(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)・∀・(V)


今期やっている「けものフレンズ」というアニメが気になったので、dアニメストアで見てみました
皆、お互いの得手不得手がわかった頃にはすっかり友達になっている感じの優しい世界でした。

でも、事前に取り入れていた情報が、
「去年の12月に終了したネクソンの携帯用ゲームアプリ「けものフレンズ」の世界観を引き継いでいるが、
 実際のゲーム同様、人間(プレイヤー)がすっかり居なくなってからしばらく経っているらしく、
 残された人工物は使われなくなったことで軒並み苔むしたり使い物にならなくなったりしている。
 チュートリアル解説などを行うらしいメカ(コンシェルジュ的ポジション)が、
 フレンズ(NPC)とは一切言葉を交わさなず、人間と思われる主人公にだけ話しかけてくる」
というもので、
「この世界おかしい……」「闇……」
みたいなツイートも見てしまったので、私の頭の中では何かすごく闇と狂気を
低IQな発言で覆い隠すアニメが構築されてしまったのですが、見てみると別にそこまで闇も狂気もなかったです。
少なくとも第5話までには。
実際、「ゲームの中の世界そのもの」じゃなくて、「サービス終了したゲームの中の世界」を描いてるところが
かなりメタ的で新しいな…と思いましたがw

ただ、実際人間(プレイヤー)がすっかり来なくなって、けものたちは、そういうものがいた事自体を忘れているらしく、
主人公の「かばん」ちゃん自身も、自分がなんの動物かわかっていないので、今後どうなっていくのか気になっています。
「図書館」に着くことで、かなり進展するのかしら?
人間は、プレイヤーであるだけでなく、「ジャパリパークの創造主と同じ種族」でもあるので……。
空から神様降ってきたら、
「なにそれ!? すっごーーい!! どうやったの!? きみはなんて生き物なの!?」
ってなるもんなぁ……。

この「皆違ってるけど、皆自由に楽しく仲良く暮らせるんだよー」感、最近どっかで感じた、と思ったんだけど、あれだ、
ピグブレイブだ。


アニメは1〜5話を3周見てしまったんですけど、
(1周目のときちょっと忙しくて、風呂でシャワー浴びながら無理やり2〜4話を見たので、復習する必要があった)
だんだんOPが唄いたくなってきたので、Amazonで買いました!

大人数でワイワイ唄う感じになっていることが重要だと思ったので、7役やりました。
といっても、原曲みたいに、主旋律パートを色々な人が入れ替わり立ち替わりで唄うというのはせず、
主旋律は、「タラバガニのフレンズ」にずっと唄ってもらう設定。
他に、シオマネキ・スベスベマンジュウガニ・ワタリガニなど6匹(すべてCVかにぱん。)に参加してもらって、
サビや合いの手でごっそり混ざってもらいました。
誰がどういう声かは、セリフゾーンでわかるはず。
ハモりもやる必要があったので、久々にミキサーの16Track(上限)をフルに使いましたw
わーい! すごーい!! すごくたーーのしーー!!! あっははははー!!