新作ボイスドラマ(といっても、思いついたのは去年の夏)が遂に完成したよ!


去年、蟹Projectsでは2つのライブを行いました。
そしてその2つとも、セットリストは春先までに決まりました。
先に行われた前編は夏開催だったので当然ですが、冬開催の後編分も年始に構想をおぼ固めてありました。
セットリストに「仮面舞踏会」を追加したとき、スカイプ会議窓で
「仮面部倒壊っていう、謎の怪しい部活仮面部が倒壊するまでのショートドラマの脚本かいてよー」
とろげちに言ってみたところ、
「え、それって、こんなキャラとこんなキャラがいて、こうしてあーなって倒壊するようなやつ?」
と、瞬時に物語の展開を語ってくれまして
「瞬く間にプロットが出来上がってしまったではないか! 本当にボイスドラマにしてライブの前後に公開せねば!」
という風に話が運びました。

実際のところ、ライブ直前は、ライブステージで演じた「女子力コント」の方の台本の方につきっきりで、
仮面部のほうは後回しになり、結局完成した時には、ご覧の通り、半年以上が経過してしまったわけですが
あんな”いっときの気の迷い”で着想を得たドラマを、本当に形にしてしまうあたり、こいつらマジで愛すべき馬鹿だなぁと思いますよ手前味噌ですが。

そして今日は、完成疲労披露試写会をしました。

皆楽しんでくれたようで良かったー!

キャラデザイラストを静画にうpりました。


「面’sなっくる!」のタグから、キャラ別の画像もヒットしますので塗り絵にでも使ってください。

余談ですが、免出に「ドドドドド」という文字を入れたのは、出来上がった線画を梨姫しゃんに送ったときに
「一番の推しメンは免出ですね!!ドドドドドって後ろに描いてありそうww」
といったので、データの都合上後ろはすぐには無理だったけど前にレイヤー重ねておきましたw
喜んでもらえたw


デザインとしては、今回「面川(CV:まぐ)」が一番「描きたいとおりに描けた」っていう意味で改心です。
今までに描いたことのない種類だった気もします。
このキャラデザではバストアップしか見えないので、比較対象もないですが、全員並べたら面川はダントツに背が高いはずなんです。

かに「面川ってどういう外見?」
ろげち「猫派だよ」
かに「え、猫っぽいの?」
ろげち「いや、犬より猫が好き♡」
かに「聞いてねえwwww」

みたいなやり取りをしながら描きました。
それから、部長の「ファサァー!」っていうのも、ろげちが
「髪は銀色で、長髪で、ファサァー!!っとしてる」
というので、その通りに描きました。(というか説明文に書いたw)

免出の「日本の高校生としてあるまじき目つきの悪さ」というのも、ろげちがそう言ってましたー!言ってたんですうー!
何年何月何日何時何分何十秒地球が何回回ったときに言ったかは失念しました。
で、島田は「(それなりにいじってセットした結果としての)無造作ヘア」なんだけど、免出は「(本当にいじってない)無造作ヘア」だそうです。

それから生徒会長は実はこれ、バージョン2です。
1枚目に描いたものは、どうにも「才色兼備」な雰囲気に欠けていたので、描き直しました。
やっぱり2枚目の方がいいわ。梨姫しゃんの声も合ったし。

なにしろ、どのキャラデザも、皆が収録終えてから描いたからね。
元々絵を描く予定はあまりなくて、予告動画っていうのも予定していなくて、みんなの音声データが集まってきて
波形編集を始めてみたら、「本編をアップする前にキャラクター紹介くらいは予告したい!」って思い始めて
それで描くことにしたから。
だから、演者は誰も、録音前にイラストなんかみてないわけ。声に合わせて絵を描いた側面すらあるからね。
その点ではいおらじとまた違った展開でした。

ニコ生でも話したし、そのトーク部分はあとで「制作秘話」みたいにして動画であげるからそこをみてもらってもわかるはずだけど
やっぱりいおらじの「特別編」って、本当にあらゆる意味で「特別」な出来だから、ボイスドラマを、
似たようなメンツでまた作ったときに、あれを超えられることはあるんだろうかって漠然と不安のようなものがあって
いおらじではないのだから、何もかもが違っていて、比較する必要はないのかもしれないけどそれでもやっぱり
自分で自分の屍を越えていかなければっていう感覚がどこかにあった。
でも、出来上がってみたら、不安に思う必要なんかなかったなーってなった。
これはこれですごく、良い出来だ!!と。

まぐさんといえば熱血、うるさいってイメージがあるけれど、今回、ボイスドラマ初挑戦にして突如「へたれキャラ」だから素では演じられない。
初挑戦なら素で演じられるものの方が楽に決まっているけどそうではなかった。
でも、天さんは出来上がった音声を聞いて「まぐさんがおいしいwwwくやしいwww」ってなってた。
つまりまぐさんは何も間違ってなかったわけだ。

そして、脚本担当であり、主役も演じたろげちの凄さに再び感服。
いおらじ特別編も、台本を読んだだけでかなり泣かされたし音にして尚泣いたけれども、
今回はまた脚本のテンポがよく、山中の演技もセリフ回しが面白くて、やっぱりすごいなーってなった。
でも、演技としてはやっぱり、12月にステージで「女子力コント」をやったことにより吹っ切れたのかなっていうのが大きい。
人前で、あのコントだからね、よりによってw
吹っ切れないとできないから、あれww

私は、ろげちの台本では、路華→蟹子→免出ってことで今回初の男子だったけど、「アウトローのオーラ」を出すのは楽しかったです。
どやくんは時々、「蟹風呂喫茶」で見かけるどやっていう店員になってたけど、そこまで見越しての台本を書くろげちと
そのメッセージを台本から受け取るどやがすごい。さすが兄兄。

天さんは、実はいおらじの高橋は、素の声とは遠いので、島田の方が断然演り易かったそうです。
確かにノリノリだった!ww島田結構セリフ多かったもんねぇ。
免出なんか30個もないのよww

そして唯一の女性キャラ、梨姫しゃん。
いおらじの高橋・籐新居コンビがここで再結成といった感じで、嬉しかったりもした!ww
天梨姫コンビは耳が幸せなんだよなあ。この二人が喋ってるのずっと聞いていたいww

最後に、エンディングテーマの「仮面舞踏会」
私も過去に一度歌って動画あげてあるけど、あれはカラオケBOXで流れる音源で、今回のはなんとちゃっきーさんの打ち込みと
もっさんのベース生演奏で出来ている!!w
これがまた、原曲と同時再生すると区別がつかない、いわゆる「不気味」な再現度のオケなわけです。
コモンズで配布中なので、古い曲だけど歌いたい人は是非是非。
まぐさんの「へいかもーーん!」はうざくて必聴。(本人もうぜえwwwっていってたよ!!)
ドラマではショートバージョンだけど、フルサイズは個別動画でうpしますので少々お待ちくださいヾ(゚∀゚)ノ


動画で使わせていただいた風景画像は、以下のフリーの素材サイトさんからお借りいたしました。
ありがとうございました。
壁紙SAMURAI
Sothei 使える写真ギャラリー
RUTA