前回までのあらすじ
せらさんのアニメが上映され、見てくれたのでせらさんが喜んだ。

Chaotic Freedom(カオフリ)ステージ
 26 バラライカ(いさじ バックダンサー:阿部ダンサーズ超監督・千葉ダンサーズ)


 27 小さな手紙 (つきじ)


 28 Ievan Polkka (ニコニコ合唱団 (V)・∀・(V)+朧月)


 29 正調「分度器音頭」 (朧月)


 30 甲殻勇者かにぱーにゅ (Jumping Spider)


さぁ、出演者とスタッフの期待が高まるカオフリステージです。
シークレットゲストいさじ…
出演を公表していなかったため、「カオフリステージ」があることは関係者しか知らないわけで。
もちろん、「もしかしたら…来るのか!?」くらいに思っていたお客さんも少なくはないとは思いますが
本当に来ると知っていた人っていうのはいないわけですよ。

なので、登場からちょっと演出しようっていうことになっていて、
IN MY DREAMが終わって私がはけると(ここは元々消失でした)、暗転、暗がりの中どやがパイプ椅子をステージ中央 奥に配置します。
ダンサー4人に続いていさじもステージへ。

ダンサーが配置についていさじが椅子に腰掛けます。
ここで、いさじにピンスポ、セリフを言ったらそれを合図にミュージックスタート、の予定でした。
しかし、ステージ袖の会場スタッフさんが照明にキューを出さないので、ピンスポがこない。
そしてミュージックスタートしてしまったのです。
いさじはここで若干パニックw
でももう始まってしまったものはどうしようもないのでやるしかないッw
1番のサビあたりでPAが私のところへ来て「ここ、ピンスポでしたね!wすいません忘れてましたww」
もうどうしょもないwww

1番が終わると、会場から「あれ?なんか録音とちがくね?」というざわめきが。

いさじはステージ中央の奥、つまりパイプ椅子の位置からほぼ動かずに歌っていたため、客席からは
かなり隠れて見えていたと思われます。
前にはダンサーが4人いるし、照明もとても当たりにくい位置です。
特にマユリさんは背が高いので、正面から見るとほとんどマユリさんの影になっていたんじゃないかと。
でも、「あれ?なんか、もう一人マイクを持っている人がいるぞ」みたいなざわざわ感があって
2番が終わる頃には確信を得た人たちの歓声へ。曲が終わると大歓声でしたね。

私がステージに出て紹介しようとしたとき、ダンサー4人がいさじにお辞儀をしていて
(13はお辞儀しすぎてステージにうつぶせになっていた)
お客さんも大はしゃぎ。

(V)・∀・(V)「スペシャルシークレットゲストのいさじ君です!!」
観客\キャーいさじサーン!/

当時のMCタイム


このとき控え室はもぬけの殻で、出演者も階段に総出だったようですw

そして監督を紹介すると、いさじと監督がステージ上で熱い握手を交わし、拍手が起こりました。

この「本家同士」の共演は去年の夏に福岡に行った際にカラオケBOXで一度見た光景です。
そのときの動画(意外と知られてない。奇跡的な光景なのに7万再生とは)


この光景を是非、ステージ上で…!そしてそのときには千葉の三人にも踊ってもらおう、と決めていました。
そんな私の夢も叶いました。
「大勢の人前で歌うことは(カラオケボックスを除いては)ありえない」と言っていたいさじでしたが
福岡では客席からライブを見て、私のこれまでのライブレポなどを読むにつれ感化されてきたようでw
結論から言えば、初ステージをとても楽しんでもらえたようなので何よりです。
初めてライブに出てそれがトラウマになってしまっては呼んだほうとしても申し訳なさ過ぎるし!
今回はいさじのNPを考えての選曲・曲数だったのですが、もちろんやりたかったことは他にもあって
終わった後に「今度はあれがやってみたいな」みたいな感想が出てきたことが何よりうれしかったですね。
「もういやだ」って思ったらそんなこと自分から言えないだろうから…
今後私がライブを主催するとして、そこにいさじが出演者として名前を連ねるかどうかは置いておくとしても、
いさじが次回を意識する程度には成功だったといえるでしょう!


ダンサーさんがはけて、朧月をステージに呼び込みました。
ステージにまさかのカオフリがそろいました。
こんな風に並べる日が、福岡から一年未満で来るなんてのはちょっと自分でも意外でしたけどね…

そしてつきじの「小さな手紙」
これ監督また泣いたのかなw
福岡のカラオケでも歌って、監督、撮影しながらすすり泣きしてたしなww
動画はこれまたあまり知られてないけど…もっと見てもらえるといいな。
マリオさんがイラスト描いているしね。
ちなみに動画形式がSWFだったので、ライブ会場ではバックで流せなかった。ファイル形式変換がうまくいかなかった模様。
リハでは歌詞がちょっとあぶなげだったけど、本番はうまくいったみたい。
ところで、この曲は3拍子なのに、客席の手拍子が4拍子仕様だったのが気になって歌に集中できなかったな。
ズンチャッチャってすればいいところ、「うんたん」だったからな。すげえ違和感。
しかも曲終わるまでずっとうんたん。
щ(゚Д゚щ)<ぁぁぁあっぁあああ!
ってなったw もどかしいw

いさじと入れ替わってイエヴァンポルカ。
これ、ろげちと人前でやるのは合唱祭以来二回目だね。
自分ひとりでもニコマスで歌ったけれど、なぜなんだろう、ろげちとやるときは歌詞間違わない。
ニコマスでは実は2番と3番を逆に歌ったけどただ誰にも気づかれないで済んだだけの話だったw

この曲って、最初はこのフラッシュから始まったよなー。
これを当時(2006年07月03日)私はエンドレスで聴いていて、歌わずにはいられなくなったんだけど
カラオケ音源とかがなくてMIDIをどこかで拾ってきたり、フルサイズ音源を捜してみたり…
思いのほか長い曲な上にひたすら同じメロの繰り返し、歌詞が違うだけで9番まであるとわかって
…逆にやる気が出た!www

最初はベースも自分の声で録音していました。
でも、今自分のPCに保存されている一番古いバージョンでも、すでに朧月がベースを歌っているので
自分がベースやっている音源は上書き保存で消えたっぽいね! どうでもいけど!
しかもその音源は2007年7月付だから、私の脳内でこの曲がループし始めてから1年経って
「そろそろ歌うか」
ってなったのかなw
一年暖めてたんだなw大して意味もなくwww
でも、ニコニコ合唱団として歌ってすぐにニコニコにアップしたんだよなー。
2007年7月って組曲の時代だったから、組曲を歌って…「組曲になんでろいつま入ってないんだろう!」ってなって
立て続けにうpした気がする。
うん、そうだ。

ろげちは、このイベント関係者の中で付き合いの長さ的にはもっとも古株に位置すると思われる。
確か、2ch6周年記念24時間ねとらじでお互いDJとして参加してからの絡みで、
私とみそが仲良くなり始めたのもそのイベントを介してだったから、
みそのほうが若干付き合いが長く、それとあまり時間差がなくろげちとも交流が始まったはずだ。

最初は歌を歌ってコラボするとかそういう発想は全然なかったなーw
お互いねとらじのDJだったから、互いの番組を聴いて掲示板でレスをする、という感じ。
今でいう互いのニコ生にリスナーとして出没する感覚だったんだよな。
で、「VIP STAR」が流行ったときに、そのねとらじの板でVIP STAR合唱しようぜ
ってなって、私は歌の宅録を始めた。
私もろげちも、放送中に歌うってのはあったけど録音はそれまでしてなかったなあ。
PCでネットを介してラジオ番組を配信できるだけですげーおもしれーって時代だったからね。
歌はカラオケボックスにいって歌うものだと思ってたんだよw

それで、VIP STARはさ、オケ板の平井堅スレの「声が似ていて歌がうまいことに定評のあるうp主」が
歌っていると判って自分もオケ板に入り始めた。
そうしたら、宅録やカラオケライン録りや、とにかくいろいろな方法で歌を録音したり
公開したりしているいろんなジャンルの歌い手さんたちがいてさ、あーおもしろいなーって
音楽系の板の中でも特に自分が楽しめる感じがした。
元々、ねとらじを使って「紅白歌合戦」を開催するっていうのは、別の板でやっていたから
ノウハウがあったし、オケ板ならさらに幅広くいろんな歌い手さんを集めて開催できるから
絶対楽しいだろうって思って、やることにした。
それに私はアニソンスレにいたから、いさじみたいな局所的なスレで盛り上がりを見せている歌い手さんが
もっと評価されるキッカケになる企画になったら面白いと思ったしね。
結論から言うと、そういうのも結構うまくいったと思うし、朧月のMC(初代と書いて”はつだい”と読む名義)と
私の運営ツートップで最初の数回をこなした。

企画のはっきりした目的ややり方が定まってからは、それを理解している人であれば
運営を引き継げる状態となったので私は運営から手を引いて、自分が歌うことに時間を割くようになったけれど
いさじが(私の狙い通り)出場してくれたおかげで私、朧月、いさじというメンツが揃ったし
どややまぐさんも、かなり初期の頃に参加してくれたいわゆる「古参出場者」だ。

今回のイベントには、そういう今まで私がやってきた「ねとらじ」クラスタだとか
「オケ板」クラスタだとか、「ニコニコ」クラスタだとか、そういうの全部盛り込んだっていうのは
これで判ってもらえたと思う。



そしてろげちのソロのターンは「分度器音頭」
ブログで予習課題としてあげておいたから、客席からも「ぶぶんどき!」って聞こえてきて良かったw
私も袖で歌ってましたが、ろげちが何回か歌詞飛んで、私も「あれ、なんだっけ」ってなったけどね。
「自分の一部になっていないものはあそこ(ステージ)には持っていけないんだね」
ってろげち反省してた。
事前に練習してる?って度々心配してたけど、多分自分の一部にできてなかったことがわかったから
私が指摘するのよりもはるかに現実・実感として「練習は必要なんだ」って感覚に襲われてそうだ。
こういう成長の機会になるって点も重要だよなー、と思った。
私なんか週12時間以上集中して練習しても間違えるんだから…

それに、この曲って、私とろげちが作り上げた「いおりんラジオ」というひとつのオリジナル世界の楽曲だから
それをやることの価値は見逃せない。
いおらじも、オケ板出場者や個人的な繋がりで出演者引っ張って来てるけど、大体いつも
同じような気心知れてるメンツでやっているから、「オケ板」クラスタでもあるけど「いおらじ」クラスタでもある
みたいな、そういう複数のクラスタに所属するメンバーもいるわけで、ほんとにね、なんというか
身近な人たちとあれやってこれやって、っていろんな遊び方してきた結果としての
今回のイベントなんだよなーって思ったね。


そして、これだけはぜひともやっておきたかった「かにぱーにゅ」
いさじと一緒に歌えそうな歌はいくらでもあるけど、消去法と「絶対これだけは」を残すことでセトリを作った。
これはオリジナル楽曲として記念の一作目だから記念すべきこのライブでやっておきたかったんだよねー。
いさじが出られなかった場合は(V)・∀・(V)ソロになっていたのかな。
でも、デュエットできてよかった。
\KANIPAN!/の掛け声は少なかったけどw
浸透してないだろうからしかたないねw


ここで一旦はけてすぐさま最後の衣装に着替え。


EXTRA STAGE『おまけが本編』
 31 我ら!ザコ敵ギャッキョーン(PV上映会)


 32 突撃ラブハート ((V)・∀・(V)・Magnetism)
    動画はないよ
 33 HOLY LONELY LIGHT ((V)・∀・(V)・Magnetism)


 34 いちごSPARKING!! (どや)

(カラオケ板紅白歌合戦 第二回出場用音声 どや初出場です)

 35 アイスクリームのうた (朧月)


4:10〜あたり


 36 真赤な誓い (どや・Magnetism)


 37 LOVEドッきゅん (タイツォン バックダンサー:(V)・∀・(V)・千葉ダンサーズ・エリツィン)
    動画はないよ

 38 魔理沙は大変なものを盗んでいきました ((V)・∀・(V)・いさじ・タイツォン)


    3人を混ぜた動画はありそうでないみたいよ

     ゾロの誕生日祝いサプライズMC・メイドせらの登場

 39 ビンクスの酒 (ニコニコ海賊団)
    動画はありそうでないよ

 40 レッツゴー!陰陽師 ((V)・∀・(V)・いさじ バックダンサー:出演者全員)



さすがEXTRA STAGEだよ!
動画はないよ の連続!!


まずは、着替えタイムを稼ぐためにもギャッキョーンPVを…
完成したのは実に二日前ですwww

この曲はいさじのNPを考慮して生歌からは排除、しかし元々かにぱにゅサイトにPVを貼ろうという
話はあったので、じゃあライブに合わせて作ってライブで本邦初公開、その後サイトへ、という手順にしよう
と決めました。

PVが流れている中なんとか着替え終えて下に下りたので、間一髪…!
まぐさんとステージへ出ると、オケ板住民が沸いたww
突撃ラブハートデュエットバージョン。

これは、去年の春先まぐカラに行った時に
「せっかくカラオケ一緒に行くんだから、何か課題曲決めてコラボしようぜ」
って話になり、まぐさんはSPEEDの「BODY & SOUL」を提示してきた。
私は前からまぐさんはマクロスが似合うはずと思っていたので「突撃〜」を提示した。
コラボを抜きにしても、まぐさんには他のFIRE BOMBERをやってみてほしかったし。

そして、このカラオケよりも前に私はまぐさんに一度
「いつか私が主催でライブイベントをやるときには、まぐさんにはステージで歌ってほしい」
とメールしたことがあって、そのときにまぐさんからはすごく恐縮した内容の返信があったけど
ステージで歌うこと自体には抵抗がなく、「俺でいいならやっちゃうよでもそういう話をもらえただけでうれしい」
という内容だったと記憶してる。
でも、まぐさんが何か熱いステージを繰り広げてくれるってのは、脳内シュミレーション上不可欠な要素だったから
「うるせー!!いこう!!!」
状態でした。なので、一回はライブ見に来る?ってお誘いをかけたけど、「行く」って返信をもらった後に
「これ前に話した主催イベなんだけど出るのは可能?」ってな感じでじわじわ引きずり込みましたねw

HOLY〜のシャウト完成しててすげえ良かった!
「完成させておく!」って言ってたから期待してた!!!期待を裏切らないまぐさん!!
それに予習課題に設定しておいたおかげか、お客さんもサビの「HOLY LONELY LIGHT!!」言ってくれたしね!!
楽しかった!!楽しかった!!!!!!
まぐさんもいい顔して歌ってたな〜〜!
私も楽しさが顔ににじみ出ていたとは思うけどねw


でもね、今回はさ、まぐさんには「福山縛り」しちゃったけど、私がまぐさんから「この人にステージで歌ってほしいな」
って感銘受けた曲ってのは福山曲ではないからさ、そういうのは次回以降出して行きたいところだよなあ。
期待して待て。




そ し て !

ここで、本日の大どんでん返しのお時間です。
以前バンドのライブで「マクロス詐欺」とかやりましたけどもね!
えぇえぇ、今回も、そうですよ!

いちごコンプリートを予習させておいたのは、そう、「いちごSPARKING!」のためだったのさあ!!
HAHAHA!!
上に貼った音源は、注意書きの通り、オケ板紅白にどやが初出場したときの音源ね。
これ、紅白のあと、なぜかようつべに転載されてたな。しかも、モー娘。の辻画像集でこのBGM。
イミフwww

これもねぇ〜…「オケ板の紅白歌合戦ってのは、ガチでもネタでもなんでもありだよ!」ということを
まざまざと見せ付けるのにうってつけの音源だったからねぇ。
そのあと、池袋のライブのときだったっけね、打ち上げのカラオケ屋でさ、
生で、大人数を前に歌ってもらったのはw
「え!?あれやんの!?まじで!?www」
って感じだったけどやってくれた。「よし、ライブでもイケるな」と確信した。

今回どやには、スタッフも兼任してもらったんだけど、最初にね会場を予約した段階で電話いれて
(V)・∀・(V)「もしもし〜?どやどや〜?」
どや「はい」
(V)・∀・(V)「え、なんでそんな畏まってるの?」
どや「え…?うん、どちら様ですか?」
(V)・∀・(V)「かにぱん。だけど!」
どや「ああ〜、実はさー携帯の住所録吹っ飛んじゃってさー、番号しか表示されないから
   出ないとわかんないのよww」
(V)・∀・(V)「そうか、記憶喪失になったのかと思って焦ったよ!」

 ※ しかし、この時点でどやは、住所録が吹っ飛んでいるだけでなく、寝起きで寝ぼけているので
   私が「かにぱん。だよ」と言ったにも関わらずなぜか、せらさんと喋っているつもりになっている。

(V)・∀・(V)「でさーライブやろうぜー」
どや「あぁーらいぶー?いいよー?いつどこでー?っていうか”やる”の!?」
(V)・∀・(V)「うん、やるのーいちごSPARKING歌ってよ」
どや「えええ!?あれやんの?wwwいいけど〜?うんーww」
(V)・∀・(V)「やったー、じゃあ日程はこの日で場所はこれこれで予約取ったからあけといてね!よろしくー」

そして、あとでタイムキーパーもお願いしたわけ。

タイムキーパーをお願いしたのは、どやがいつも時計をつけているから。
普段から時計をつけている人に頼むのがいい。
それから、どやが舞台袖にいるということの安心感が大きかったかな。


一昨年の冬あたりだっけ、どやがオーストラリアに行って帰ってきたときか?行く前か?
私がすごく、精神的にキテいる時期があってね。
理由のはっきりしているストレスだったんだけど、そういうのはブログとかで愚痴ってもしょうがないから
何食わぬ顔で生活するしかないけど、誰かに話さないことにはやっていけない状況でさ、
夜中に特にイライラが募って、ほんとに暴れたいくらいの気持ちでどやにメッセ越し話し掛けたことがあった。

その件自体は、私の中でどうしたいのか決まっていたから相談っていうんじゃなくて
報告に近いんだよね。
こういうことがあってさ、こう思ったからさ、こうするんだよ、って。
私は一通り話が済むとくだらない話へ方向転換して笑って別れるほうだけど
とにかく、「落ち込んでいた」ことも事実で「笑えない、投げ出したい」という気持ちだった。

そのときに、どやが

「かに姉、俺は、この世に生まれてきたからには、一度しかない人生絶対楽しもうと思ってる。
 一度しかないから、楽しまなきゃ損だ。

 だからどんなことがあっても、絶対笑う覚悟があるんだ。
 けど、俺の周囲の人たちが泣いていたら、俺の人生が楽しくなくなるだろう?
 だからかに姉は笑ってなきゃいけないんだ」


って言ったんだ。

私も自分の人生、一度きりだから楽しく終わりたいのは本当のところ。
そのときは落ち込んでいたから「自分なんてうだつの上がらない中途半端な人生のまま幕を閉じるんだ」みたいに
自己嫌悪入っていたけど、どやの視点に立ったら、私も周囲の人がつらかったら
その人に楽しんで生きて行ってほしいし、だから、どやの人生が楽しくなるために
私も笑ってるべきなんだっていうのはすんなり受け入れられたから、「わかった」っていった。
めぐりめぐってみんなで笑っていられたらそれが一番。
実際うだつの上がらない人生で幕を閉じるかもしれないけど、それももはや笑うしかないんじゃないかなw


正直泣いたよ
ていうか、今も泣いてるねw

だからこの人には舞台袖を任せようと思った。
ある意味では特等席だし、きっと私がこのイベントでやりたいことはセトリを見ただけでわかってくれるからさ。


そんな人が歌う、あのテンションの「いちごSPARKING!」だからね。

なんか私には、すごく特別な演目だったよ。
だってこの人は、多分いつなんどきでも自分と周囲の笑顔のために行動しているからさ。
その歌でみんなに笑顔になってほしかった。
多分どやは一生バカやってくれると信じてる。


次に、畳み掛けるようにアイスだね。
これは、最初はカオフリステージに入るか、と思われたが…
できれば可能な限り終盤に持っていってお客さんの熱がかなり上がっている状態で聞かせたほうがいいだろうという判断。
歌詞飛んでたけど、この曲もはや歌詞とかどうでもいいだろうwwwwwwwww
なんかこう、お客さん結構湧いてたので良かったですよw
すべったら困るもんwww
てか、普通に、メールフォームにリクエストとかあったのが吹いたなwww
まぁ生で聞いてなんぼな面もあるからね。
ちなみに、これは過去に一度封印したネタらしいよ。
それを私やコゲ犬さんとのカラオケオフのときに、オールナイトだったせいもあって
ネタ切れやテンションの中だるみがあるなか、復刻させたらバカウケで(主に私に)
動画としてアップしたら「あの朧月が?」てことでインパクトもあったため、
中には「朧月といえばアイスの人」ってなる聞き手もいるくらいで…
まぁ始めから「内輪ですよ!」と銘打っているから、さほど心配はいらなかったんだろけどねw
復刻してもらってよかったな〜w


そして、どやまぐMCですね

この人たちはねぇ

AA03














こういう感じなんだよねww

このM3の打ち上げカラオケボックスでさ、セトリを見ながら「いやーこれ実現したらおもしれえライブだなあ!」
という話で盛り上がっていたわけよ。

そこで、どやとまぐさんが
「俺たち、”ここに一緒に出ちゃっていいの?”ってことで意気投合したんだ」
という話を始めて、二人の間では
チケット代が2800円なのは、俺たちが出るから200円キャッシュバックしたに違いない
という結論に至った、と。

じゃあ、それMCで言ってね、ということで言ってもらいました。

実際のMC



200円持ってまで苦情を言いに来る人は、幸い現れませんでしたwwww
そもそも真赤な誓いめちゃくちゃ盛り上がってたしな〜
ほんとライブ向きだよね!!!



<事務連絡>
まぐさん、誓い歌いなおしたらアカペラ音源くれ!
なんとか生歌のときの迫力を殺さないようにミックスしてみたい!!




前回り受身でまぐさんがはける、ダンサー・かに・タイツ入場。
ま さ か の LOVEドッきゅん

これはほんとオマケだからできたよね。
タイツォンに一度メールで「LOVEドッきゅん歌ってくれ!」っていったら
「任せろヾ(゚∀゚)ノ」
って返信だったのに(しかも2月)、実際は当日まで聞き込みしてくれてなくて、リハやばかったw
私は踊ってみたの動画とかあげてないけど、家でちまちま練習してたよ。
これは、ニコニコマスカレード出たとき、会場の盛り上がり方がすごく印象的だったから
そのときにやろうって決めた。

タイツ「お前のこと 好きだけど…俺… キワミストだから…
   フタエノキワミ、アッーーーー!」

で始まりましたw
あー踊るの楽しかったなーwww

これもいつか動画にするよwwwwwタイツォンは歌ってくれないと思うけどwwww
そしたら自分で歌うもんwwwwww



対して、魔理沙のほうですが、これは別に今更練習しなくてももう自然と歌えてしまう感じでしたよね、タイツォンさん!
あ、私は一応カラオケで原曲のほうばかり歌っていたので、いざエネコンでも発動しようとしたら
どこから入ったらいいかわからなくなってやめたwww
だってそもそも海馬のと城之内のがあって、内容結構違うじゃんwwコマンドがwww
その二つでも迷って混乱したわwwっうぇwww
お客さんがいさじと一緒に「ほう ほほう ほう!」って言っててすごい一体感だったよwwwwアホスwwwww
ゴゴゴゴゴを言い終えたタイツォンはステージに倒れこんだwww


そしてここで、ニコパイを呼び出す。
ビンクスを歌うためだ。
しかしその前にMCが。

セットリストには「MC メイドせら登場」としか書いてなかったので、ゾロは知らなかったと思うけど
ここはゾロの誕生日祝いをするための時間。

今回のイベントは、ニコパイ的には、「ゾロの修学旅行リベンジ」を兼ねていて
ゾロも日記で書いていたけど、
「旅行先で一人ぼっちだったゾロにみんなで”早く帰っておいでー”ってメールした」とか
「まりもりもキーホルダーを6個買ってきて自分の分は忘れてた」とか
そういうエピソードがあって、「きっとライブのときはみんなで修学旅行みたいな空気を満喫しようぜ!」って
言っていたんだ。
それで、カレンダー見たらゾロの誕生日がもっとも近いから、ステージ上で祝って泣かせて
「ざまぁwwwwww」
って言ってやろうってことを思いついて、本当は

 まりものような緑色のケーキ

を銀座あたりで調達する予定だったんだけど、人手が足りなくて無理でしたー!てへ☆
だから、買出しで出演者用に買ってきてあったカロリーメイトをメイドの「せら みかるさん(26・独身)」が
ゾロにプレゼントしました!

そして、私の適当前奏のあとに会場全体で「ハッピーバースデーざまぁ♪」を斉唱しました。
いや、ちゃんと「ハッピバースデー ディア ゾロ〜〜」て言ったけど、ロ〜〜を伸ばしているとき
会場から口々に
「ざまああああああああ!!!」
って叫ばれてました。
私も
「加齢ざまぁwwwww」
って言いましたw

そしてビンクスを合唱。会場全体で。

汽車しゃんが無双していて、1番はウソップ、2番はフランキー、3番はブルックでした。
これもM3の打ち上げで10分だけ汽車しゃんがカラオケボックスに顔出したときに一緒に歌いました。
そのときにすでに無双化していたので「おお、これはおもしれえ」と思ってましたw
ウソップとブルックのときは、右手にパペットはめて歌ってましたね。
ほんと凝ってる。船大工すげえ。
2番をフランキーにしたのは「なんとなくラ行が多い気がしたから、巻き舌目的で」
3番に関しては最後のところでブルックが「骨よ 骨よ 骨だらけ」っていうので、そこのために。
ゾロは「うろおぼえビンクス」状態だったみたいw
でも、歌い終わってから上に上がってちょっと泣いてたらしいよwwwwwwwwざまぁwwwwwwww


そして、出演者総出の大団円は陰陽師。

これ、「感動した」みたいな感想いただいたのですが、あの曲で感動するってなんかもうよっぽどな出来事ですよねwww
まったくもって感動ジャンルではないwww
でも、踊り別に練習していなかった出演者が、千葉ダンサーズガン見でみようみまねの踊りを踊ってみたり
せらさんのスカートをめくってみたり、カオスなエンディングでした!
もうカオスでなんぼだからいいよ!!!

そんなわけで、私のちょっとした挨拶で、イベントは終了。
このあとは一次会へ向かいます。(っていっても同じビルの4階だけど)



選曲理由について

 01 Beyond the Bounds
外国語・ゲーム曲 枠

 02 鳥の歌
お世話になった人からのリクエスト曲・アニメソング 枠

 03 ハナマル☆センセイション
投票上位・アニメソング 枠

 04 LOVE.EXE
ゲーム曲 枠

 22 隣に…
バラード 枠

 23 帰ってこいよ
演歌 枠

 24 風のように、炎のように
ゲーム曲・高音 枠

 25 IN MY DREAM
アニメソング・高音 枠


このあとは、打ち上げ編に突入します。