来場者数:748,862
総コメント数:1,422,370

という結果が得られました。



5年間のうち、丸60日分を生放送に費やした、と考えると長いのか、短いのか…
他の生主との比較をしていないのでわかりませんがw
まぁ少なくとも、私より長時間配信し続けている人はもっといるでしょう。
でも、その人が動画も1700個作っているとは思えませんがw
こうして、何をどのくらいやったかの数字を見ると面白いですね。
ある意味、来場者とかコメントとか、再生数とかマイリスとかの「どのくらいウケたか」を
完全に無視して爆走した結果の「動画数」と「生放送時間」ですしねw


このツールは、以上のように、私としては大変ありがたく使えるものなのですが、
ニコニコで活動している人で、このツールを自分でも使いたいという人はどのくらいいるのでしょうか?
沢山いるようだったら、開発者と私で、配布について考えたいところです。
沢山の人がいっぺんにこれを使うことで、ニコニコのサーバーに過度の負荷をかけることにならないようにしないと
配布はできないので、そういうのも含めて。
うp主、生主側としては、とても「励みになる」ツールなのは確かです!