(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)


そろそろゲームクリアがしたいぞー!!! 頑張るぞー!!!

ということで、今日はまずチョコ牧場で「チョコボの派遣」によって手に入るリザルトプレートを入手すべく、
派遣に出しておいた「気力85」のチョコボたちが持ち帰ってきたアイテムをチェック。
リザルトプレートでなかったら、電源を切ってやり直し、といういわゆるリセマラをしてみたけど、
一向にプレートが出ない。
カーテンばっかり!! ここはインテリアショップかよ!!?

もういいや、ベベルに行こう。
OS集めのモンスターも残り数える程度だから、新たにToDoリスト作ったし、その手順で埋めるぞ。

順調に奥深くへ潜っていきつつ、今日は「OS状態のメガトンベリ」に勝つというのを目標にしたので、
トンベリのカウントを16に近づけていく。

途中、「すべてを捨てし者」に払う予定の賄賂を、どのように集めるか考えた結果、
視聴者からの提案で、ギャンブラードレスの「ランダムスロット」でスリーセブン出した時に発動する
「オメデトウ!」を使ってみることにした。
目押しで止められるスロットなので、前作ワッカのOD技にあった「アタックリール」のようなイメージで、
慣れれば止めたいところで止めて、出したい技を出せるのだが、さすがにちょっと練習が必要だw
でも、一回成功した時に、デスゲイズが
「銀ぶちメガネをあげます!!」
って言いながら去っていって可愛かったし、37000ギルも貰ったので
練習して「ぽんぽんぽん!」というテンポでスリーセブン出せるくらいスロットに慣れれば、
良いギル稼ぎにはなりそうだな……。


そしていよいよトンベリの討伐数が14になった。
この状態で、「マップK」に行き当たれば、メガトンベリをOSさせられる計算だ。

フロアのマップを更新するために入り口と50階前後を行き来するリセマラのような作業を重ねたものの、
マップKが全然引き当てられない。
そこで、先に60階のボスを倒してしまうことにした。
敵はマイマイ種族の「ロックマイマイ(OS状態)」。

このモンスター、通常状態ならメガトンプレスという高火力の攻撃をしてくるようだ。
ただし、回避カウンターで避けられるみたい。
OS状態だとメガトンプレスは使わなくなり、魔法攻撃が増えるので、とりあえずはじめは
回復担当のきぐるみユウナと、バーサーカー二人という配置にしてみたけど、
バーサーカーは全然死なないのにモグが死んでしまう。
モグビームがよく効くことはわかったが、舌で小突かれるとモグは一発で死んでしまう。
回復役にあまりに繰り返し死なれると、バーサーカーが回復でターンを吸われてこの組み合わせのパーティにした意味がないので、
途中でユウナもバーサーカーにして、全員を「ヘイスト+リフレク状態」にして、ぼこぼこ殴ったww
物理攻撃でも魔法攻撃でもカウンターを入れるし、それ以外に通常攻撃をハイペースでバンバン入れる。
ロックマイマイは、「オートプロテス」で、これはどうやっても解除出来ないものだけれど、
手数で押し切った形だw
オートリフレクのアクセサリは一つしかないのでうちでは出来なかったけど、
パーティ全員がオートリフレクなら、カーテン使わなくていいしもっと早く倒せそうだな。


61階に降りると、徐々にマップの傾向も変わってきた。
「マップO」も出てきたし、40〜50階で見たのと同じ作りのマップでも、
メガトンベリが歩いているようになってきた。

63階くらいでようやく「マップK」が出てきたので、ここでメガトンベリ(OS)に挑戦することにした。
といっても、初遭遇時は、不本意に接触したんだけどww
そのときは、きぐるみ、アイテムシューター、シーフっていうパーティになってて、
ほうちょうでザクザク刺されて普通に全滅したw
OSしてないメガトンベリだったけど、とても勝てるような相手じゃなかったw

私は、そもそも「ほうちょう」を「回避カウンター」で避けられるかということが気になったので、
バーサーカー×3のパーティで臨んでみた。
クリスタルバングルでHP2倍にして、リザルトプレートでHR限界突破もした。

結果。
包丁は回避カウンターでは避けられず、6万くらいのダメージを受けて、全員即死していった……。
なんだこれは……。
一度、攻略を調べてみようとググって出てきたのは、「OSでないメガトンベリの倒し方」ばかりだった。
例えば、
「戦士になって鉄壁でダメージを1にして耐えていると、トンベリは特定の2匹の間を行ったり来たりするようになるので
攻撃されていない人が殴り始めてよい」
というもの。
それから、「キュウソネコカミを使う」というもの。
私は、「キュウソ〜」は回収済みだが、一応「使わないでどこまでいけるか」というのも
この周回ではやりたいことでもあるので、使わない方法をもっと考えてみることにした。

魔物辞典に登録するには「OSした状態を目撃」すれば良いのだが、ここで遭遇するトンベリからは
「逃げる」「とんずら」が出来ないので、必然的に「戦って勝たないと魔物辞典にOS状態として記載されない」ことになる。
もちろん、「わいろ」を使えば「勝つ」事はできる。
しかし出来れば、「真夜中の叫び」もラーニングしたい。
何を着て、どういう手順で戦えば、真夜中の叫びをラーニングしつつ
OS状態のメガトンベリを倒すという目的を達成することの現実味があるだろうか。


まず、ウェブにあった「剣士で鉄壁」作戦を一応試してみた。
これはOSしていないメガトンベリに適した作戦なので、ダメかもしれないが……。
クリスタルの小手で防御を60上げ、クリスタルバングルでHPも2倍(8000くらい)にした。
鉄壁に寄って、包丁のダメージは1になるので確かに全然痛くない。
これなら、防御力の数値を上げる必要もないしな。
もし「ほうちょう」を食らったら防御力を60上げたくらいでは一撃死であることに変わりはないし。
でも、OSしたメガトンベリはファイガとフレアも使ってくるので、
魔法攻撃ダメージについては鉄壁でも防げないのを忘れていた。
どこかでさっさとカーテン使ってリフレクにしておかないといけなかったが、
鉄壁を解除すればほうちょうで即死だ……。
結果的に、魔法ダメージが蓄積して回復→戦闘不能→蘇生→gdgdという展開に。
また、鉄壁にして「ほうちょう」を耐えておいても、OSだと特定の二人の間を行ったり来たりのループに入らないように見える。
そもそもファイガやフレアを挟んでくるのだから、未OS状態のものとは行動パターンが異なる……。
結局、「鉄壁でほうちょうのダメージが1になる」ってだけで、こっちから攻撃できるタイミングを見極めづらく
ちょっとした操作ミスから即全滅に至るので、OSメガトンベリにはあまり向かないようだ。


もう少し考えてみた。
どうやら「ほうちょう」のダメージは、単純な「防御力」の数値次第でかなり減らせるようだ。
バーサーカーは物理の防御力が30しかない。
だから69000もダメージ負ったのか……。
ということは、素の物理防御の数値が高いドレスに、防御力が上がるアクセサリを組み合わせ、
更にプレート「守りぬく勇気の光」で戦闘が開始してから数回着替えを行って、更に防御力を上げることで
包丁は怖くなくなるかもしれない。
アクセサリとしては「アダマンタイト」で防御力を120も上げられるが、
ビサイドのガンシューティングでレベルMAXの2800点を出してやっとひとつ貰えるという代物だ。
今からガンシューティングやりこみを再開したくないなぁ…ww
もう一つは「アイアンデューク」という、あらゆるステータスの値が100くらい上がるアクセサリ。
でも、そのアクセサリをくれるのが、このベベルのラスボス……。
ラスボスまで倒してから、メガトンベリ(OS)を倒すという手順にするならそれもアリだが……。

一応、まだ諦めず飽く迄今の時点で出来そうなことはないか、もう少し考えてみることにした。
現状持ち得る手段で解決策を考えるのもゲームの要素だ。


というわけで、クリスタルの小手で防御力を60アップして、ドレスはダークナイトで戦闘開始。
これで防御力は231スタートになる。
それに、クリスタルの小手は4つあるから、パーティメンバー全員を、
クリスタルの小手+クリスタルバングルという装備にできる。
戦闘開始してすぐにリフレクとプロテスをカーテンで発動して、
着替えで更に防御力を上げてから本格的に敵の体力を削っていくという作戦はどうだ。
プレートに配置するドレスを、

魔銃士 ⇔ (防御力+20) ⇔ ダークナイト ⇔ (防御力+20) ⇔ ダークナイト

という感じにして、戦闘が始まってプロテスとリフレクがかかったら、
まずユウナがダークナイトからダークナイトに着替え、リュックとパインは回復を担当。
ユウナはその後ダークナイト→ダークナイト→魔銃士という風に着替えて、
「防御力のかなり高い魔銃士」になれるか検証してみたが、ほうちょうのダメージは13000くらい……。
しかも、後の二人が何とかユウナを蘇生させて、すぐにダークナイトに着替えようとしても、
ほうちょうで即死させられる。
魔銃士とダークナイトの間のゲートを10回くぐれたら、魔銃士の防御力もカンストすると思うんだが、
そもそも着替えようとした瞬間殺されるので、何もできなくなった!w
ほうちょうでユウナ死ぬ、リュックとパインが蘇生させる、ユウナ着替え出す、着替え終わらない内にほうちょうで死ぬ
っていうループにハマって一向に抜け出せなくなったw
これ、抜け出せないだけじゃなくて、ユウナが復活してダークナイトになってくれないと、
リュックとパインの着替えも出来ないから、話が進まぬww
それに、死んだらリフレクやプロテスを掛け直すところからやらなきゃいけなくなるから、
アイテムもムダに消費することになるし、何よりいたずらにターン数がかさんでいくばかりで
敵にダメージを与える隙がない。
どうしても着替え中にほうちょうを刺してくるので、ものすごく大変だったが、
なんとかユウナがダークナイトとして蘇生したので、リュックとパインもじわじわ着替えを繰り返して、
全員がダークナイトとしては防御力カンストしたであろう状態に持ち込んだ。
そこで、1〜2発「暗黒」を撃ち込んで、若干敵の体力を削ってみた。
パインが魔銃士に着替えて、再度ダークナイトに戻ろうとしたとき、メガトンベリが「真夜中の叫び」を使ってくれたので、
パインだけがそれをラーニングした!!
後の二人も、摩銃士に着替えれば順次ラーニング可能か? と思ったが、決死の覚悟で着替えてみても、
メガトンベリは「真夜中の叫び」を放ってくれなかった。
それどころか、リフレクで跳ね返ってきたフレアやファイガによって自滅していった。
ハイポーションでちょっと回復とかしてあげてたのに……。
もしかしたら、もっと何ターンも戦い続けることが出来たなら、また「真夜中の叫び」をやってくれてたかもしれないけど、
パインがラーニングした時のことを考えると、体力があるボーダーラインを下回った時に、
一回だけやる行動である可能性も否定できない。
とすると、安全に後の二人にも「真夜中の叫び」をラーニングさせたかったら、
OSしたメガトンベリと、後2回くらい戦わないといけないことになる……。
ダークナイト・魔銃士・魔銃士というパーティだと即全滅だと思われるので、
ラーニングさせたい魔銃士+ダークナイトふたりという組み合わせでギリギリ勝てる感じだし……。

とりあえず、パインは全ドレスフィアの全アビリティを習得したので、アビリティ習得はこれでよしとするかなぁ。
一応ゲーム開始時は「3人全員が全ドレスフィアの全アビリティ習得」を目指すことを目標にしていたけど、
OSしたメガトンベリとあと2回戦うのは辛い。
ゲームなので、ストレスが楽しさを上回るのは大変よろしくないww


というわけで、次回は80階のボスを倒して、そのまま100階に向かおうかなと思っておる次第。
どうにかして賄賂用のギルを稼いでおきます。