完璧フォルクローレですね。
しかもこの曲、当時驚いたのはやはり言葉数の多さ。
日本語は一音節一文字、英語は同じ一音節に一単語も可能。
だから同じ長さの曲でも含まれる単語量は激しく異なったりする…
そんな「単語を沢山使えない日本語曲」というイメージを覆す勢いのこの曲。
もう、なんつーか16分音符だらけ♪みたいな…
当然歌ってみると「息継ぎができない〜!唾が飲めない〜!」という状況に陥る。
何度も研究・練習してコツを掴み、歌えるようになりましたが…

ポルノグラフィティの歌の歌詞は独特の比喩を含んでいて面白い。
これもそうなのだが、旅人がどうのとか詩人がどうのとかいいながら
愛を歌っているわけだ、遠まわしに(?)

フォルクローレのサークルに伴奏してもらって学園祭とかで
歌ったら楽しいだろうな、という妄想を抱きました。
マジ妄想。