週末……ではないけど、連休だったので月曜だけど


今回、音量設定間違えていて、ゲーム音声ほぼ聞こえないんですけど……
まぁ…終わっちゃったもんはしょうがないか。


(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)



今日は、ここ最近ずっと苦戦している「幻の鳥(フワフワクイナ)」探しの作業を配信するところから。
当初、森と荒れ地を探索で行ったり来たりしていたものの、何周しても出てこないので、
これはよほど確率が低いか、クエストに行かないと乱数リセットされないパターンのどちらかだと思い、
ランゴスタ20匹討伐のクエをやっては、探索に出るという手順に変えた。
まぁそれもすでに3時間くらいはやったのだけど、今日は放送開始から50分弱経ったところで、
ランゴスタ20匹討伐クエ終わって、夜の陸珊瑚に行ったら、初めて目視確認することが出来た。
目撃するだけでも3時間以上回らないといけない……w
まだ1回会っただけだから、クエストを達成しないと出てこないのか、クエストをやらなくても
決まった時間帯の決まったエリアに行けば一定の確率で出てくるのかはわからないけれど、
少なくとも森と荒れ地なら昼間限定っぽいし、台地だったら夜なんじゃないかと思う。
気候条件もあるかもしれない。
生物調査員から「幻の鳥探して!」って頼まれた時は、そこまでのプレイにおいて一切攻略サイトを見たり、
検索したりせず自力でやってきたので、なるべくこれも自分でなんとか解決したいと思ったけれど、
あまりにも目撃すら出来ないので、さすがに折れて検索をしたw
まぁ検索したところで、確かな情報には会えなかったんだけどw
そのくらい、まだプレイヤーの間でも解析(?)が進んでない部分だと思う。

少なくとも私は、探索のみでは遭遇できなかったので、一番短時間で終わるランゴスタの調査クエを終わらせて、
その後に昼だったらそのまま森のエリア1のアプトノスの背中の上を双眼鏡でチェックしたし、
それでいなかったらすぐに荒れ地に行って、初期キャンプから飛び降りずに双眼鏡でアプケロスの背中をチェック。
夜だったら台地の北東キャンプスタートでエリア12を飛んでいるムカシマンタゲラの背中の上をチェック。
で、結局遭遇出来たのは台地だったという感じ。
まだその一度きりしか見てないから、本当に森や荒れ地にも出るの!? と半信半疑なくらいw

これでとりあえずフワフワクイナのシルバートロフィーをゲットしたことだし、環境生物集めはまた今度にして、
次はモンスターのフンを集めることにした。
ランゴスタ20匹討伐のクエをやっていると、よく乱入に会うのでそこでこやし弾を撃っていて
フンがマイナス収支なのだw
隠れ身の装衣を着れば乱入したモンスターから身を隠すこともできるのだけど、
スリンガーでランゴを撃ち続けている以上、その音に引かれてモンスターがうろうろし続けるから
こやしで遠くに行ってもらった方が確実にラクなんよね。

そこで、下位の荒れ地に探索に行って、ボルボロスのストーキングをすることにした。
結論からいうと、これが大成功で、クルルヤックのストーキングだとフンをしてくれないし、
レイアのストーキングだとフンは序盤結構してくれるんだけど、途中からしなくなるし、すぐ戦いを挑んでくるので
慎重にやらざるを得なくて面倒。
ボルボロスは、ちょっとくらい視界に入ってもバトルに発展しにくいので隠れ身の装衣いらずな上、
お散歩ルート1周の間に、確実にフンをしてくれる場所が2箇所あることがわかったので、
時々キャンプに戻ってアイテムをしまいながらボルボロスのストーキングを繰り返していれば確実にフンは集まるのであったw
また、クルルヤックの食事場(エリア6にある)と、エリア5にあるフンも回収しながら
ボルボロスを追うといい感じだった。
そういえば生態マップに「モンスターのフン」はマッピングされてたっけな? と思って確認したところ
どうやら掲載がないようだ……。
だから、まずは自分の記憶だけが頼りだったw
ちなみに、ボルボロスの「トイレ」は、エリア6の”陸橋”の下と、エリア7の鉱脈の前の2箇所。


放送から3時間で、大型モンスター1匹しか狩らず、しかも3時間の内1時間は、ボルボロスの後を付け回して
フンを回収するという酷い放送内容だったw
「モンスターのフンについてこんなに考察してるニコ生もここくらいなもんだろうな」
みたいなコメもあったw 多分その通りだなww

その後更に7時間くらい配信したけれど、そっちでは普通に素材集めのために、
アンジャナフやパオウルムーや、ラドバルキン、オドガロンなど、色々なモンスターを狩りにいった!
私のMHW配信にしては珍しく、モンスターハンティングしちゃったZE!!

XX配信のときに、よく一緒に集会所で遊んだかばんちゃんの人が、最近3Gをやり始めたらしくて、
水中ラギア戦とかやりながら見てくれてたんだけど、
ワールドはまだ買ってないというのでシステムまわりの変更点とかをメインに説明してみた。
映像が綺麗というだけではなくて、従来のモンハンシリーズでは、
「ここ不便な設計になっていますけど、ゲームを進めることで便利になっていきます」
とか、
「ここ不便な設計になっていますけど、そういうゲームなんで。
ゲーム性の一部なんで、プレイスキルでどう攻略するかを考えてね★」
みたいなところ多かったと思うのだけど、そういうのはだいぶ
「便利(というかマイナスだったところがゼロになる感じw)」になっていて、
今までずっと「ここ痒い!!」って思ってたところにすごく手が届くようになったから、
とても快適、ということを強く言いたいww
例えば、「採取の速度が遅いけど高速採集つけてね」だったところが、
通り過ぎながら○ボタン押すだけで、素材2〜3個入手できるとか、
「アイテムの持ち込み数上限が結構厳しいんだけど、その持ち込んだアイテムの中でやりくりするのも、
モンハンというゲームだよ」だったのが、
いつでもキャンプに戻ってアイテム補充やBOXへの格納が可能になったというような具合。
確かにそういう「制限」をどのようにプレイスキルで乗り越えるかがモンハンのゲーム性ではあったんだけど、
それに耐えられなくて早々にやめてしまった人というのも過去にはそこそこいたのかもしれず、
いうなればそれはプレイヤーにとって「ストレス」だったと捉えることもできるわけだ。
そのストレスに耐えられる、よく訓練されたゲーマーだけがこれまでのモンハンにのめり込むことが出来たのだと思うw
今作では、上記のような仕様変更に加えてマップシステムまわりも大幅に変わったし便利になった。
ペイントボールがなくなって導蟲がその役割を担ってくれるし、
何もしなくても「捕獲の見極め」が発動しているような状態なので、「そろそろ罠を」というタイミングをミスることもない。
砥石も無限になったので、ペイントボールと砥石を入れていたスタックを別のアイテムを入れるのに使えるわけだし、
それでいて、キャンプで自由にアイテムの補充や入れ替えが出来るので
「麻酔玉がなくなったから捕獲は絶望的だー!」
みたいなことにはならない。

ある意味、XXで「もうジャスト回避なしでは生きられない〜」というようなことが起きたように、
「操作の中毒性」「快適さ」があるので、ワールドに慣れすぎると、過去作に戻れないんじゃ説もw
といっても、私は多分、XXやるってなったら今ならすぐに勘を取り戻せる気もするけどw
XとXXでエリアルやってたせいで、ワールド始めた時は「久々のギルドスタイル慣れねええええ」ってなったくらいだしw


そんなこんなで、現時点で装備のマイセットを22個作ってあるんだけど、まだまだ強化も
スキル構成も、やりたいことだらけ!!
来週も週末に放送できるかな?
わからないけど、早く「耳栓」欲しい!!!wwww