録音→ミックス と来て、音源のWAVファイルを作るところまでは出来たはずなので、
動画を作る材料は揃った。
が、その前に「エンコード」とは何かについて解説してみる。


---------------


まず、「エンコード」という単語について解説。

エンコードとはファイルや文字列の変換のこと。
動画の種類、そして読み書きには、様々な「コーデック」が使われている。
それは喩えるなら鍵のようなもので、あるAというコーデックで作られた動画は、同じAというコーデックを使わないと見られないという感じ。
このブログの記事を始め、ウェブサイトやメールにも「エンコード」がある。
PC上での文字の読み書きにも、何種類かの「鍵」が使われていて、
それが一致しないと、書いた人と読む人で全く異なる文字列を目にすることになってしまう。
だから、その「鍵」を選択すること自体も「エンコード」と言ってもいいかもしれない。

音声や動画の場合。
動画の種類が沢山あることは、拡張子を見れば一目瞭然だ。
AVI、WMV、MPEG、FLV、MP4などなど…。
例えばAVIのファイルにはAVI用のコーデックがあって、それを使って作られているし、
同じコーデックをPC内に持っていないと見ることすらできない。
動画サイトでは、こういった様々な拡張子の動画ファイルのアップロードに対応しているが、
「推奨形式」というのがあるわけで、例えば最近はMP4が推奨されている。
そうなると、手元にあるアップロードしたいファイルがAVIだったとして、それをMP4に変換してからアップロードすることが好ましい。
この変換が「エンコード」だ。

音声のファイルにも、WAV、MP3、AIFF、AAC、FLACなどの形式があり、これらを変換するのもやはりエンコードと呼ぶ。
例「WAVをMP3にエンコードする」

また、AVIやWAVのように、無圧縮のメディアを他の形式に変換する際は、圧縮(ファイルサイズを小さくする)も兼ねていることが多い。
エンコード=圧縮ではないが、圧縮のためにエンコードすることもあるということだ。
逆に、圧縮を元に戻すようなパターンだと「デコード」という。


動画の作り方はいくつかあるが、最も手っ取り早い方法を用いると、この「エンコード」がネックになる。
上記の通り、動画サイトでは近年MP4形式を推奨しているが、
新規インストールが不要という意味で一番簡単な動画作成ソフト「Windowsムービーメーカー(WMM)」ではMP4ファイルを作れないからだ。
もちろん、WMMで作った動画をそのままアップロードしてもいいが、サーバー側で雑にエンコードされて画質・音質が劣化する宿命。
だから質にこだわるなら、WMM以外のソフトで動画を作るか、WMMで出力したAVIをエンコーダーでエンコードしてからアップロードするかの2択になる。


というわけで次回からそこらへんを解説していく予定なのだが、「エンコード」というのはどういうことなのかを
動画以外で知っておいてもらったほうが良いような気がしたので、今回は音声のエンコードについて説明しちゃう。


この記事の頭にも書いたけれど、「歌ってみた」動画を作るための「歌ファイル」としてはWAVがあれば良い。
だからWAVファイルを別の形式にエンコードするのは、動画作成の上で必須項目ではない。
しかし、ファイルの扱いに慣れるという意味で、「メディアファイルのエンコード(変換)」のことは知っておいた方がいい。
なぜならば、上にも書いたけれど、WAVやAVIは無圧縮だから容量が大きい
つまり、私のように、沢山の音声や動画を扱っていると、HDDがすぐに満タンになるのである。
そこで、もう用の済んだファイルは削除するか、圧縮(エンコード)して小さくして保管するか、になる。
とにかく動画や音声などのメディアファイルは、制作過程で生まれる「無圧縮ファイル」が幅を利かせる!
だからこそエンコードをしてファイルサイズを小さくしてWeb上に公開するということでもある。
保管や配布のためには、エンコードやデータ圧縮は知っておいた方が良いことなので、
エンコードとは何かの説明に付随して、ファイル変換ソフトの紹介をする。



SoundEngineでWAV→mp3

これがなんと、バージョン5から、「コマンドライン」という機能が廃止になって出来なくなってしまった。
だから私はあえてバージョンアップせずに、4を使っているのだけど…
バージョン4なら、こういう方法で、WAV以外のファイルの読み書きが可能である。
しかし、オフィシャルがバージョン4の配布をやめてしまったので、仕方がない…。
WAV以外のファイルを波形編集したいならば、バージョン4を使ってmp3読み書きできるようコマンドライン登録するのが一番なのだが
バージョン4の入手ができないとおもうので、下記のような変換ソフトを使ってWAVにデコードしてから
SoundEngineに読み込むのが良いだろう。


Super@

様々な、動画・音声の変換が出来る。かなり重宝している。
ダウンロードリンクが紛らわしいので注意。
上記リンクを開いたらとにかく一番下へ。
クリックするのはここ。
super01





その次のページも一番下まで行って、これ。
super02






あらゆるメディアを様々な形式に変換できるので便利なフリーウェア。

ところで、前にも講座記事の中で書いたと思うが、「DOWNLOAD」というボタンがでかでかと表示されているのに
それは落としたいのと無関係なファイルの広告ということが多々ある。(しかも時折ソフト自体がマルウェアまがいだったりする)
この2年で、こういう広告が急増した気がする。
今↑に貼ったスクリーンショットでも、落とすべきファイルのすぐ上に無関係な黄緑の「DOWNLOAD」のボタンがある。

この「罠」に引っかからないためには、カーソルをそのバナーの上に乗せたとき、ブラウザにリンク先が表示されるのでそこを見ることだ。


この図のように、赤い四角で囲った部分(罠)にカーソルを乗せると、この図でも見えるように、
ブラウザ下部に行き先が表示される。「クリックするとここへ行きますよ(これをDLしますよ)」という予告だ。
super03この画像では、Chromeを例にしているが、他のブラウザでも同様だ。

リンク先は「http://googleads.g.〜」となっているのが見える。
これは「Google adsense」という、Googleの広告だ。「ads」「adsense」は広告なので、
リンク先URLにそういう文字列があったら
それは求めているファイルではないことは明らかだ。

しかもご丁寧に、赤い四角で囲った部分の左上にも「Advertisement(宣伝)」と書いてある。
こういうところに注意して、DLしなくていいものはPCに取り込まないようにしよう。
必ず、無関係なDOWNLOADボタンの周囲には「Advertisement」か、日本語の「広告」の表記がある。

あ! このブログの記事も最後に広告あるんだった!
「Ads by Google」と表示される。


xrecode II

扱えるファイルの種類には、見たことがない拡張子の方が多いレベルwww

ちなみに作者サイトは日本語に対応していないし、インストール画面も英語のみだが、起動すれば日本語化可能。
フリーソフト紹介サイト”k本的にフリーソフト”も参照してね!
フリーウェアだけれど、有償版もある。とはいえ、フリーの状態で十分活躍する。


午後のこ〜だ

割と老舗ソフト。
このソフトに付属している「GOGO.DLL」というドライバファイルは、他のソフトウェア(SoundEngine等)でもエンコードに使える。
いやむしろ必須だったりする。


Audacity

ミキサーとしても使えるので、これひとつあれば私のようにSound EngineとKRISTALを組み合わせたりする必要はないし、
音声ファイルの変換にも使える。
もちろん、変換専用ソフトに比べたら、対応しているファイルの種類は少ないけれども。


-------------------

音楽をやる場合、少なくともWAV⇔MP3は自在に出来ないと困ると思う。
しかも、フリーウェアでも出来ることなので、あとは使い方を覚えるだけだし、大体はファイルをD&Dして
変換形式を選んで、圧縮の設定を決めてスタートというような流れで共通している。

勿論、DAWソフトを買ってしまえば、そのソフト上でミックスなり変換なり波形編集なり、あらゆることが可能だろう。
しかし、この講座では、そういう投資を仮にしなかったとして、無料ソフトを使ったら何がどのように出来るかもまとめているので
今回はフリーの変換ソフトを取り上げた。

そんなこんなで、次回から動画の編集とエンコードの説明をじわじわ始める予定!


次回、【講座】ニコニコで活動する方法 第36回 「動画を作る」は
1月21日 22時 公開予定!!