剃刀で定期的にムダ毛を剃るのいい加減めんどくせぇわ、次生えてくる時チクチクするし目立つし、
と思って、ミュゼプラチナムの無料カウンセリングに相談に行ったら
「ステロイド薬を使用している人は利用できません」
ということで、光脱毛は断念することに。
喘息の吸入薬がステロイドなので。
「吸入薬」って、肌表面に光当てた時、どんな副作用が懸念されるのか全然わからんのだけど、
「過去半年以内にステロイド薬を使った」ら、脱毛してくれないそうなので、
過去半年にステロイド薬を吸わなかった日の方が少ないような私は無理。


(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)


でも、剃刀をやめたいというのは変わらんので再度考えてみたのだけれど、
電気シェーバーはあんまり解決にならない気がするし、除毛クリームも使ったことはあるけど好きじゃないので
今まで使ったことのないワックスというのを遂に試すことにしました。
テープを貼って、バリバリ〜!!と一気に剥がすような感覚で抜くみたいだから、
一本一本毛抜ピンセットで抜くのに比べたら時間短縮にもなりそうだし、
美容エステでは、エステティシャンがワックスで脱毛してくれるプランもあるみたいだけど、
自分で塗って剥がしてする手間を惜しまないなら、サロンへ行くよりワックス買う方が安いみたいだし、
よしこれに決めた!!


↑このスターターキットは、ベビーパウダーもセットでついてくるので!!


多分ベビーパウダーを使い終わる前に、ワックスの方が終わるだろうから、
ワックスも更に1ボトル追加で、↓これも一緒に買ってみました!!



初めてワックス脱毛するのに、いきなり2ボトルだぜ!!ww 勇者かな?w


で、最初の1ボトルを使い切りそうなので記事に書くことにしましたw

「あ、毛が目立ってきたな」と思うタイミング(大体週1くらい)で、足の脛とVラインに使用したのですが、
1ボトル終わるまでに約4ヶ月かかりました。
継続して使用する場合4〜5ヶ月に1度購入のペースでいいな、とわかりました。

それから、除毛後のお手入れに、サラっとしたジェル製のものが良かったのでこれも用意しました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シーズンズ アフターケアトリートメント ハード(200mL)
価格:802円(税込、送料別) (2018/4/4時点)





除毛時、肌は乾いた状態にしておきます。

まず、ベビーパウダーを除毛する部分に塗布してから、ワックスを付属の箆で掬って、
うすーーく伸ばしながら塗り重ねて、付属の紙を貼って押し付けて、
べりーー!!っと剥がす……という手順ですが、一気に沢山抜くコツがありますな。
このポイントを抑えないと、肌が引っ張られて痛い割に毛が抜けない……っていう失敗オチになります。

ポイント1は、ワックスを「薄く」塗ることですね。

多く塗りすぎると、剥がすときにワックスが糸を「ヌタ〜〜〜」って引いてしまって、
毛を引っ張る力が分散するみたいです。
なので、均一に、薄く塗らないとダメですね。
いっぱい塗ればそれだけ効果が高いだろうとか思ってはいけません。


ポイント2は、肌に対して真上に引っ張って剥がしてはいけなくて
毛並みと逆方向に向かって、「肌に水平」になるように、「一気に」引っ張ることです。

毛が生えているところを想像してください。
毛が、根本A地点から、毛先B地点に向かって生えているとします。
つまりA→Bという向きに毛が伸びていく一帯を除毛するとします。
そしたら、ワックスは、AからBの方向に向かって、つまり毛並みに沿って薄く伸ばして塗ります。
そこに紙を貼りますね。
紙は引っ張りやすいように、ワックスを塗り始めたA地点に紙の一方の端が来るようにし、
更に紙の反対側の端には引っ張るための「余白」が残るように計算しつつワックスを塗るのです。
そして、剥がすときは、その余白を持って、ワックス塗り始めのA地点に向かって水平に、
全力で……全速力で、一切の迷いなく、限りなく早く剥がし終わるように引っ張るのです。

すると、痛みも一瞬で済むし、毛は片っ端からバッサバサと抜けます。



これらは取説にも書いてありますが、絶対に無視してはいけない点だと思いました。


除毛後は、まずウェットティッシュで拭くと、残ったワックスがすぐに取れるので、
手が汚れたときのためにも、除毛作業前に用意しておくと便利です。
それから、水またはぬるま湯ですすいで(お湯で熱すると赤みが引きにくい)、
上に貼ったアフターケアローションなどで保湿などのケアをするといいと思いますが、
毛穴が開いているときに、クリームのような硬めの基礎化粧品を使うと毛穴が詰まってあまりよくないみたいなので、
収斂作用のある化粧水も使ってみました。
赤みも早く引くし、毛のう炎にもなりにくいんじゃないかなと思って。


そう、剃刀派からブラジリアンワックスに乗り換えて何が良かったって、
毛を剃った部分に毛のう炎ができにくくなったことですね!!
というか、そのために剃刀をやめる方法を模索していたのだし!
毛を剃っても、毛穴から血が出てかさぶたになっていたり、吹き出物になっていたりしたら
美しくないし、痒くて不快だし……

それから、除毛後に生えてくる毛も細い目立ちにくい毛質に変わりますね。
爪で引っ張っても抜けるような抜けやすい毛になるので、2回目以降は痛みも減ったように思います。
剃刀だと毛先の断面が尖るので、立派な毛が生えてきちゃうみたいで、
剃れば剃るほど毛が濃くなる悪循環なんだよなぁ……って思っていました。
それに、一本一本毛抜ピンセットで抜くのも時間がかかって、一日それで潰れてしまうのも馬鹿らしい。
ワックスで一気にバリっと抜いて、ちゃんとアフターケアして、
時間短縮且つ綺麗にしたほうがいいじゃん!! もっと早くやってれば良かった……ってなりました。
それで、「いまだに剃刀使ってブツブツチクチクしてる人いたら勧めたい」と思ったので
こんな記事を書いてしまいましたww
だって、ほんとに「もっと早く剃刀やめてワックスにしてればよかった」って思ったんですよ!!w
予想してたより断然、色々と快適でした。
剃刀除毛のデメリットは大体ワックスが解決してくれましたからね。


「剃刀やだなぁ…」と常々思ってるなら、試す価値があると思うんですよね。