これまでのあらすじ
その1
その2
その3
その4
その5
その6

ようやく完結編に辿り着いた。今日は12時間以上記事を書き続けていた。1銭にもならないライティングだが
こんなに時間を割いて大丈夫なのだろうかwww 終わったら早急に仕事の方のライティングもしなければwww


☆翌日

さて、翌日は9時に起きて10時にホテルをチェックアウトしました。
でも6時に寝たのだから3時間しか寝ていないわけだよね!案外眠くなかったけれども・・・。

11時にロビーで「お送り」のスタッフの方々と合流でした。
ロビーにはぐっさんとめろちんさんがいました。
はしやんとRy☆くんはめろちんさんが起こしに行くまで寝ていましたwww
3時間じゃあはしやんもまだお酒かなり残ってただろうなあ。チェックアウト後にトイレ篭ってたしwww

11時半くらいに全員集まったようなので外へ出ましたが、かなり寒かったです。
初日はそれに比べるとだいぶ暖かかったですね。何しろ、車2台に分かれて走り始めたら雪が降ってきたんですよ。
結構大粒でしたし。


この日は、お昼を食べて、時間に余裕があれば再度温泉へ、というプランだったのですが、
私の飛行機の時間は、めろちんさんたちのよりも1便前で、1便の差でも時間としては4時間違うので
私は温泉は断念せざるを得なかったのですが、何か食べたいものがありますか?といわれ
確か当日だかにこれまたツイッターで「大分にいるうちに、”やせうま”も食べて下さい」というリプが来ていたのを思い出してそれを伝えました。
すると、行き先が「甘味茶屋」に決まりました。

まず、お店の佇まいがすごいんですよ、大きな日本家屋という感じです。
1階はちょっと肌寒いのですが、こたつ席とかがありましたw
私たちは、9人だったので2階のお座敷へ通されたのですが、それがもう、「おばあちゃんちの2階」みたいな居間なんですよw
畳の部屋でちゃぶ台が2つって感じw
入り口障子だしwwww
2階に上がる階段がもう、「おばあちゃんちの急な階段」そのものって感じでした。


このお店は「甘味」とつくだけあって、スイーツが沢山です!
やせうまも当然あるのだけど、プリンもあるし、抹茶なんとかみたいなのも沢山。
サイトの「甘味」というページにはほんの一部しか掲載されてないんです。本当はもっともっと沢山ありました。

とり天をもう一度食べるために、とり天3個セットを1皿。
とり天3個セット

細雪さんいわく、「こつこつ庵のとり天よりも、天ぷらっぽさがある!」とのこと。
しかし、私にはどっちも美味しいよ!! なんだよこれ、もう!!。゚( V)゚இ△இ゚(V)゚。


それから、やせうまとご飯も食べるために、だんご汁定食にしました。
だんご汁定食

こちらのだんご汁のだんごはぶっとかったです!!
あと、やせうま美味しかったよ。こういう素朴なの好きだ。かにぱん然り。
きなこは身体に良いしね〜。

これはめろちんさんが頼んだ「チーズ入り揚げ餅」なんだけど、塩とカレー粉がついてて、それをちょんちょんとつけながら食べる。
一口お裾分け頂いたら、すんごい美味しかった。なんで美味しいものしかないんだ!!!!!!(怒)食べきれなくて悔しいじゃないか!!!
チーズ入り揚げ餅


そしてデザートがトロリンプリン。これ、サイトに載ってないでしょ?
トロリンプリン

結構ほろにがなカラメルソースが良い風味でした。プリン本体はこくがあったなあ。

そしてこの食事で気付いたが、鶏肉も然ることながら、

か ぼ す の 出 現 率

とりにくとかぼすの県やな、大分。
写真に写ってる、黄色い、レモンみたいなもの全部かぼすな。レモンじゃない。
かぼすが3色あるそうだ。
赤・緑・黄。信号か。


そんなこんなで、翌日も大分の「食」を満喫しました・・・。素晴らしいです。

で、飛行機まで時間がある組はみょうばん温泉という、前日とは違うお湯の出る温泉の方へ行かれました。
私は飛行機の時間が結構迫っていたので、名残惜しいけれど温泉は我慢してミケさんに飛行場まで送っていただきました。
検査場を通る時点で既に搭乗口が開いていたので、空港に入ったらすぐ受け付けの女性スタッフさんたちが全力で素早い対応をしてくださり
無事飛行機には間に合いました!(そしてまた右側の窓際席に座りましたw)
送ってくださったミケさんもありがとう!
帰りの飛行機からは時間的に夕日も見ることができました。そして最後には、東京の夜景も見ることができました。

上下左右、色々な高さに雲があるのを見ました。
いつも下からだけ見ているから、雲を見るだけですごく楽しかったです。行きも帰りも。
雲って、上から見るとやっぱり、その上に着地して歩けそうに見えるので、ドラえもんの映画の雲の王国だとか
ワンピースの空島みたいなのって、「やっぱりそう考えちゃうよね〜!」って思いますw


この2泊3日はとても濃厚だったことが、この7つの記事から十分に伝わったのではないかと思います。
7つも記事を書くほど濃厚なことってそうそうないですから。
これに関しては、本当に、誘ってくれたうるる。にも感謝だし、前日から帰りまでずーっとエスコートしてくださっていた
スタッフの方々にも同じく、本当にありがとうございますと伝えたいです。
ただステージに出て行って数曲歌うだけでこのような厚遇を受けられるというのは類を見ないですし、
皆さんの大分郷土愛を感じ、仲良く楽しくやっていらっしゃることがとても嬉しかったです。
大分もOOUも大好きになりました。
滞在期間として2泊3日は必要になってしまうけれど、また大分に行けるなら歌を唄うくらいお安い御用すぎる・・・。
年2回ペースだそうなので、また次回が来年のゴールデンウィーク頃に開催され、今回にさらに輪をかけて盛り上がるよう祈っております。
それに、それはきっとうまいこと成し遂げられるだろうな、という風な予感もひしひし感じます。

甘味茶屋でスタッフ席の皆さんが、思い出話から徐々に反省会にシフトしていく様を見ていて
「そうそう、それ大事!」って思っていました。
あーやって自然な会話の流れの中で、「でもここがこうだったよね」から課題を見つけて行って、次に生かすということが
シリーズもののイベントでは不可欠で、それが行われているんだーと安心しました。
仮に反省会を行ってもギスギスしていたり、課題と解決策を上手く見つけられなかったり、
または反省会自体がまともに行われなかったりすると、シリーズのイベントは続かないか破綻しますからねぇ。
だから、良いスタッフさんたちが集まってるんだな!と、また改めてそこでも確信しました。何回目かわからないけどw
とにかく素晴らしいチームワークでした。

もしまた機会があれば、是非誘って頂きたいイベントの一つとなりました。
とっっても充実しました!ありがとうございました!!
そして、色々とご馳走様でした!!!!!本当に美味しいものばかりでした!!!!!!


そして、ちょっと時間に無理言わせたりして会場に足を運んでくださったお客さんとかもいらっしゃると思います。
皆さんが、OOUを楽しんでくれたのであれば、それが何よりです。
また、生きていればどこかでお会いする機会が巡ってくると思います。
スタッフの皆さんも、来場者の皆さんも、またどこかでお会いしましょう!(出来れば大分で)
ありがとうございましたー!