アウトオブザミーーラーーーー

 つーみーな まーなーざしでーー↓↓



ちょっと前にルーマニア#203っていうゲームを買ったので、2回ほどニコ生で実況プレイしました。
そのときはシナリオ1と3を攻略しました。
順番としては、シナリオ3が先だったんですけどね。

シナリオ1 「ワンダーウォール」について
シナリオ3 「サークルゲーム」について


そして今回はシナリオ4 「鏡の中にあるが如く」 を攻略しました。
それでシナリオ1,3のプレイのときは生放送のみでやりましたが、今回は生放送のキャプチャ動画をアップしました。

興味を持ってしまったら、ルーマニアを買ってプレイしよう!ww





今回は、フリーマケットでネジが大きな鏡を買ってくるところでドラマが始まります。

その鏡は
「平均的な人間だけを映し出す鏡」のようです。



ネジはもっとも平均的な人間らしいので、その鏡に映ったり、鏡の「向こう」のネジが
鏡を通じて「こちら」へ出てきてしまったりします。
それに、「向こう」のネジの周りの人たちは、皆性格が逆のようで、警察が乱暴だったり
ヤクザが丁寧だったりします。
ヤクザに誘拐されると羽根布団に寝かされたりして大変!www

それに「向こう」から来たネジは「こっち」側で南天ブラザーズなるビジュアル系バンドを結成して大人気。
その間「向こう」ではネジは失踪扱いだし、警察に追われているし…


ネジっていう人物は、ゲームのプレイヤーが何もしない限り「人生のドラマ」に遭遇することなく
平凡な何もない人生を送るという前提があります。
何かに強烈に興味を示すようにプレイヤーが促すことでドラマが起きるので、
このシナリオにおいてもネジは、変化をどこか求めつつもどうすればいいかわからない人間なんです。
シナリオ1では、壁にあいた穴がキッカケ。
そしてこのシナリオ4では、「向こう」のネジは鏡を自分を変えるキッカケにするのです。
別の世界へ行き、その世界での過去のない人になって、やりたかった音楽をやって…

そして代わりに「向こう」へ飛ばされてしまったネジは鏡を通して戻ることができなくなり
どちらかというと、変わりたいから変わるとかではなく翻弄されて変わっていく面が窺える感じになります。


このシナリオは「世界系」なので、「こんな世界に飛ばされたらうわわわ」ってなる感じを楽しむのが大きいかな。
結局ネジは鏡が壊れると同時に「こちら」に戻ってから、日常に戻るしねw
まぁ、ドラマに遭遇するけど何事もなかったかのような日常に戻るっていうのがネジのパターンというか
ルーマニアというゲームというかなんというかね。
シナリオを楽しむゲームだしね。


それから、このシナリオで大事なところは一番最後のナビになる
「警察です ばん。」
のときに一度バッドエンド覚悟で、ガサ入れでラジオをONにしないと
南天ブラザーズの「アウトオブザミラー」がサウンドコレクションに入らないという。

アウトオブザミラーはそのうちせらさんにオケ作ってもらってオメがんに歌ってほしいなー
とか考えています。


それからビジュエルド3の実況解説もしたよ!