こちらの記事で、「プリンタの黒のインクタンクの片方(PGBK)から全然インクが出ていないようなので洗って乾かした」
ということを書いたのですが、その後、洗浄して乾かしたプリンタヘッドを再装着したところ、
「B200」というエラーが表示されました。

つまり、悪化しました!!いえーい!!ww

この「B200」というエラーがですね、キヤノン製のプリンタでよく見受けられる最も悪名高いエラーなのだそうですw
それが出るようになっちゃったーー!!!www
少なくとも、インクが詰まって出なくなっただけだったぽいのが、基盤故障のエラーに進化したっていうことになる!w

これは、もうね、前回の記事を見ていただくとわかるとおり、数ヶ月越しのバトルだったので、
年が明けて早々のショックな事件というより、2012年を締めくくるマシンエラーという感じで
「年明けからがっかり!」って感じではないんですが・・・
あの記事のあとに、乾燥したと思われるヘッドをつけたら「B200」が出たんですね。
それで、B200の方で検索してもやっぱり、ヘッドを洗って乾燥させれば直ったりするって情報が多かったので
クリスマス頃にも2度目の洗浄をしてずーっと乾燥させていたんです。
もうそろそろ乾燥しきってるだろうと思って、さっきヘッダをつけたのですがやっぱりB200でした。

どちらにしても、このエラーの修理には11,000円かかるそうですから、本体買った方が早そうだし
本体買った方が早そうと思わせる作戦なんじゃねぇのと邪推していますw

そろそろ健康診断にも行かないといけないんだけど、健康診断とプリンターってほとんど同じような値段なのよねw
ちょっと出費が痛いです(´・ω・`)

参考:
ブログ・水無月生 CanonプリンタMP630のB200エラー修理
デジカメと リスと小鳥と 時々その他 Canon PIXUS MP640 エラー B200から回復♪
Solaris_x86活用日記 Canon製プリンタ B200 エラー解決方法