WMMで出力したAVIを、MP4(H264)にエンコードしよう!
メリットは、FLVより高画質!!



---------------



■必要なソフトのインストール(MP4編)

以下のFLV用エンコードセットは既にインストールされているものとする。
AVIUTL本体
flv-0.2.3
vp6_vfw_codec.exe
もしまだならこれも
lame(mp3エンコード用コーデック)


MP4エンコードのために上記に追加して以下を導入
vcredist_x86.exeとDotNetFx35ClientSetup.exe
上記をインストール後以下を導入
x264GUI 拡張x264出力GUI(H264用プラグイン)
MP4Plugin
NeroDigitalAudio.zip




1、 複下鑪燹砲鬚い困譴盖動してインストール(自動再起動があるかもしれません)
2、△鉢を解凍して、中身の「x264gui.auo」と「x264gui.ini」、「mp4input.aui」と「mp4export.auf」をAVIUTL本体のあるフォルダに移動
3、い魏鯏爐靴董win32」というフォルダをそのままAVIUTL本体のあるフォルダへ移動



■AVIUTLでFLVエンコード

1、AVIUTLを起動
2、「ファイル」→「開く」で、WMMで出力したAVIファイルを開く
3、「ファイル」→「音声読み込み」でWAVファイルを指定する。
  動画としてイメージした形になっているかどうかは、「表示」→「再生ウィンドウの表示」でプレビュー窓を開くことができる。
  動画の縦横サイズを変えたい場合は「設定」→「サイズ変更」で変えられる。
4、出力する。以下出力の設定詳細。


ここまではFLVと一緒!
MP4出力はここから。

  「ファイル」→「プラグイン出力」→「拡張x264出力(GUI)」を選択
AVIUTL_FLV出力01保存先を指定する窓が出現するので、フォルダ選択して、ファイル名を入れたりする。
「ビデオ圧縮」ボタンを押す。








AVIUTL_MP4出力01出力設定窓(左図)が出現する。図のように設定する。
今回も「2パスエンコード」なので、「マルチパス-Nth PASS」
「nul出力」のチェックをオン、「自動マルチパス」のチェックをオンで数値は2〜3
「ビットレート」欄に数値を打ち込むか、その下のバーをスライドして数値を決定。
右半分「音声」の方で初回はNeroエンコーダーの位置を指定してあげる必要がある。
AVIUTLの中にさっき移動した「win32」のがそれなので、赤で囲んだ参照ボタンを押して指定。
音声ビットレートを選択する。(図では「Q-Based AAC 300^kbps」となっているがこれが最高音質)

ちなみに、四角く囲んだ「プリセット」の中に「ニコニコ超画質」というようなプリセットがあるので、それを読み込んでからいじると早い。
「ニコニコ超画質プリセット」
AVIUTL_MP4出力03













AVIUTL_MP4出力02設定というタブに移動。

<動き予測アルゴリズムについて>
 静止画が多い場合は「DiamondSearch」
 動きが多い場合は「HexagonalSearch」
 中間なら「ExhaustiveSearch」


<スレッド数>
0推奨

<インターレース保持>
チェックオフ推奨
(保持したければONだけど)


「OK」して設定画面を閉じて、フォルダ指定とファイル名入力の画面に戻ったら、「保存」を押せばエンコードスタート!

ビットレートや、音質・画質についての薀蓄は、前回の記事に書いたのでそちら参照。


次回更新は、記事ストックが出来たらになります!
少々お待ちください。