毎年大晦日にニコ生でやっている、「年が変わる瞬間地球上にいなかったんだぜ」と言いたいがための
ジャンプ配信です。



(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)



今年の放送は、Youtubeでの同時配信を試そうと思ったのに、Youtubeの配信設定画面を開いた瞬間に
エクスプローラが死んでしまい、UIも色々変わっていて不安だったのでやっぱりやめましたww
Youtubeでの生放送はあとでまた仕様確認しなおしておきます……。

それで放送開始が予定よりちょっと遅れてしまいましたが、それでも年明けまでには結構時間の余裕があったので、
なくしていたと思っていたPS2用のマイクコンを最近発見してしまい、
結果としてマイクコンが2つになったので、PS2ソフト「しばいみち」を一人二役で遊べるよな
みたいな話から実演してみました。
でも、抑揚つけて話すとすぐにボリュームがメーター振り切るし、かと言ってマイクを口からちょっとでも遠ざけると
今度は「ボリューム小さい」という判定になってしまうので、その調整が一番難しい気がしましたw
これだと逆に演技に集中できないよw

それから、PSVRをメガパックで購入したので、
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PlayStationVR MEGA PACK
価格:43978円(税込、送料無料) (2020/1/1時点)



「アッシュと魔法の筆」のVRコンテンツ部分をちょっと見てもらうことにしました。
本編は、動画で公開済みだし、それを撮った時はまだVR持ってなかったので、
トロフィーも95%で止まっていたのがついに100%になったんすよ。


このVRコンテンツ、ゲーム本編では「壁に描いた絵が動く」だったのが、
「足元に花を咲かせられる」になるので、かえって「絵」を描いている感じが薄れる気もするけど、
それ以上にやはり仮想空間の「中に」いるという没入感が良いですね。
アッシュに出てくるかいぶつって、「こわかわいい」って感じで愛嬌があって、
それが足元にとことこ寄って来てリンゴを食べたりすると、本編時より更に愛着が湧きます。


それから、色々なニコ生ゲームも触ってみましたが、大体ゲストさんとzeroさんが双璧を成していましたw
にこにこパニックとかいうゲームが「超ハイスピード空気読み」って感じのゲームだったので、
Switchで「空気読み」しました。
「空気読み」はDS時代からあるゲームですな。
みんなで空気読み。
みんなで空気読み。2 〜令和〜

そうこうして遊んでいる内に日付も変更となったので、カウントダウンしながらジャンプしました!


2020年の抱負は「”かにぱん。デスクトップ花時計”をアップグレードする」「セリフを沢山録る」にしようと思ってるので、
早速デスクトップ花時計の、機能要望をコメントで募ったり、時報の声の種類の案も考えたりしました。
デスクトップ花時計は、アルバム「You're my flower」のデータダウンロード版を購入した場合のおまけファイルです。

放送中にメモっていたファイルがまるごと文字化けしたせいで、TS見ながらもう一度書き起こしたメモを
そのままここにもコピペして保全するw

機能要望
・ボリューム調整機能(10段階)
・スヌーズ機能(5分おきに何度も鳴る その度ボリュームが大きくなる)
・ストップウォッチ(音声は「スタート ストップ」のみ)
・PC起動との同時起動をON/OFFで選択できる
・起動時「何月何日何曜日 誕生花は○○です」と言う
・筋トレ用タイマー
 「30秒経過」→10秒の休憩「休憩を終了します」で1セット
 セット数を指定できる
・アラーム音として「You're my flower」のアルバム楽曲を選択出来る
・時報「時半」もお知らせしてくれる
・用途指定アラーム
 用途に合わせた音声で時間を知らせる
 用途例
 1,お仕事に出発する時間
 2,ご飯の時間
 3,お風呂の時間
 4,カップ麺
 5,寝る時間
 6,見たいテレビやラジオの番組の時間

・朗読機能(ごんぎつね、手袋を買いに、注文の多い料理店、般若心経)
・「今日はなんの日」ボタン 押すと「今日は時の記念日」とか教えてくれる
・備忘録機能
 休憩する?風呂食った?飯入った?ツイートする?
 仕事終わった?衣替えした?


時報ボイスの種類増加
 チェックボックスで選択する
 「1時は元気、2時はお姉さん」みたいなことはできない
 時報が一括で「その声になる」
<選択肢>
・元気
・癒し
・クール
・お姉さん
・少年
・執事
・ツンデレメイド
・ネコ


一番現実味ある……つまり、やりたいし、実際にできそうなのは時報音声の種類拡張です。
機能要望の各項目については、プログラマの人が「これはそう難しくない」って判断出来れば
私の方では必要な声を録るだけになるので、プログラマの人次第ですね。

既存のシステム用音声もまた録り下ろそうと思っているので、
どっちみち今年中にアプデ自体はかけたいなと思っています。
容量次第では、おまけファイルそのもののアップデートというより、別の場所で「パッチ配布」などの
方法をとるかもしれませんね。


さて、大体毎年このジャンプ配信で決めている「かにぱん黙示録流行語大賞」ですけど、
2019年は1月からずーーっとマビノギしていたので、マビノギ関連用語から

電気と電圧の増幅に関する研究

が大賞受賞です。
詳細記事

かにぱん。大辞典も更新しておきました。

これは、「スパーク」のスキルをランクF以上にするために避けられない
「電気と電圧の増幅に関する研究」の本を10ページ集めるという作業があるんですけど、
あまりにそれぞれのページのドロップ率が低くて、自力で集めるのは骨が折れるんですね。
だから多くのプレイヤーは、他の人がドロップして来て露天とかで売っているのを買って済ませたり
(ページによっては入手困難な分、価格も高い)、もしくはスパークのスキル自体を、
修練しないで放置したりしますw

私は、スパークを修練してランク上げたいし、そのうえページ集めも露天に頼らないで自分で入手したかったので、
今年マビノギをプレイした時間の内、かなりの長時間をスパークドロップ狙いのバトルに費やしたと思いますw
ニコ生でも何ページかは入手したし、それ以外は放送外で数日かけて地道に集めました……。
たまに、影ミッションで出るページもあったので、そういうのを3ちゃんとかレイシェさんとやっているときに
ページが出る可能性がある敵を倒した時に、ドロップしたのがポーション(ハズレ)だったりすると
「電気と電圧の増幅に関するポーションか…」「電気と電圧のポーションきた」などと言いながら粘りましたw
で、結局ちゃんと自力で10ページすべて集めてスパークのランクを1にしました!

割と最近のイベントクエストで、珍しくスパークのスキルを使う場面もあったので、
(別に高ランクであることのアドバンテージは一切なかったけどw)
電気と電圧の増幅に関する研究をしておいて良かったとちょっとだけ思いましたw


そして、放送の最後にきるさんのリクエストでビンゴ初めをしました。
尚、日付変わる前には2019年ビンゴ納めもしましたがw
ビンゴ初めでは、多くのニコ生ゲームで1〜2位に常にランクインしてくるzeroさんが優勝!
ビンゴなんてコツなんか一切ないのにこんなのまで優勝とかすごい。ニコ生ゲームの申し子かよ。
ちなみに、うちでニコ生ゲームのビンゴをするときは「最後にビンゴした人」が優勝ですw

今年も無事ジャンプで年越しできて安心しました。
それでは、2020年も宜しくお願い致します。