今年の抱負は『台詞を沢山録る』で、バレンタイン用台本も色々あるので
シチュエーションボイスの動画を4本用意しました!
そしてそれを4回にわけてパラパラと投稿しました。

尚、シチュエーションボイスの動画はここで一覧化されています。


(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)



公開した順に紹介していきます。



台本はsayokoさん
君の気持ちとチョコの行方

sayokoさん台本のシチュボは、「ねぇ、もっとくっついて」がすでに公開済みなので、こちらが公開2本目ですね。

こちらのバレンタインのシチュエーションは、
「主人公男子は幼馴染の女の子に付き添ってもらって、姉のおつかいでデパートに義理チョコ購入にお出かけ
デパートで幼馴染がチョコを買っているのを見かけて、誰にあげるんだろう……とか考えている内にムカついてきて
勢いで告白してしまう」
というものです。
つまり「幼馴染バレンタイン」なのです。
始めは幼馴染らしい和やかな雰囲気から、公園での告白の頃にはちょっとイラつきながらというか、
拗ねた感じになってるところがミソですね。
本人が、こんな展開で自分の気持ちをぶつけるハメになるとは思ってなかったという。
そこからの甘々ハッピーエンド!


2個目。


台本はてにぽんさん
バレンタイン…お前からの義理チョコなんて欲しくない

こちらのシチュエーションは
「前日にわざわざ”明日話がある”と呼び出されたバレンタインデー当日。
呼び出した本人はだんまりで何の用だか話してくれないし、渡されたのは義理チョコ……
そんなものは要らない! と突き返すと相手が泣き出してしまい、お互いの本心を話す」
というものです。
結局、よく話してみると、相手の女の子は本命チョコを作ってきたんだけど、
主人公男子がモテるのでいっぱいチョコをもらってるっぽいのを見てしまい自信をなくしてしまった……と。
でも、このふたり実は「前から両思いだった」のに、自分のことは本人が一番気づかない
みたいな状態だっただけで、最後はやっぱり甘々ハッピーエンド!
こういうふたりって、はたから見ると
「仲いいなあの二人。両思いってやつじゃん?」
って思ってるのに、本人たちはどこか鈍感だったり、
「好きって言ったら友達としての関係も壊れてしまうかも知れない」
って無意識に思ってて、好きって自覚を強めないようにしてたりのどっちかだったりするよね。

「君の気持ちとチョコの行方」の方では「拗ねながら告白する」感じでしたが、
こちらでは、まずスタート地点が「困惑」なんですよね。
そこから徐々に「イライラ」が募っていって、その後に「反省」。
それでようやく気持ちが通じ合って「安堵」「喜び」へ……と、感情が数度変化していく台本なので、
その変化を表現することに注力しました。
「安堵」のところはもう涙ぐんだりして、その後も泣きそうなのをごまかすために
半ばそそくさとチョコを開封してみたりねw

3個目


台本はカネコさん
好き過ぎて恐怖の手作りチョコを渡した彼女の謝罪

カネコさん台本のシチュボは、「名前も思い出せない昔の推しがヤンデレ化して貴方を襲う」という
タイトルで笑ってしまうやつを公開済みなので2本目ですね。

今回もタイトルが「え?w」って感じですが、なんと中身はヤンデレですw
もう題名で説明した通りで、
「主人公はちょっと手段を選ばないタイプの女の子で、ウェブで見つけた怪しい”黒魔術チョコ”を彼氏に渡したけど
思い直して引き止めに来た
でも、もう彼氏はチョコを全部食べ終わってて……」
というシチュエーション。

途中、チョコの作り方で突然口調が変わるけど、台本上
「冷静な口調」
とト書きがあったのでww
今回の4本の動画の中では唯一の女声です。
だからこそ凄く弾けてる部分もありますw
泣いたり笑ったり叫んだり忙しない台本だからこそ楽しくやりましたねw
それでこそヤバい奴感が出そうだしw
最後はチョコが効いて甘々ハッピーエンド!!!

で、トリ


台本はこちらもsayokoさん
いらっしゃいませ、ケーキをどうぞ
sayokoさんの作品を読むのは、これで3本目になりますが、実は一番最初に読んだのがこれだったりします。
最後に公開になったけどw
一人芝居版の収録・完成は1月11日。
つまり1ヶ月も前なのねw
でも、そのときに「これ、お菓子にちなんだものだし、バレンタイン動画にしよう」って思い立って、懐で温めてたw
1月下旬に、店員Bの方をオメがんにやってみて欲しいなって思って、誘ったら読んでくれたので、
両方をニコニコとYoutubeに上げることに成功!
⬆ニコニコが(V)・∀・(V)&オメがんで、⬇Youtubeが(V)・∀・(V)一人芝居版。



この掛け合いは、いわゆる「励ましボイス」に分類されるタイプのシチュエーションボイスかと思う。
台本を見たときに、
「こういうコンビで切り盛りしてる優しくて美味しいケーキ屋さんあったら通っちゃうなぁ〜」
って惚れ込んで即収録した。
微妙に定位をいじって、正面左右から二人が話しかけてくる感じにしたので、イヤホン推奨。
更に、場面の転換を説明するためとか雰囲気の演出のためにBGMやSEを入れて、
シチュエーションボイスというより短編ボイスドラマ調に編集してみた。

私は、二人のキャラを明るく楽しい(うざやか?w)店員Aと、無愛想な店員Bで演じ分けたけど、
店員Bはオメがんがやると私には出せない渋さが出て良いな……ってなったw

さて、シチュエーションボイスは96kHz/24bitのWAV形式で配布してます。
データ配布はこちら(Google Drive)
1個ずつのサイズがそこそこ大きいので、Google Driveの空き容量が圧迫されてきたら
古い方から消していく可能性もあります。
欲しい人は早めに落としておいてね。