Windowsムービーメーカーでさっさと動画を作る講座。


---------------


Windowsパソコンに最初から入っている動画編集ソフト「Windowsムービーメーカー」の
超基本的な操作方法。

WMM_01






1、動画作成のための「コレクション」フォルダを作る。(作らなくてもいいが、あとでどれがなんだか分からなくなるかもしれんよ!)

2、素材を今作ったコレクションフォルダにD&Dで投げ込む

3、音のファイルは「オーディオ/音楽」のタイムラインの頭に合わせてD&D
  映像や画像は、「ビデオ」のタイムラインにD&Dして、終点を音楽に合わせる。(終点ドラッグでできる)

4、映像にフェードイン・フェードアウトやその他の特殊効果をかけたいなら、ビデオタイムラインの対象ファイルを右クリックして「ビデオ特殊効果」
  もしくは、左上の「ビデオ特殊効果」というところを押して一覧から「ビデオ」枠にD&D

5、そろそろプロジェクトファイルを保存する時期
  「ファイル」→「名前をつけてプロジェクトファイルを保存」

6、動画の出力
  「ファイル」→ムービーファイルの保存

WMM_出力_01
保存場所「マイコンピュータ」 → 「次へ」










WMM_出力_02
ファイルの名前を入力
「参照」で保存場所のフォルダを選択
「次へ」









WMM_出力_03
手元でエンコードせず、そのままアップロードするなら
「コンピュータの最高の品質で再生(推奨)」を選択して「次へ」
出力される動画はWMV形式になる。
ニコニコへのアップロードは可能だが、ニコニコで公開された動画が完成したファイルよりも劣化する。






WMM_出力_04
手元でエンコードする場合はAVIで出力することが推奨される。
「その他の設定」 → 「DV-AVI(NTSC)」にして「次へ」
出力されるファイルはAVIになる。
サイズは740×480(固定)。
尚、エンコードについては次回。
この方法を用いる場合、出力時点で音声はファイル消去か「ミュート」で無音にしておいてよい。
エンコードでどうせWAVを最後エンコーダーに読み込ませるし、その方が高音質なので。





<オプション>
・タイトルや歌詞字幕を入れたい
「ツール」→「タイトルおよびクレジット」を使うのだ!


・動画のサイズは「640×480」か「740×480」しかないの?
Windows Media Encoder」の「プロファイル」で新しいプロファイルを作れるよ!

1、Windows Media Encoderをインストール(上記リンクより)
2、スタートメニューのプログラム一覧から「Windows Media」→「ユーティリティ」フォルダ内の「プロファイル エディタ」を起動

WMM_プロファイル01プロファイルの名前や説明を記入。
△里茲Δ法嵒兵船戞璽后廚鯀択
い鬟リックして、次の画像のように品質を自分で決めることができる。
以後、品質変更にはの「編集」を押すかい鬟リック。






WMM_プロファイル02
品質設定。
HD画質ならこの画像のように「1920*1080」などのサイズにするわけだ。
勿論、その他自分で自由に記入可能。
そして設定を「保存して終了」するわけだが、ここで超重要なポイント!





保存先は、デフォルトだと、「Windows Media Encore」のフォルダになっているが、
Cドライブ:Program Filesの「Movie Maler」の「Shared」→「Profiles」にすること!
そこに例えば「nico.prx」などの名前で保存しよう。
次にムービーメーカーを起動して、動画を保存する際一番下に追加される!(下図)
WMM_プロファイル03
ここに表示されるのは、プロファイル作成画面の「名前」欄に入力した名前になる。
(フォルダに保存したときの、ファイル名ではない)







-----------------------------

Windowsムービーメーカーは、あまり細かい編集には適さないとは思うが、上記のように、
「一枚絵に音声が流れているだけ」のものなら、数ステップで出力できてしまうという簡単さはある。
まずソフトウェア自体が標準装備であることも含めて、初心者向けといえるだろう。

そしてWindowsムービーメーカーは、それ単体だと、動画の縦横サイズを自分で指定できない。
そこでオプションとしてWindowsメディアエンコーダーのプロファイル作成をオプションとして掲載した。
このようにして、高画質AVIを出力すれば、次回以降の記事に掲載するエンコード方法でFLVやMP4に変換してからアップロードできる。

ニコニコは、AVIやWMVなどの動画もアップロードは可能だが何度も言っているように劣化するし、
プレミアム会員でも、動画のファイル容量が100MBなので、AVIの100MBというのは、
時間にして数秒になってしまう…。
つまり、画質をなるべく落とさず、しかも容量を減らしたいと思ったら、
AVIで動画を作って、自分でエンコードをして100MB以内のファイルを作ってからアップするのが妥当ということだ。

次回は、こうしてWMMで作ったAVIを別のファイルにエンコードする方法を紹介していく。


次回、【講座】ニコニコで活動する方法 第38回 「エンコード方法」は、
2月4日 22時 公開予定!!