今週もやってまいりました、MHW HD配信!! HD画質で鳴き袋を集めるぞ!!!


(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)



今日は、結論から言うと、初めて放送の視聴者さんを集会所に招いてみました。
今、イベントクエストにマグダラオス来てるので、私+視聴者さん3人で回ってみましたよ。

それでバリスタ撃ってたら、翼竜に後ろから蹴られたのか海に落下してしまい、
あろうことかその瞬間クエストをクリアしてしまったので、海に落下している画像がリザルト画面になってしまいましたw




これ、XXの配信の時に、オストガロアの特大ビームを食らってBC送りになった瞬間クエストクリアした時を彷彿とさせますね!!!?ww
なぜかモンハン配信やるとこういうの多いので、やめられませんわーw
面白リザルト画面集めが妙に捗るわーww


まぁでもそれは番組後半のことで、前半はタイトル通り「鳴き袋」を集めていました。
スリンガー音爆弾は3発しかポーチに入らないので、狩りの最中に音爆弾を調合するには素材である鳴き袋を10個持ち込みたい所。
そして、今作、ディアブロスが「怒り状態にも拘らず音爆弾が入る」仕様になっていて、
しかもなんだか妙にモンスターとして強くなっている感じがするので、
どんどん閃光や音で拘束しながら戦いたいのです。
X・XXでは、エリアルスタイルだったので少なくとも突進されたら、
あえてディアブロスに向かってタイミングよくジャンプすれば、踏みつけながら斬ることが出来たので、
突進はむしろチャンスだったんですけど、ワールドでは「スタイル」がなくなりその手法は通用しなくなったので……。
すると、突進も、地中からの噴出も、単純な回避をしなければならないので、そこで避けに集中していると
どんどん敵からの距離が離れてしまい、攻撃の回数が減ってしまいます。
でも、敵の方は、突進などで近づいてくるので、そこでまた攻撃を食らって回復したり、全力で避けたりと、
DPSを稼げない自分にイライラ!
イライラするくらいなら、敵が潜る度に音爆弾を投げて頭を殴っていた方がマシ!ww

というわけで、下位の荒れ地に、大蟻塚キャンプスタートで探索に行って、小型の翼竜「ノイオス」6匹を討伐したら
剥ぎ取って帰るだけ、という作業をしました。
今作においては、この「ノイオス」だけが「鳴き袋」を出してくれるようです。モンスター図鑑を観る限り。
そして、ノイオス討伐のクエストというのはどこにも存在しないので、そうなると下位探索が一番安全で確実ということに……。
ディアブロスが地中に潜るたび、容赦なく音爆弾を使っていると、持ち込んだ鳴き袋10個が完全になくなってしまうので、
50個集めたくらいでは「ディアブロス5戦分か…少ないな…」という気持ちにw
私は、前作でも耳栓だけはつけていたいくらい、どの防具のマイセットでも聴覚保護を前提に組んでいた耳栓厨ですが、
ワールドでは、モンスターの乗り中に、敵の咆哮に対して「しがみつき」動作をしなくても良くなった反面、
耳栓スキルをつけた装備を作るのがかなり難しくなっています。
とりあえず、耳栓ポイントがつく護石を作成するのに「上質なねじれた角」がいるので、
気は進まないけれど、上位のディアブロスの角を折りに行く必要がありまして、
そのための鳴き袋集め、といったところでした。

一応、放送内でやだやだ言いながらソロでディアブロス周回して、耳栓の護石を作る事ができたので、
その後はパオウルムーの武器を最終強化して(それにもなぜかディアブロス素材が必要だった)、
視聴者さんたちとマグダラ戦を回しました。
ちなみにマグダラさんの素材はこれといって必要ないんですけどねww
あとは、古代樹に大型が5頭出る連続狩猟のイベクエもやってみましたけど、最初は3頭出ていて、
1頭倒すと4頭目が出る、という仕組みでした。
ふむふむ、なるほどなー。
それにしても、その古代樹クエの方は、最後のレウス戦のとき、ガジャブーの砲撃があまりに激しすぎて吹き出したww
容赦なさすぎwww

そんなわけで、もうそろそろ任務クエを進めたいところなんだけど……
この古龍3体を討伐するクエ終わったらラスボスになっちゃうみたいだから、
「えーまだ終わりたくないなー」
っていう気持ちがあって、寄り道に精を出してしまいますw

古龍戦は生放送でソロでやろうかなー……と思っていますが、やはりキャプチャソフトが不安定なのが心配ですね。
今日も何回か止まったし。
これについては、しょっちゅう解決の糸口を探ってるんですけど、全然改善されなくて……。
古龍戦やるときは、ムービーとかもじっくり楽しみたいから、ちゃんとキャプチャしたいのだけどなぁ。


では、今回サークル参加してくれた皆さん、よろしくー!
また来週末とかに遊びましょう!