今日は休み!!!!

--------------

昨日、晩御飯の後ブログ書いてたら、吐き気がして来て、横になっても縦になっても辛い状態になった。

出国直前に胃腸炎になった時を思い出した。

私は、小さい頃はかなり頻繁に吐く子供だったけど、中学校に上がったあたりから全然吐かなくなった。
だから、「吐き気を催す」ということがどういう感覚なのかも忘れるくらいだったけど、
この前の胃腸炎で久々に「気持ち悪い、吐くかも」と思った。
強いて言えば、大学時代に一度、お酒をちゃんぽんして飲んでしまったために、
悪酔いして吐いたことがあるけど、それが最後かな。
でも酔っていたからこそ、はっきり覚えていない感じもする。

でも、そこから考えても軽く10年は
「本当に吐いてしまうほどの」吐き気と無縁だった。

で、昨日晩御飯の後に、
「みんなが調理の係だから、私は洗う係」
と主張して、食器と調理器具を洗った後に、ゆっくりブログを書いていたら、徐々に気持ち悪くなって来たわけよ。
「あっ、喉元まで迫って来た!」
っていう吐き気は、悪酔い時を除けば、25年ぶりだった!
出国直前の胃腸炎の時も、気持ちは悪かったけど、ここまで「吐きそう」ではなかったので。

それで、とにかく吐かないように堪えていると、徐々に吐き気の波がフェードアウト。
体が拒絶して出したがってる物が、胃よりも先に進んでしまえば吐いても仕方ないから吐き気が止まる、みたいな。
で、その後当然お腹を下した。

多分だけど、あの感じならブラックソーセージが体に合わなかったんだと思う。
煮豆はここに来てすぐに一度食べたし、対してブラックソーセージは、「生まれて初めて」食べたから、
体がビックリしてもしょうがない。
(さもなくば、調理場が不衛生なせいか……)
体が「ビックリした」だけなら、もしかすると2回3回と食べれば慣れて行くのかもしれないけど、
わざわざそれは試したくないので(w
今度の食事で出そうになったら、
「これはどうやら体に合わないみたいなので、食べられない」
と説明しようと思う。
初めて食べたものがたまたま体に合わなかったら、それは、誰も悪くないしな。
それより、お腹壊す可能性があるのに、我慢して食べて吐いたりする方が良くないし。

朝ごはんは、朝ごはんらしいものが出てくることはないので、
キッチンでバナナを1本貰ってきて、昨日パーキングエリアで買っておいたマドレーヌ2個と併せて食べた。
早く和食……でなくても良いから、「様々な選択肢の中から自分の気分に合ったものを選べる」日本の食生活に戻りたい。
和食とされるもの一つとっても色々あるし、ましてや和食以外だって食べられるのだから。
フランスに来ているのに、フランス料理らしいものって食べてないなぁ。

image

昼に卵のパスタ食べる?と聞かれて、カルボナーラかな?と思い、食べると答えたら、
目玉焼き2個の上に茹でたマカロニが乗っただけのものが出て来て、
味付けは何もなくて……
「君らはこれで毎日満足してるの? てかこれもフランス料理なのかな?
だとしたら日本でも簡単に作れるけど、誰も好んでは食べないのでは……」
とか色々驚いた。
でも、毎日こんな感じではあるから、諦めもついてきた。
前回は機内食の味がなかったけど、ノルパパ家に着いてからは、
フランスやスペインの家庭料理を色々楽しめた。
今回は、ステイ先のご飯より機内食の方が味がある感じの流れだ。
国へ帰ったら、パスタソースも送りつけるぞ…絶対にだ!
まさか、シンデハイにとっての「料理」って「塩茹でする」の一択なんじゃないか?と思い始めた。
私の作った肉じゃが食べたいし、食べさせたい。


久々に艦これのウィークリーをやりながら、ツイッターでやり取りしてたんだけど、
ポケットWi-Fiの電池が切れた。
充電ケーブルに挿したままでも、使ってると電池切れになる。
つまり、充電速度を消費速度が上回っているんだろう。
こうなると、しばらく充電しないと起動すら出来なくなる。
当面暇だ……。

部屋の中に水槽があって、魚が泳いでいるけど世話されてるの見たことない。
餌とか毎日あげないのかな?
あとで聞いてみよう。

ユアンに
「ラベンダーとバラの香り好き?」
って聞いたらすごく頷いたので、スチームクリームの香りを嗅がせたら、
「ワーーォ………(*⁰▿⁰*)」
と、驚きと喜びに目を丸くしていたので、帰りにスチームクリームは置いていこうと思う。
荷物を軽くするために、余ったシャンプーなんかも全部置いていく予定だし。
スチームクリームは、髪にさえ塗れるレベルに万能だしなー。
あと、空になった缶を小物入れとして使えるし。

そういえばDS持ってきたんだった、と暇潰しにMHX起動。
シンデハイにオープニングを見せてみた。
「日本で人気作なのは知ってるけど、やったことはない」
とのことだ。
まぁシンデハイはゲーマーって程ではないからな。
それにモンハンは、日本発売と同時に海外展開はしないから、
例えば日本でXXが出る頃にようやくXの海外版が出るとかそういうラグがあるみたいだし。

モンスターそれぞれが、テーマ曲(戦闘BGM)を持っていると説明。
シンデハイに、
「モンハンの戦闘曲勝手に作ってみた」
もやってみてほしいね。
ちなみに、今日はEPBの新作を作曲する作業をしてた。
ネタバレになるから内容は伏せるけど、
「ただのありがちなHIP-HOPで終わらせたくないから、色々工夫してるけど、今回の対決キャラは
元ネタのメインテーマが、よく知られてるけどHIP-HOPとは程遠いから、
どういう風に取り入れるかで苦戦中」
らしい。
取り入れられれば斬新だけど、元のジャンルはかけ離れてるから難しいみたいだね。

3DSを充電しようと思ったけど、私は変圧器は持ってきてなかったので、
アダプタがヨーロッパの電圧に対応してなくて充電不可だった。
でも、一回挿してみて充電されないことでそれに思い当たったので、
もしかしたらアダプタ壊したかもしれない。
帰国した日にそのままアキバ寄ってアダプタを買うか、帰国前日とかにAmazonで注文しようと思う。

月末なので、仕事の請求書を作って事務所に送った。
渡仏後も、一応マイクやパソコンはあるので、収録は可能だし、
平日はステイ先にいるので、仕事受けられるけれど、やはりフランスに着いてからは仕事来なかった。
そうだよな、だって納品翌日とかに、ちょっとここ直してーって感じで
急なリテイク入ったりもするけど、時差の関係もあるから対応出来ないかもしれないもん。
そうすると、事務所とクライアントにとってリスクだから避けられても仕方がない。
環境だけあっても、「急な変更に対応できる」ことが元々の売りだから
そこがなくなるとねぇ……。
だから、1月の請求書と比べて、2月はかなり請求額低くて落ち込んだ。
3月も、前半は丸々仕事来なくて収入減る覚悟でいないといけないな。
いや、仕事がもし来たら対応出来るんだけど、来ない覚悟もしておかないといけないっていう……。

ちなみに、請求書を作るために、日本にいる時点で1月の請求書をGoogle Driveにアップして、
iPadにドライブとエクセルのアプリを入れて、万全を期した!
で、携帯の方でメールボックス見て、タブレットでドライブのスプレッドシートに詳細入力して、
「コピーをメール送信」した。
スマホとタブレットがあれば、このあたりの作業は(パソコンより時間食うけど)こなせるので助かった。

明日は少し出掛けるかもしれないけど、今日は久々にただダラダラ過ごせた。

晩御飯食べたら寝るので、今日はここまでの部分で記事にしちゃいます。


追記

晩御飯は、「スープ食べたい」と言ったら、レトルトのスープ買って来てくれた。
ユアンが
「野菜がたっぷりのやつ選んだから」
と言うので、心の中でガッツポーズして待ってた。

image


野菜、スープに溶け込んでて実質流動食だった。



-------------

記事公開したものの、本日最大のオチはやはり夜やって来た。
そう、昨日腹を壊したのがオチになったけど、すでにブログ公開してあったから、
こっちの記事に書いたように、今日も晩御飯の後オチが来てしまった。
今日はまだ寝るまで時間があるので、この記事に追記する形にする。

私が流動食的なとスープと、古くて硬くなったパンを食べている間に、家の人たちはみんな、
「今日友達と飲みに行くことになってるんだー
帰って来るのは1時くらいかも。先に寝てて!
何かあったらフェイスブックにメール飛ばして!」
って感じで出かけて行った。
私は、もうこの後は、食器を洗って寝るだけだし「何か」なんか起こるわけない、と思って油断していた。

image
そんなわけで家には私しか居なくなって、晩御飯が終わったので、バターを冷蔵庫にしまってからゆっくりと
YOPのシトロン味を味わおうと思って部屋を出たら
スリッパが
「びちゃっ!!」
と言って、びしょ濡れになった。
咄嗟に後ずさり。
なぜなら、部屋を出ると廊下なんだが、廊下の様子を見るための電気をつけるにはトイレの前まで行かなくてはいけない。
まぁその電気を付けてもキッチンが明るくなるだけで、
廊下の電球は切れてるからよく見えないんだけど…
トイレはこの部屋の隣ではあるが、そこまで歩いていけないほどの水浸し状態を察知したからだ。
そのまま進むと、スリッパが死ぬ。

そこで、一旦部屋に戻って携帯を持って来て、部屋の前を携帯の懐中電灯機能で照らしてみた。
部屋のすぐ前まで洪水が迫っている!!
しかも、シャワールームか台所(トイレよりも更に少し向こう)から、
水のバシャバシャ流れる音がしているので、
これはつまり、今後事態が悪化することを意味する。
これ以上水位が上がると部屋に浸水する!

そこで、すぐにユアンにメールした。
か「わーーーー!!!!大変だー!部屋の前が洪水でシャワールームの方から水が!!」
ユ「大丈夫。それ、洗濯機の水なんだけど、いつもそうなの」
か(洗濯機使うたび家の中洪水だと!?)

か「何か私に今出来ることは!?」
ユ「私のベットの上にオレンジっぽい色のタオルが置いてあるから、それを洗濯機の前辺りに敷いといてくれれば、
なんとかなるよ」


私は、裸足になってパジャマの裾をまくってから、注意深くユアンの部屋まで行った。
なぜなら、洗剤混じりの水だからものすごく滑るのだ!
そして……汚い!

ユアンの部屋の電気を付けて、タオル(かなり大判で厚みのあるバスタオル的なもの)を発見!
私はそれを洗濯機の前に敷いてみたが、そんなものでどうにかなるような水量ではないと思う……。
いつもこれでなんとかしてるなんて信じられない。
台所とシャワールームの前とトイレの前、部屋の前、全てが水浸し……。

私は意を決して、一旦洗濯機の前に敷いたタオルをシャワールームで絞って、
それを雑巾に、床掃除することにした……。

廊下の電球が切れているのは、
「汚いものを直視しないで済むから」なのかと思うくらい、
抜け毛と埃と蜘蛛の巣がいっぱいだ。
何年物の抜け毛と埃だよ……と思いながら拭いては絞り、拭いては絞り。
タオルがデカすぎて重いので、途中から台所の床に落ちていた雑巾なのかどうなのかもわからない布で、
(どうみても雑巾だが、この家の人たちが雑巾として使ってない可能性もある。
台所にあるので、あまり深く考えない方がいいかもしれない)
いや、これはもう雑巾として使っちまおうってことで、より強く床を磨くことにした。
その雑巾のような布は、日本の手拭いを厚くしたような質感で、
伸縮性と吸水性は弱く、パリッとした感じ。
拭くのには適しているが、なかなか水捌けの助けをしてくれない。
足首を骨折している関係上、「つま先で立った状態でしゃがむ」のが辛い。
それに、洗剤混じりだから滑る。
絶対に尻餅をつかないようにしなければ。

そういえば、電球を切らしたままにして汚いところを直視しないようにしていることと、
中世、排泄物を窓から投げ捨てていた衛生観は、連続性のあるものなのかな、と考えてみたり、
家の中を掃除する概念がないのかな?とか、
「清掃人の仕事がなくなるから落ちてるゴミなんか拾い集めるな、むしろゴミはそこらへんに捨てろ」
と前回言われたことを合わせると、
「清掃人以外は、自宅の掃除スキルすら持てない社会が出来上がるということだろうか」
と思ったり、とにかくパリが汚いということについて色々思索した。


そして、私は、
「いつもこうなの」
と言われた洗濯機の裏側や下を覗き込んでみた。
一体どこからこんなに水が溢れているのか。
ちなみに、洗濯機は台所の、冷蔵庫の隣にある。

すると驚くべきことが判明した。
洗濯機の排水ホースが、排水管に刺さっていないのだ。
排水ホースは、だらりと宙に浮いており、洗濯機の後ろに全ての水を吐き出していた。
つまり、洗いとすすぎで使った全ての水を、台所に排水していた。
で、洗濯機の後ろには、排水管が口を開けていた。
水と通して感電したら、220Vなので多分死ぬ。


挿せよ!!!!!ww
これ、いつも、タオルで拭いて対応してたの!?!?
無理でしょ!!!!!ww
洗濯機って、屋内に置いて、使うたびに床を水浸しにするアイテムだと思っていたの!?!?

い、意味が、わからないよ……
解決策、「タオルを敷く」じゃなくて、「排水管にホース挿す」だと思うし、
もっと前の段階で解決してそうなもんだよ…

私はこれだけはいやだったけど、仕方なく裸足でトイレに行き、シャワールームで足だけ洗って、爪先立ちで部屋に戻った。
シャワールームから部屋に行くには、どうやっても水浸しだったゾーンを経由しなければならないので、
シャワールームで足を洗っても、部屋に戻ったら足の裏が汚れていた。悲しい。
そして、この部屋にはティッシュボックスはないので、
ポケットティッシュで足裏を拭いてベッドの上に避難した。
朝までトイレに行かなくて良いはずだし、その頃までにはスリッパで歩けるくらいには床が乾いてるんじゃないかな。
乾いてるといいな。
乾け。


そんなわけで、ついに止むに止まれず、掃除をしてしまった。
疲れたww