これから、「パワーブリーズ」を用いた呼吸器トレーニングを日課にするので、
初日の今日は記録しておこうと思う。


(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)



花粉症から来る喘息が辛い季節です。(V)・∀・(V)です、こんぱんわ。

さて、私の花粉症は、スギとヒノキ両方なんですが、スギの方が早ければ1月下旬スタートで4月終了、
ヒノキが4〜6月。
スギの方がアレルギー反応が強めなのですが、3〜4月までにスギで痛めつけられた粘膜に
本来そこまででもないヒノキが重なってくるので、鼻水や目の痒みよりも喘息が出てきます。
毎年2〜4月が鼻水すごくて、GW過ぎからは息苦しい……みたいなパターンになるので、
喘息発症して以来、春は苦しくて憂鬱な季節になってしまいました……。
喘息発症前は、花粉でくしゃみ・鼻水・鼻づまりと目の痒みに悩まされていましたが、
少なくとも「息苦しいGW〜6月」というのはなくて、GWにもなると「花粉も終わった!連休だ!」
という気持ちで晴れやかだったのですけどねぇ。
血液検査でもスギのアレルギー反応はメーター振り切ってて、ヒノキはレベル1〜2だったと思うので。

まぁそれで、この前「アメトーーク。」のB'z芸人回の中で、稲葉さんのハイトーン&ロングトーンが魅力という話と、
それに合わせて「パワーブリーズで呼吸器を鍛えている」というエピソードを紹介していたらしいんですよ。
それを私はテレビでは見ていなくて(テレビないからな!)、トゥギャッターのまとめで読んだだけですけどね!ww
しかも、稲葉さんは負荷3段階ある内の、最高負荷のものを”愛用”しているらしいですね。

なるほど、これを使って「息を吸う力」を鍛えたり、「息の”燃費”を良くしたりできるのか」と。
実際歌ってて思うんですけど、「沢山吸って沢山吐く」じゃなくて、
「沢山吸うけどちょっとずつしか吐かなくても通る声が出る」が良くて、
その能力こそがハイトーンとかロングトーンの秘訣と直結してると思うんですよ。
合唱団でも、「30秒間ブレス」っていうのをよくやらされましたね。
息を吸えるだけ吸って、30秒かけてゆっくり吐き出す、という。
吸える息の量が少ない人や、吐き出すペースを制御できない人は、
30秒間微弱に吐き続けるというのは出来ないんです。
なるべく短時間でほどほどに吸い込んで、その息を「効率よく」使うテクニックを
歌では要求されると思ってます。
歌うときのブレスって、瞬間的なので。
水泳に似てるかな。


それで、私は、水泳経験者だし、普段から腹式呼吸で喋る癖があるくらいだし、
歌い慣れてはいる方だと思うので、平均よりは「息の使い方」が把握できてる方かなと、
負荷「中」(青)を注文してみました。



届いたので早速、説明書を読んでトレーニングしてみました。
FullSizeRender

鼻をつまむための「クリップ」も付属しています。
説明書には、「クリップを使わない方が快適だという人もいるので、使用は義務ではない」ということが書いてあったので、
まずクリップなしで使ってみることに。

ちなみに、トレーニングとしては「できるだけ短時間で吸えるだけ吸ったあと、脱力してゆっくり吐く」というのを
朝30回、夜30回というのがラクに出来るようになるのを目指してやるものだそうで。

これ、負荷3種類中、「中程度」ですけどこの「中程度」の中にも10段階あって、
下の方にあるつまみを回すと調整できます。
デフォが「0」になっていたし、「0」から始めてくださいと取説には書いてあったので、
そのままマウスピースをはめ込んで、鼻をクリップせずに全力で吸う!!!!

なるほど、通気性の悪いもの越しに息を吸っている感じになりますね。
レベルは「10」まであって、今は「0」なので「中の下」という感じの通気性の悪さですが、
「10」ともなると「中の上」なのでだいぶ通気性悪いんでしょうね。
1日30回を2セットやるのが「楽々」と感じ始めたら、レベルを1上げる感じでいいみたいですね。
無理に上げなくてもいいみたいだし。
「もっと強くなりたければ負荷を上げろ」ということであって。


それで10回、吸って吐いてしてみたんですけど、花粉で鼻の奥の方(喉と交差するあたり)に
鼻水が溜まっている感じがあって、息を吸う時にそこがズルズルする感触があって不快だったので、
残りの20回は鼻をつまんでみました。
そしたら、口からだけ息を吸えるので、むしろ全力が出しやすくなって、
「このレベルなら30回ぶっ通しでやっても、苦じゃないな」
という具合になりました。
私は「鼻を閉じた方が合っているタイプ」とわかったし、
「パワーブリーズで出来るだけ短時間で吸えるだけ吸う」というのも、
鼻をつまんだおかげで今日で早速コツを掴みました!
多分、鼻を閉じないと、少量は鼻から吸ってしまうから負荷が下がるし、
力も分散する感じがして全力で吸いにくいくらいでしたので。
ということは、明日から早速「1」にあげてもいいくらいでは。
とはいえ、最初の1週間は「毎日朝夜、30回」をレベル0のまま続けてみることにします。
今日は、「夜30回」しかやってませんしね。

ああ、「超重負荷」に進化する日が楽しみだなぁ。
毎週レベルを1ずつ上げていったとしたら、10週後には「上の下」に行けることになりますよね。
実際は、「休養」も挟む必要があるので、そこまでハイペースではいけないだろうけど。
でも、「上」に行ける頃には、「喘息苦しい…」とか言わなくなってるかな?
激しい運動で体温が上がってハァハァすると、喘息が出やすくてトレーニングのつもりが悪化…となるので、
パワーブリーズは激しい運動や素早い呼吸ペースを要さずに呼吸器を頑丈に出来そうだし、どうかな?
喘息の発作を起こさないようにしつつ、呼吸器を強くするのにすごく適してると思うんですよ。
やってみないとわからないけれど、喘息の改善に「水泳がいい」とかも効くし、
そんな気軽に泳ぎに行けるようなプールもないし……どうかな……?w

ちなみに↓こちらが、標準(緑)と超重負荷(赤)。



超重負荷に行ける日が来たらまた日記に書きますw