1月3日――
弟が仕事休みだったので、私とおとうぱん。と弟3人で大洗に初詣に行くことになった。
大洗ってガルパンおじさんいっぱいいて混んでそう…と個人的には思ったけど、
元旦じゃないから大丈夫だったりするのかな? って感じで出発した。

(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)


弟が車の運転をしていくんだけども、弟は車で音楽を聴くために、機種変で使わなくなったスマホから楽曲流して
FMトランスミッター経由で車内にFM放送で流すっていう手法を取ってる。
それでシンフォギアの曲がたまに流れるんだけど、弟が、
「高山みなみさんが女性キャラを演るっていうことに違和感をいだく(乱太郎とコナンの影響)」話をしてて、
私は、高山みなみさんって魔女宅のキキ・ウルスラと、らんま1/2の天道なびきから入ってるから
そこまででもないって言ったら、おとうぱん。が
「魔女宅といえば、(V)・∀・(V)と映画館に行った時に映画館が雨漏りして……」
と言い出したので、すぐさま
「お父さん、それね魔女宅じゃなくて1991/7/24の『おもひでぽろぽろ』だよ」
と言ってしまった。

日付まで覚えてるのかよ感のある発言だが、実はごく最近その日の日記を読んだばかりなのだ。
というのも、先月第五人格というスマホゲーでシザーハンズからエドワードとキムのアバターがコラボ実装になって


という話をツイートしたところだったので。

シザーハンズは、クリスマス映画の中でもかなり印象的なので、年末アマゾンでレンタルして見返したりもしたしな。


そんなわけで、日記の画像がスマホに入ってたのでおとうぱん。に読んで聴かせたら爆笑してたw
おとうぱん。から見ても、私は
「え、こいつ小5で、ホーム・アローンよりシザーハンズに感銘受ける感性の持ち主なの……」
と思った、ということを聞かされたw
「変わった子だな……」
と思ったそうな……
いや、あんたの娘やぞ……なんだその他人事な感想……
まぁ他人事な感想を抱けるだけ、子供を独立した別個の個人として捉えられているということにもなるかw

90年代前半なんて、まず洋画が日本の映画館で上映されるまでに半年を要するので、
ホーム・アローンもシザーハンズも前年のクリスマスにアメリカで上映された作品なのに、
日本では夏休み映画として上映される上、今とは違って映画館での洋画鑑賞に
字幕か吹替の二択の選択肢が与えられてもいないので、子供だろうが大人だろうが字幕を追えなきゃ
映画館で洋画を楽しむことはできない。
字幕が嫌なら映画館での上映から更に1年くらい待ってテレビで吹替版(しかもカットあり)を見ろという世界だった。
その代わり、2本見ても1本分の値段の”同時上映”というのがあってお得だったので、大抵1回の劇場行きで洋画2本ずつ見て帰った。
邦画も場内の入替えがないので1回の入場で2回見たりした。

私は小2からおとうぱん。に連れられて洋画を見に行っていたので、早くに字幕耐性がかなりついたけど、
字幕に追いつけなくて物語の筋が追えないと、ゴネだす子供とかも確かにいたので、
今は吹替で、昔よりは本国の上映からの間隔あけずに洋画見られる分、良い時代だよなと思う。

まぁ私としても、シザーハンズはかなり心に残った映画だったので、
(それまでに”ビターハッピーエンド”の作品を見たことがなかったせいもある)
どんだけ日記に感想書いてるかな? と思って自分の日記掘り起こしたのに、
書かれてるのが友達の「東映が貧乏だということがわかった」という発言だったので、「おい!w」ってなったけどw
そこはシザーハンズの感想書けや!!ww

でも、シザーハンズが心に残ったことは事実だし、だからこそ今でも見返したりするわけだし、
その上で「やっぱりいい映画だ…」と思えるので、当時の感想は書いてなくても同じことなのかもしれない。
それが「心に残った」ってことなんだろうし。
そこから「ティムバートンとジョニー・デップというすごい人がいる」っていう方向に行ったキッカケでもあるしね。
それより映画館が雨漏りした事実の方が「その日の出来事」としては確かに衝撃的だw


そんな話をしている最中に、ちょうど神社の鳥居についた。
なんだこれ、激混みじゃないか!!
何十分待ちなの?っていう行列が境内〜歩道に続いていて、とてもじゃないが並びたくない。
っていうか、車を停められる近場の駐車場自体見当たらない。
空きのある駐車場まで車を走らせてしまうと、今度は境内まで何分歩くの? って話になってしまう。
そこで、車を大きく回らせてる間におとうぱん。には鳥居の写真なんか撮ってきてもらって
ご飯を食べつつ帰ろう……って話になった。
私と弟は
「ガルパンおじさんがそこそこの割合いると思われる。例えばあの若い男性二人組とかはガルパンおじさんの可能性が高い(偏見」
と言ったけど、
おとうぱん。はそれに対して「認識不足だった」と言ってたw
初詣のはずだったが、参拝ができなかったw

栃木出身だと海なし県なので、水平線見ただけでちょっとアガる我々であったw


ところで、道中暇だったのでスマホの写真フォルダ漁って図鑑コラ作ってた。





帰りがけQ'tでふくびきを2回回したけど、「参加賞」だった。
飴玉1個もらってしょぼさにびっくりした。
おとうぱん。が「とりせんなら参加賞でうまい棒だからうまい棒の方がまだいいw」と言ってたw
飴って舐める習慣ないから余計行き場がなくてなー……
のど飴だったらまだ舐めた。(のど飴じゃなかった

Loftで着る毛布を買った。
昨冬まで使っていた部屋用防寒着、さすがに古くなって捨てたので。
今回はmofuaっていうのにしたんだけど、生地の質感が一番好きなタイプなので最高の着心地……
裾が長すぎて引きずって転ぶという仕様でもなく、いうなればバスローブくらいの丈。


(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)


そのあとご飯を食べて家に帰って、おとうぱん。と弟にPSVR体験をしてもらった。
おとうぱん。はゲームはファミコンを触ったのが最後なので、いきなりPS4は飛躍しすぎかもしれんと思い
とりあえずPSVR WORLDで「Ocean Descent」してもらった。
これはゲームではなくて、見るだけの映像コンテンツだしね。
潜水艇で海の底に潜るみたいなVR映像なんだけど、サメが出てきてプレイヤーが乗っているゴンドラに噛み付いてくるので
「ジョーズジョーズ!!!
あ…柵がなくなった……やべえ……」
って言ってた。
おとうぱん。が「やべえ」って言うの生まれてはじめて聞いたかもしれなくて笑ったwwww
「おとうぱん。がやべえって言ってるwww」
みたいな新鮮さがあったw
頭上や足元、背後にも映像があるので、ちゃんと没入感を感じてもらえたみたい。

弟には、手軽なのでBeat Saberを数曲遊んでもらった。
起動して曲と難易度選べばすぐ遊べるしね。
私は今、全曲一回は難易度NormalでランクAを取っていくみたいな遊び方しているところ。
弟は適当に曲を選んでもらってEasyでスタート後、慣れてきたところでNormalやHardも触ってた。
始めは、Moveコントローラをどのくらい振れば良いのかわからなかったみたいだけど、
肩から手の先まで全部を使って大振りしていいよ! って言ってから段々コツを掴んできて、
曲数がかさむ度にノリノリになっていくのがわかって良かったw
「楽しいでしょ!?」
「たーのしぃwwwwww」
ってなってたw

それで弟とおとうぱん。が帰ったあと私もちょっと遊んだ。
今日の課題曲は「Cristallized」にした。
この曲は、Normalでも他の曲のNormalよりは若干難しい。Normalの「上」という感じw


何度やっても間違うところがあったので、Practiceモードで速度を85%に落として、
同じ部分を繰り返し練習、身体が覚えてきたところで100%に戻してコンボ出来るようになったところで
本番に戻ってやっとAランク(39万点)とれた……。
上の映像は、後でツイートしようと思って意識して視界がなるべく揺れないようにプレイした回のものなのに、
録画した映像をいざ見返すとかなり揺れてるもんだ。
それに、比較的俯き気味を意識してるのにそれでも録画映像側は視界が結構上の方になってしまうので、
肝心のブロックがカットされるところがギリギリ見切れてしまうなぁw

このくらいのNormalが余裕でクリア出来るくらいにならないと、全曲Hardにも挑戦出来ないので
もうちょっとNormalで継続してみる。
1日に連続して遊べる時間が、体力的な意味で限られるのでなかなか進まないw
普通に疲れるよ、このゲームw
でも私はDDRみたいな身体動かして遊ぶゲームは、興味あってもちゃんとやりこんだことがなかったので、
これでやっと遊べてるから楽しいw
DDRは普通アーケードだから、1プレイいくらの世界だしやりにくい。
自宅でマット踏むやつだと下の階に響くからやりにくいw

Beat Saberで疲れた後に、新年最初の仕事を2件こなしたw
明日は歌を録ろう。