懐古ニコ生をした。





最近の小学生たちは、DVDの操作において「巻き戻しとは何を 巻き 戻すのか」と不思議に思うらしい、
というエピソードをツイッターで見た気がする。

じゃあ、実際に「巻き 戻す」ところを見せようじゃないの、と。
割と最近まで現役だったカセットテープレコーダーを取り出してきたよ。
未開封の90分カセットもあったよ!ww なにしろ、割と最近まで現役だったからね!

さらに、パナソニックの携帯型カセットプレイヤーと、ソニーの「ディスクマン」もあった。
その近くに、ゲームボーイアドバンスもあったのでついでに出していじってみたよ。
そしたら、びっくりしたのは、画面の暗さだね!!

ちょっと前にドバグエ実況してて本体がお亡くなりになったとき、ポータブルファミコンというのを使ったよね。
あれですらバックライトあるんだよ。
でも、GBAはバックライトがなくてとても暗い!!
GBAはMOTHER1+2+3のために買ったのでソフトはそれしか持ってないけど、実際に挿してみた。
当たり前だが普通に動作した。
ただとても画面が暗いことに驚いた。
こんなに暗かったのか…と。
最近は、DS、3DSなどでバックライトつきが当たり前の感覚になっていたし、
私はゲームボーイは持っていなかった代わりに、ゲームギアを持っていた派だから、
ちょっと古い携帯ゲーム機でもバックライトがあるもんだという思い込みがあったんだ。
SEGAがちょっとおかしいんだと思う(褒め言葉)。

ディスクマンも、放送で紹介したのは通常の音楽ディスクしか再生できないものだったけれど、
mp3プレイヤーが出るちょっと前にmp3のデータが焼かれているデータディスクからも
音楽を再生できるタイプが出たんだよね。
大学の頃のバイト先とかで音楽流すのに使ってた。


それから、そろばんセットも出してきた。
そろばんは、初段を持ってる。でも、最近は全然触ってないからさすがに指の動きは鈍っていたよ。
放送前に、そろばんで平方根を求める方法を検索して「ああ、懐かしい、そうだったそうだった!」ってなった。
段位になると平方根、立方根を求める問題が出るようになるからね。
結構その計算がややこしいんだけど…。

自分で笑っちゃったけど、小学三年のときに買った文鎮が、「箱・中袋つき」だったことだね!ww
どんだけ大切にしてんだよwwww 文鎮の箱と袋をwwwww

まあ、ゲームソフトとかも箱説つきで買ったものは箱説つきでずっと持ってるね。
だからそういう、性格と、物の扱い方なんだろうね。


次に、おもたんを使ってタロット占いをするというコーナーをやってみたよ。

通常タロットカードは、大小アルカナ計78枚を使うけれど、おもたんタロット=おもタロでは、
96枚も使うんだ。
というか、今回は放送のためにスターターパック2を使ったんだけど、ここにスターターパック1も混ぜれば
96×2枚の「おもタロ占い」をすることができるわけだ。
カオス!!

基礎中の基礎であるケルト十字スプレッドにおもたんを配置して、カード解釈をするというのをやったけど、結構ウケてた。
単語が書いてあるだけのカードだから、解釈次第でこじつけがいくらでもできるし、
その単語の出方が荒唐無稽で面白かったりもするからね。
レスアンカーに従って「明後日の試験」っていう占いをやったら
「現状」を示す位置に「牛丼」って出て、「試験勉強のお供は牛丼なんですねー」ってなったり
その程度の話なんだけどね!w

こんな風にひとりでも十分遊べてしまうから、買うといいよ!(宣伝)




「おもタロ」の時点で、すでに「なつかしむ。」内容ではなくなっていたけれど、かまわずまだまだやりたかったことをやったよ。

次は、「プカイス」の逆再生音源にあわせて、曲を逆から歌うというやつ。
つまり「リバース語」で遊ぶ流れだね。


まず、逆から歌う場合の歌詞というのをスケッチブックに書いて、それを見ながら放送内で
一発撮りをしてみた。
撮ったものをその場で逆再生すると、ちゃんと歌えてるか確認できるというわけだ。

で、動画にしたのがこれ。


まず、リバース語で歌ったバージョンが聞ける。
その後それを逆再生したものが聞けるので、答え合わせをしながら笑うことができるw
予想していたよりもうまく歌えたところもあれば、全然いえてないところもあって面白い。

特に、最後の「意味不明」だけは発音も音程も安定しててワロタwwww

こんな風に「逆から歌ってみた」というのを、「○行ずらして歌ってみた」「再翻訳して歌ってみた」のように、
シリーズ化してみようと思う。
もちろん、すでにやっている人もいるから新しくはないと思うけどね。


ニコ生自体がひとつきぶりだったんだけど、ルカルカの動画撮影と歌の録音が佳境だったから
気付いたらひとつきも経っていたんだ…。
今度弾幕訓練の生放送をする前に、訓練用の動画も用意しなければいけないと思うし、
次回の放送ではまだ訓練や試験は出来ないと思う。動画を作るのが先だよね。

それより、ルーマニアを1〜2ぶっ通しで、耐久プレイするニコ生をしようと思う。
これは24時間覚悟してから始めないといけないやつかもしれない。
でも、サウンドコレクションとかめっちゃ集まると思う。
そのうちやろう。

あと、もう一度言うけど、弾幕訓練所動画を増やして、弾幕試験に備えないとね!!
前回の放送のSKILLとGONGは動画にしてあるけど…。

そんなわけで今回の放送のまとめと、次回以降の展望でした。